Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

行と列の操作

  • 更新済み: 1/15/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

行と列の操作

[Excel Advanced] パッケージには、Microsoft Excel スプレッドシートの行と列の操作に関連するタスクの自動化に使用できる各種アクションが含まれています。

[Excel の高度な操作] パッケージの行と列のアクション

[Excel Advanced] パッケージには、以下のアクションが含まれています。

アクション 説明
列名を取得 特定のセルを含む列名を取得して文字列変数に格納します。このアクションは .xlsx ファイルと .xlxm ファイルをサポートしています。
  • [アクティブ セル] または [指定のセル] オプションを選択して、セルの位置を指定します。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
  • [列名を変数に保存] リストから文字列変数を選択します。
行番号を取得 特定のセルを含む行名を取得して文字列変数に格納します。このアクションは .xlsx ファイルと .xlxm ファイルをサポートしています。
  • [アクティブ セル] または [指定のセル] オプションを選択して、セルの位置を指定します。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
  • [行番号を変数に保存] リストから文字列変数を選択します。
選択した行/列を非表示 現在のワークシートの行または列を非表示にします。
  • 適切なオプションを選択して、1 つまたは複数の行や列を非表示にします。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
行/列を挿入/削除 [行/列の挿入または削除] アクションの使用」をご覧ください。
列を読み取る 列からデータを抽出して、文字列データ型のリスト変数に格納します。
  • [アクティブ セルから] または [指定セルから] オプションを選択して、開始ポイントを指定します。また、列全体からデータを抽出するには、[列全体を読み取る] オプションを選択できます。
  • [読み取り] オプションから、セルに表示されるテキストまたは値のいずれかを選択して読み取ります。

    たとえば、セルのコンテンツが 70% の場合、[セル値の読み取り] オプションは値を 70 として読み取り、% 形式を無視します。一方、[閲覧可能なテキスト] の読み取りオプションは 70% として読み取ります。

    Recommendation: [セル値の読み取り] オプションをセルからの読み取り値として使用して、可視テキストの読み取りよりもパフォーマンスを向上させます。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
  • 抽出された値の格納に使用する、文字列データ型のリスト変数を選択します。
行を読み取る 行からデータを抽出して、文字列データ型のリスト変数に格納します。
  • [アクティブ セルから] または [指定セルから] オプションを選択して、開始ポイントを指定します。[行全体を読み取り] オプションを選択すると、行全体からデータを抽出することもできます。
  • [読み取り] オプションから、セルに表示されるテキストまたは値のいずれかを選択して読み取ります。

    たとえば、セルのコンテンツが 70% の場合、[セル値の読み取り] オプションは値を 70 として読み取り、% 形式を無視します。一方、[閲覧可能なテキスト] の読み取りオプションは 70% として読み取ります。

    Recommendation: [セル値の読み取り] オプションをセルからの読み取り値として使用して、可視テキストの読み取りよりもパフォーマンスを向上させます。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
  • 抽出された値の格納に使用する、文字列データ型のリスト変数を選択します。
空白行を削除する 現在のワークシートから空白行を削除します。空白行を削除する範囲が指定できます。
セル/行/列を選択する セル、行、列に対する選択アクションの使用」をご覧ください。
選択した行/列を再表示します。 現在のワークシートの隠れた行または列を再表示します。
  • 適切なオプションを選択して、再表示する行または列を選択します。
  • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
フィードバックを送る