Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

メール ボックスの反復子内の各 E メールに対しての反復子

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

メール ボックスの反復子内の各 E メールに対しての反復子

特定の [E メール] actionsは [ループ] action内で使用する必要があります。[メール ボックス内の各メール] 反復子を使用して、特定のパラメーター内のすべての E メールに対してactions セットを繰り返します。

前提条件

まず、E メールサーバーに接続します。[接続] actionを使用する

ループ内では、以下の Email actionsを使用する必要があります。
  • ステータスの変更
  • 削除
  • 添付ファイルを保存
  • E メールを保存

手順

Email action をループ内で使用するには、以下の手順に従ってください。

  1. [Actions] パレットの [ループ] packageの [ループ] actionをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [反復子]リストから、[メール ボックス内の各メール] オプションを選択します。
  3. [セッション名] フィールドには、[接続] actionで E メール サーバーとの接続に使用したセッション名を入力します。
  4. [すべて]、[既読]、[未読] オプションを使用して、E メール サーバーから取得する E メールの種類を指定します。
    注: POP3 プロトコルを使用する E メール サーバーの場合は、すべての E メールが取得されます。
  5. オプション: メールを取得するフォルダーを指定します。
    • Microsoft OutlookYahoo: フォルダー名を指定できます。

      たとえば、InboxSentInbox/SalesInbox/IT などを指定します。この例の Sales および IT フォルダーはユーザーが作成したフォルダーで、既定では使用できません。

    • Gmail:
      • [受信トレイ] フォルダー以外のデフォルトのフォルダーから E メールを取得するには、[Gmail]/FOLDER を使用する必要があります。

        たとえば、[Gmail]/Draft[Gmail]/Important[Gmail]/Trash などを指定します。

      • 作成したフォルダーまたは [受信トレイ] フォルダーから E メールを取得するには、該当するフォルダー名を指定する必要があります。

        たとえば、Gmail で「Bank」と「Sports」というフォルダーを作成している場合、これらのフォルダーから E メールを取得するには、[Gmail] のプレフィックスなしで「Bank」と「Sports」を指定します。

  6. オプション: [次の件名に含まれる場合] フィールドには、取得する E メールの件名に含まれている値を指定します。
  7. オプション: [特定の送信者から] フィールドには、取得する E メールのアドレスを指定します。
  8. オプション: [受信日が指定日以降] リストから、特定の日付以降の E メールのみを取得するオプションを選択します。
  9. オプション: [受信日が指定日以前] リストから、特定の日付以前の E メールのみを取得するオプションを選択します。
    ステップ 6 ~ 9 で値を指定すると、条件を満たす E メールのみが取得されます。たとえば、ステップ 5 で「Bank」、ステップ 6 で「Statement」、ステップ 7 で「abcbank@xyz.com」を指定した場合は、「Bank」フォルダーから、件名に「Statement」が含まれ、E メール アドレス abcbank@xyz.com から送信されたメールが取得されます。
  10. [プレーン テキスト] または [HTML] オプションで、使用したい形式を指定します。
  11. オプション: [現在の値を変数に代入] リストで、ディクショナリ変数を選択するか作成します。

    ディクショナリ変数には各 E メールのプロパティが格納されています。E メール プロパティでディクショナリ変数を使用

  12. [保存] をクリックします。
[メッセージ ボックス] action [ループ] コンテナに挿入して、各 E メールの件名を出力します。次のメッセージ本文を使用して、ステップ 10 で使用した汎用変数名 $dictionaryVar{emailSubject}$ に代入します。
フィードバックを送る