Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ファイルの [削除] actionを使用する

  • 更新済み: 12/01/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

ファイルの [削除] actionを使用する

ファイルを削除するには、[削除] actionを使用します。このactionは、作成または変更された日付に基づいてファイルを削除します。

手順

ファイルを削除するには、以下の手順に従ってください。

  1. Actions パレットで、File packageから [削除] actionをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [ソース ファイル] フィールドから、次のいずれかのオプションを選択します。
    • [特定]: ファイルの名前と場所を指定します。
    • [正規表現] の場合: ソース フォルダー パスを指定します。

      ソース ファイルまたはフォルダー パスで正規表現 (regex) を使用して、パターン ベースの検索をサポートできます。正規表現を設定する際は、各正規表現条件の[文字列] または [パターン] として選択し、値を入力します。

      たとえば、パターンベースの検索を使用してソース フォルダーから複数のファイルのコピー、削除、名前変更、印刷を行う場合、正規表現を [文字列] として使用し、My_ で始まるすべてのファイル名に My_ として、あるいは [a-z]{3} (.txt|xlxs) などの [パターン] として値を入力し、このパターンに一致するファイルを取得します。

  3. サイズに基づきファイルを削除するには、[サイズ] チェックボックスをオンにします。
    1. リストから次のいずれかのオプションを選択します。
      • 最小: ファイルのサイズが指定サイズより大きい場合にのみ削除します。
      • 最大: ファイルのサイズが指定サイズより小さい場合にのみ削除します。
      • 一致: ファイルのサイズが指定サイズと一致する場合にのみ削除します。
    2. サイズ フィールドに値を指定します。
  4. ファイルの作成日または変更日に基づいてファイルを削除するには、[日付] チェックボックスをオンにします。
    1. リストから次のいずれかのオプションを選択します。
      • 作成日: ファイルの作成日に基づいてファイルを削除できます。
      • 変更日: ファイルの変更日に基づいてファイルを削除できます。
    2. [過去の日付範囲] オプションを選択し、フィールドに値を指定します。
      このオプションを使用すると、指定した日数内にファイルが作成または変更された場合に操作を実行できます。たとえば、このフィールドに「7」と指定すると、過去 7 日間にファイルが作成または変更された場合に、そのファイルに操作が実行されます。
    3. [期間] オプションを選択し、期間を指定します。
      このオプションを使用すると、期間の [開始日][終了日] を指定できます。たとえば、期間の開始日に「01/01/19」、終了日に「01/31/19」と指定した場合は、この期間中に作成または変更されたファイルに操作が実行されます。
      注: [開始日][終了日] は、期間に含まれます。
    4. [以前の日付] オプションを選択し、フィールドに値を指定します。
      このオプションを使用すると、指定した日以前に作成または変更されたファイルに操作を実行できます。
  5. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る