Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Data Table package

  • 更新済み: 2/11/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

Data Table package

Data Table packageには、テーブル変数の値にさまざまな操作を実行できるactionsが含まれています。これらのactionsを使用すると、コンテンツの結合やマージ、特定の値の検索、行と列の挿入、重複行の削除、ファイルへの値の書き込みなどができます。

[Data Table] package内のActions

[Data Table] package には以下のactionsが含まれます。
注: Build 5322 以前のバージョンの Data Table packageactionsを使用して bot を構築した場合、デフォルトのpackage バージョンの bot を開くとactionsが失われます。actions を挿入し直して、フィールドを再入力する必要があります。
Action 説明
代入 テーブル変数に値を割り当てます。

このactionを使用して、テーブル データを手動で入力できます。

  • 値を含むテーブルを作成するか、値を含まないテーブルを作成するかを選択します。
    • 値を含むテーブルを作成する場合は、値を手動で入力するか、ソース テーブル変数を選択します。
    • 値を含まないテーブルを作成する場合は、行数と列数を指定します。
  • 出力を保持するテーブル変数を選択します。ソース テーブル変数を選択して値を上書きするか、別のテーブル変数を選択します。
列タイプを変更 列のデータ型を変更
  • [データ テーブル名] をドロップダウン リストから選択します。
  • 列の指定方法 ([名前] または [インデックス]) を選択します。
    • 名前で指定する場合は、列名を入力します。
    • インデックスで指定する場合は、列のインデックスを入力します。たとえば、最初の列に値を設定するには、0 と入力します。
  • 新しい列のデータ型を、ドロップダウン リストの [数値]、[Boolean]、[文字列]、または [日時] から選択します。
    • [日時] を選択すると、事前定義の形式を選択するか、カスタム形式を指定することで値の書式を設定できます。
    • 入力データ テーブル変数に適用する形式を指定するには、定義済みの形式リストからオプションを選択するか、カスタム形式で値を入力します。
  • 出力を保持するテーブル変数を選択します。

    ソース テーブル変数を選択して値を上書きするか、別のテーブル変数を選択します。

内容を消去 指定したテーブル変数のコンテンツを消去します。

この action は、bot の実行が完了するまでコンテンツを消去します。bot の実行が完了すると、テーブル変数の元の値が復元されます。

action は既存のテーブル変数を再利用して、bot の実行中にのみ使用される値を格納することができます。
注: 値のデータ型は、テーブル変数内の列のデータ型と同じである必要があります。
列の削除 特定の列を削除します。
  • ドロップダウン リストからテーブル変数名を選択します。
  • 削除する列名または列インデックスを指定します。
    注: インデックス カウントは 0 から始まります。
行の削除 特定の行を削除します。
注: データ テーブルの値が Excel シートから読み取られ、[開く] で [ヘッダーを含む] オプションを選択した場合action、最初の行からセルを削除することはできません。
  • ドロップダウン リストからテーブル変数名を選択します。
  • 削除する行名または行インデックスを指定します。
    注: インデックス カウントは 0 から始まります。
列数の取得 列の数を取得し、数値変数に割り当てます。空でない列を選択するか、すべての列を選択に含めることができます。
行数の取得 行の数を取得して、数値変数に割り当てます。空でない行を選択するか、すべての行を選択に含めることができます。
列の挿入 1 つのテーブルから別のテーブルに列を挿入します。
ターゲット テーブルの場合:
  • [入力データ テーブル] リストのターゲット テーブル変数を選択します。
  • 列を挿入する場所 (最初のインデックス、最後のインデックス) を選択するか、列のインデックス番号を入力します。
    注: インデックス カウントは 0 から始まります。
ソース テーブルの場合:
  • [テーブルから挿入] リストからソース テーブル変数を選択します。
  • 挿入する列の列名またはインデックス番号を入力します。
行の挿入 行をテーブルに挿入します。
  • ドロップダウン リストからテーブル変数名を選択します。
  • 行を挿入する場所 (最初のインデックス、最後のインデックス) を選択するか、行のインデックス番号を入力します。
    注: インデックス カウントは 0 から始まります。
結合 [結合] アクションを使用する」を参照してください。
結合の種類の出力例を参照して、使用するaction ([結合] または [マージ]) を決定します。
注: 2.0.0-20200624-042148 以前のバージョンのpackageで、このactionを使用して bot を構築した場合、デフォルトのpackage バージョンの bot を開くとactionが失われます。action を挿入し直して、フィールドを再入力する必要があります。
マージ マージ actionの使用」を参照してください。
出力のマージ例を参照して、使用するaction ([結合] または [マージ]) を決定します。
注: 2.0.0-20200624-042148 以前のバージョンのpackageで、このactionを使用して bot を構築した場合、デフォルトのpackage バージョンの bot を開くとactionが失われます。action を挿入し直して、フィールドを再入力する必要があります。
重複行の削除 重複する行を削除します (存在する場合)。ドロップダウン リストからテーブル変数名を選択します。
値を検索する テーブル内の特定の値を検索し、値が出現した列と行番号を返して列と行番号をリスト変数に割り当てます。たとえば、テーブル変数の 4 番目の行と 3 番目の列で使用可能な値として「abc」を検索すると、「3,2」が出力として返されます。行と列のインデックス番号がゼロで始まると、出力の値は 4 番目の行と 3 番目の列を示します。
  • ドロップダウン リストからテーブル変数名を選択します。
  • 検索する値を入力します。
  • [大文字と小文字を区別] を選択すると、検索する値の大文字と小文字が区別されます。
セル値の設定 特定のセルの値を更新します。
  • ドロップダウン リストからテーブル変数名を選択します。
  • 行のインデックスを入力します。たとえば、最初の行に値を設定するには、0 と入力します。
  • 列の指定方法 ([名前] または [インデックス]) を選択します。
    • 名前で指定する場合は、列名を入力します。大文字と小文字の区別は重要ではありません。
    • インデックスで指定する場合は、列のインデックスを入力します。たとえば、最初の列に値を設定するには、0 と入力します。
  • 検索する値を入力します。
ソート 列でテーブル データをソートします。

この action により、列データの形式 (文字列、数値、日時、または Boolean) でデータをソートできます。

  • ドロップダウン リストからテーブル変数名を選択します。
  • ソートする列名または列のインデックスを指定します。
  • ソート順 ([昇順] または [降順]) を選択します。
注: 2.0.0-20200624-042148 以前のバージョンのpackageで、このactionを使用して bot を構築した場合、デフォルトのpackage バージョンの bot を開くとactionが失われます。action を挿入し直して、フィールドを再入力する必要があります。
ファイルへの書き込み [ファイルへの書き込み] アクションを使用する」を参照してください。
フィードバックを送る