Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[コピー] actionを使用する

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

[コピー] actionを使用する

アクションを既存のフォルダーをコピーするには、[コピー] actionを使用します。

手順

  1. Actions パレットで、[フォルダー] packageから [コピー] actionをダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [フォルダー] フィールドに名前と場所を指定します。
  3. [保存先フォルダー] フィールドに、コピーしたフォルダーの保存先フォルダーの名前と場所を指定します。
  4. 既存のフォルダーを同じ名前で上書きするには、[ファイル/フォルダーを上書き] チェック ボックスをオンにします。
    注: このオプションを選択しない場合は、ファイル名の末尾に数値が付加されます。たとえば、June_Quarter_report というファイルを保存するとき、保存先フォルダーに同じ名前のファイルが存在する場合、新しいファイルは June_Quarter_report_(1).pdf という名前で保存されます。このオプションが選択されていると、ファイルを保存するたびにこの数値が増加します。
  5. [サイズ] チェック ボックスをオンにすると、サイズに基づいてフォルダーがコピーされます。
    1. リストから次のいずれかのオプションを選択します。
      • 最小: フォルダーのサイズが指定サイズを超える場合にのみ、フォルダーをコピーします。
      • 最大: フォルダーのサイズが指定サイズより小さい場合にのみ、フォルダーをコピーします。
      • 一致: フォルダーのサイズが指定サイズと同じ場合にのみ、フォルダーをコピーします。
    2. [サイズ] フィールドにフォルダーのサイズを指定します。
  6. [日付] チェック ボックスをオンにすると、日付に基づいてフォルダーをコピーできます。
    1. リストから次のいずれかのオプションを選択します。
      • 作成日: 作成日に基づいてフォルダーをコピーできます。
      • 変更日: 変更日に基づいてフォルダーをコピーできます。
    2. [過去の日付範囲] で値を指定します。
      このオプションを使用すると、指定した日数以内にフォルダーが作成または変更された場合に、そのフォルダーに操作を実行できます。たとえば、このフィールドに「7」と指定すると、過去 7 日間にフォルダーが作成または変更された場合に、そのフォルダーに操作が実行されます。
    3. [期間] に期間を指定します。
      このオプションを使用すると、期間の [開始日] と [終了日] を指定できます。たとえば、期間の開始日と終了日に「01/01/19」と「01/31/19」を指定した場合は、この期間中にフォルダーが作成または変更された場合に、そのフォルダーに操作が実行されます。
      注: 開始日終了日 は、期間に含まれます。
    4. [この日付以前:] フィールドに値を指定します。
      このオプションを使用すると、指定した日付以前にフォルダーが作成または変更された場合に、そのフォルダーに操作を実行できます。
  7. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る