Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

文字列に変換アクションの使用

  • 更新済み: 11/17/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

文字列に変換アクションの使用

[文字列に変換] アクションを使用して日付値を文字列値に変換します。このアクションでは、定義済みの形式を選択したり、出力値のカスタム形式を指定したりすることができます。

日付に対して事前定義された形式を選択することも、要件に基づきカスタムの形式を指定することもできます。「日付時刻の形式」をご覧ください。

日付値を文字列値に変換するには、次の操作を行います。

手順

  1. [文字列に変換] アクションをダブルクリックするか、[アクション] パレットの [日時] ノードからドラッグします。
  2. 文字列値に変換する日付値を含む変数を指定するオプションを [ソース日付と時刻変数] リストから選択します。
  3. 文字列値を保存するために事前定義の形式を指定するには、[形式] リストからオプションを選択します。
  4. 要件に基づきカスタムの形式を指定するには、[カスタム形式] を選択します。
  5. 変換後の値の保存に使用する文字列変数を [出力を変数に割り当て] リストから選択します。
  6. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る