Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Boolean package

  • 更新済み: 1/16/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

Boolean package

Boolean パッケージには、Boolean 値でさまざまな操作を実行できるアクションがpackage含まれていますactions

Boolean package に含まれる Actions

Boolean packageactionsでは、変数を入力として受け入れたり、出力を変数に割り当てたりします。これらのactionsでは、2 つの Boolean 値を比較し、Boolean 値を文字列または数値に変換し、文字列値を Boolean 値に変換することができます。

Boolean パッケージには、以下の項目が含まれます。actions

アクション 説明
代入 定数値 (True または False) またはユーザー定義の値を Boolean 値に代入します。
  • ソース Boolean 変数または値を選択します。
  • 出力の保管に使用する変数を 宛先 Boolean 変数 リストから選択します。

    出力が Boolean 変数に保管されます。

Compare to 2 つの Boolean 値を比較し、出力を数値変数に割り当てます。
  • 比較する Boolean 変数を、最初の Boolean 変数を選択2 番目の Boolean 変数を選択 のリストから選択します。
  • 出力を保存するために使用する変数を、[出力を数値変数に割り当てる] のリストから選択します。

    出力が数値変数に保管されます。

等しい (=) 2 つの Boolean 値が等しいかどうか確認し、出力を Boolean 変数に割り当てます。
  • 確認する Boolean 値が含まれる変数を、最初の Boolean 変数を選択2 番目の Boolean 変数を選択 のリストから選択します。
  • 出力を保存するために使用する変数を、[出力を数値変数に割り当てる] のリストから選択します。

    出力が数値変数に保管されます。

反転 Boolean 値を逆の値に変換 (True を False に、False を True に) して、出力を変数に代入します。
  • 変換する Boolean 値を選択します。FalseTrue、または変数 から選択します。
  • 変換された値を保管するために使用する数値変数を、出力を変数に割り当てる リストから選択します。
数値に変換 Boolean 値を数値に変換します。このアクションでは、True を 1 に、False を 0 に変換します。
  • 変換する Boolean 変数を、Boolean 値を選択 のリストから選択します。
  • 変換された値を保管するために使用する数値変数を、出力を変数に割り当てる リストから選択します。
文字列に変換 Boolean 値を文字列値に変換します。
  • 変換する Boolean 変数を、Boolean 値を選択 のリストから選択します。
  • 変換された値を保管するために使用する文字列変数を、結果を保管するため文字列変数を選択 のリストから選択します。

比較actionの結果を比較する

下表では、比較actionを使用して、2 つの Boolean 値とそれぞれの出力が比較されています。
Boolean 値 1 Boolean 値 2 結果を比較
True True 0,
True False 1]
False True 1 },
False False 0,

等しいactionの結果を比較する

下表では、等しいactionを使用して、2 つの Boolean 値とそれぞれの出力が比較されています。
Boolean 値 1 Boolean 値 2 同等の結果
True True True
True False False
False True False
False False True
フィードバックを送る