Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Extraction package

  • 更新済み: 6/09/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • IQ Bot

IQ Bot Extraction package

IQ Bot Extraction packageは、請求書から値を自動的に抽出することで、コンテンツ抽出機能を強化します。

ラーニング インスタンスは、コンテンツ抽出のためのサンプル ドキュメントのトレーニングを可能にする IQ Bot 環境です。ラーニング インスタンスを常に改良することで、本番環境全体にラーニング インスタンスを配置する前に、コンテンツ抽出精度を高めることができます。

IQ Bot Extraction packageは、ラーニング インスタンス (新規または既存) と事前トレーニング済みの機械学習モデルを組み合わせて、コンテンツを自動的に抽出します。事前トレーニング済みの機械学習モデルは、データ ポイントを使用して、サポートされているドキュメント タイプからコンテンツを抽出します。既存のラーニング インスタンスに追加のトレーニングを提供することで、他のドキュメント タイプからもコンテンツを抽出できます。

IQ Bot Extraction packageでは、以下の抽出方法が可能になります。

最小限のトレーニングでのコンテンツ抽出

IQ Bot Extraction packageは、最小限のトレーニングで、請求書や発注書などの特定のドキュメント タイプから値を抽出するように設計されています。
注: このコンテンツ抽出方法では、必ず ABBYY FineReader Engine OCR 12.4 エンジンを使用してください。

さまざまな請求書から販売データを抽出するシナリオを考えてみましょう。データの抽出に使用する事前トレーニング済みのドメインまたはドキュメント タイプを選択して、ラーニング インスタンスを作成します。このシナリオでは、ドキュメント タイプを請求書として選択できます。このドキュメント タイプでは、コンテンツ抽出用の一連のプリセット フィールドが提供されます。参照用として、サンプルの請求書ドキュメントを必ずアップロードします。ラーニング インスタンス グループの追加トレーニングは必要ありません。IQ Bot Extraction packageを使用して、このラーニング インスタンスを bot にリンクします。この bot を実行すると、さまざまな請求書のプリセット フィールドに基づいて販売データを取得できます。

追加トレーニングによる抽出の強化

IQ Bot Extraction packageは、バックエンドのエンジンと IQ Bot サーバーを組み合わせて使用し、ドキュメント抽出を強化します。既存のラーニング インスタンスを使用して、利用可能なすべてのドキュメント グループ用に追加のトレーニングを提供できます。ラーニング インスタンス グループのさまざまなフィールドと検証設定をカスタマイズすることで、このpackage コンテンツ抽出を他のドキュメント タイプに使用できます。

重要: package は、標準の Automation 360 IQ Bot のインストールの一部としては使用できません。このpackageをダウンロードしてインストールするには、次のステップを実行します。
  1. Automation Anywhere サポート サイトからpackageをダウンロードします。packageは、IQ Bot Installation Setup フォルダーにある .jar ファイルです。

    A-People Downloads page (Login required)

  2. packageControl Room にアップロードします。

    Control Room にパッケージを追加

開始前

  • ABBYY FineReader Engine OCR 12.4 エンジンを使用してラーニング インスタンスを作成します。

    その他の利用可能な OCR エンジンは次のとおりです。

    • Tesseract4 OCR
    • Microsoft Azure Computer Vision OCR engine 3.2
    • Tegaki (Automation 360 IQ Bot Cloud では利用不可)
  • 一般的なレイアウトのドキュメントを選択します。

    事前トレーニング済みモデルには、論理グループが含まれています。エラーのあるドキュメントが Success フォルダーに入らないように、デフォルトの検証ルールのために既存のグループを選択することが重要です。

[IQ Bot Extraction] package内のAction

データを抽出する bot を構築するために、次のactionを利用できます。
Action 説明
IQ Bot 抽出 IQ Bot の抽出の使用 action」を参照してください。

IQ Bot Extraction packageを使用する方法については、次のビデオをご覧ください:

フィードバックを送る