Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Discovery Bot の前提条件

  • 更新済み: 9/25/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • Discovery Bot

Discovery Bot の前提条件

エンタープライズ ビジネスプロセスで Discovery Bot を使用するには、Automation 360 の作業環境およびそれに関連付けられた依存関係 (Bot agent、ブラウザ拡張機能など) がインストールされている必要があります。

サポートされる Automation Anywhere Enterprise バージョンとサーバー要件

正しいバージョンの Control Room がインストールされていることを確認します。クラウドまたはオンプレミスの Control Room デプロイを使用できます。

インストール前に Control Room サーバー要件がセットアップされていることを確認してください。
注: ローカル マシンで Discovery Bot の機能をサポートするために必要な最小 RAM は 4 GB です。

Control Room サーバー要件」をご覧ください。.

システム要件

Discovery Bot ユーザーの記録プロセスまたは割り当てられた bot 作成権限について、デバイスが次のシステム要件を満たしていることを確認します。

インストール要件

Discovery Bot インストーラーは Automation 360 インストーラーと統合されています。Discovery Bot On-Premises ユーザーの場合、別のインストールは必要ありません。このタスクは組織の IT 管理者が実行します。「Control Room On-Premisesのインストール」をご覧ください。
注: SQL 認証モードを使用して Control Room に接続する前にデータベース サーバーの要件が満たされていることを確認してください (カスタム モードを使用した Control Room のインストール)。

インストールの検証

インストールが完了したら、管理者として Control Room にログインします。[Discovery Bot] タブは左のパネルからアクセスできます。

プロセスディスカバリー package

プロセスディスカバリー package には、クリック (右または左)、記録、およびプロセス記録セッション中に使用されるウィンドウのサイズ変更など、さまざまなオブジェクト操作を記録するactionsが含まれています。プロセスディスカバリー packageに関する情報は、[パッケージの表示] ページで参照できます。

これらのactionsは、Bot editorから使用することはできません。

フィードバックを送る