Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Discovery Bot でサポートされているライセンス

  • 更新済み: 8/11/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • Discovery Bot

Discovery Bot でサポートされているライセンス

ビジネス ワーカーが Discovery Bot を使用できるようにするためにサポートされている Discovery Bot ライセンスについて説明します。

Discovery Bot を使用するビジネス アナリストとビジネスユーザーのプロセスディスカバリー ライセンスを購入する必要があります。Discovery Bot は以下の 2 つのライセンスをサポートします。

  • Discovery Bot アナリスト用のプロセス アナライザー ライセンス

    このライセンスでは、プロセス内のすべての記録からメタデータを表示および管理し、記録から作成されたオポチュニティを作成、表示、および管理することができます。

  • Discovery Bot ユーザー用のプロセス レコーダー ライセンス

    プロセス レコーダー ライセンスでは、Discovery Bot レコーダーを使用してプロセスを表示、記録、および送信できます。

下表は、Discovery Bot ビジネス ワーカー用にサポートされているライセンスと権限に関する詳細情報を示します。
Discovery Bot ユーザー システムによって提供される Discovery Bot ロール Discovery Bot の機能 必要な Discovery Bot ライセンス
Discovery Bot 管理者 AAE_Discovery Bot Admin
  • プロセスを作成、表示、更新、および削除する。
  • Discovery Bot アナリストとビジネスユーザーをプロセスに割り当てる。
なし
Discovery Bot アナリスト AAE_Discovery Bot Analyst 割り当てられたプロセスを表示する。
注: 割り当てられたプロセスは、Discovery Bot 管理者がプロセスを作成した後に表示されます。
プロセス アナライザー
自分が作成または割り当てた記録 (注釈付きのステップやメタデータを含む) を表示する。アナリストは、プロセス内の他のユーザーが承認済みである場合、その記録を表示することもできます。

プロセスへの割り当てが解除されたユーザーは記録にアクセスできなくなります。

プロセス アナライザー
所定のプロセスに関するメタデータや注釈付きステップを含むすべての記録 (自己および他のユーザー) を表示する。 プロセス アナライザー
  • 手動で生成された集計の作成、表示、更新、および削除
  • 手動で生成されたすべての集計の表示
プロセス アナライザー
プロセスに対する独自のオポチュニティの作成および表示する。 プロセス アナライザー
オポチュニティを bot に変換する。 オポチュニティ作成のプロセス アナライザー。

オポチュニティを bot に変換するには Bot Creator ライセンスが必要です。

オポチュニティを Word にエクスポートする。 プロセス アナライザー
Discovery Bot ユーザー AAE_Discovery Bot User
  • Discovery Bot レコーダーを使用して、割り当てられたビジネス プロセスのレコードを作成する。
  • 自分の記録を更新して、ステップの注釈を含める。
  • 提出前に自分の記録から 1 つ以上のステップを削除する。
  • 自分が作成または割り当てた記録 (注釈付きのステップやメタデータを含む) を表示する。情報をアナリストと共有しない場合、ユーザーはキーボード入力テキスト フィールド (ユーザー ID やパスワードなど) を更新できます。
    注: 割り当てられたプロセスは、Discovery Bot 管理者がプロセスを作成した後に表示されます。

    プロセスの記録への割り当てが解除されたユーザーは記録データにアクセスできなくなります。

プロセス レコーダー
フィードバックを送る