Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Discovery Bot プロセスの作成

  • 更新済み: 9/28/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • Discovery Bot
    • プロセス フロー

Discovery Bot プロセスの作成

Discovery Bot プロセスを作成し、オートメーション要件のプロセスを記録および分析するユーザーを割り当てます。

前提条件

  • このタスクは、Discovery Bot プロセスの作成、削除、および編集を管理する Discovery Bot 管理者が実行します。
    注: ユーザーに付与されたロールまたは権限に応じて、複数ロールおよびカスタム ロールを持つユーザーもこのタスクを実行できます。プロセスのタイルには、ユーザーが使用できるメニュー アクション (縦の 3 点リーダー アイコン) が表示されます。
  • プロセスの記録が割り当てられた Discovery Bot ユーザーにプロセス レコーダー ライセンスが割り当てられていることを確認します。
  • プロセスの分析が割り当てられた Discovery Bot アナリストにプロセス アナライザー ライセンスが割り当てられていることを確認します。

手順

  • プロセスを作成してユーザーを割り当てる場合:
    1. ローカル マシンから Discovery Bot 管理者として Control Room にログインします。
    2. [Discovery Bot] > [プロセス] に移動します。
    3. [プロセスを作成] をクリックします。
      [プロセスを作成] ページが表示されます。
    4. [一般詳細] タブでプロセス名を入力します。
      特殊文字はサポートされていません。重複する名前を持つプロセスの作成はサポートされていません。
    5. オプション: プロセスの説明を入力します。
    6. [次へ] をクリックして、ユーザーをプロセスに割り当てます。
    7. オプション: [ユーザー] タブで、[利用可能なユーザー] のリストから Discovery Bot ビジネスユーザーまたはアナリストを選択します。
    8. 右矢印をクリックして、[選択済み] 列のリストにロールを移動します。
    9. [プロセスを作成] をクリックします。
    10. [次へ] をクリックして、プロセスの記録を開始するユーザーに送信される招待状を表示します。
    11. [閉じる] をクリックしてページを閉じて [プロセス] ページに戻ります。
      注: 割り当てられたユーザー (新規ユーザーまたは後で追加されたユーザー) に Discovery Bot プロセス記録セッションを開始するための E メール招待状が送信されます。
      新しく作成されたプロセスはタイルの [プロセス] ページに表示されます。

      ユーザーに割り当てられたすべてのプロセスは [プロセス] ページに表示されます。プロセスのタイルには、管理者ユーザー向けに次の情報が表示されます。

      プロセスのタイル 説明
      記録 ユーザーがプロセスでキャプチャおよび保存した記録の数。
      プロセス サイクル プロセスでキャプチャされた記録の平均時間 (分および秒)。
      縦の 3 点ドット アイコン
      注: Discovery Bot の標準ユーザー、複数ロールを持つユーザー、またはカスタム ロールのユーザーの場合、タイルで利用可能なメニュー アクションが異なることがあります。
      プロセスの情報を表示、編集、または削除します。
      • プロセスの詳細の表示、情報の編集と更新、および変更を保存を行うには、[プロセスの詳細を表示] をクリックします。

      • プロセスを編集するには、[プロセスの詳細を編集] をクリックします。変更を入力して [変更を保存] をクリックします。[閉じる] をクリックして [プロセス] ページに戻ります。

        注: プロセスの名前は変更できません。
      • プロセスを削除するには、[プロセスを削除] をクリックします。メッセージ ウィンドウが表示されます。

      • [はい、削除します] をクリックするとプロセスが削除されます。

        すべての記録および関連するデータが恒久的に削除されます。この操作を元に戻すことはできません。

        [いいえ、キャンセルします] をクリックすると [プロセス] ページに戻ります。

  • プロセスを作成して後でユーザーを追加する場合:
    1. ローカル マシンから Discovery Bot 管理者として Control Room にログインします。
    2. [Discovery Bot] > [プロセス] に移動します。
    3. [プロセスを作成] をクリックします。
      [プロセスを作成] ページが表示されます。
    4. [一般詳細] タブでプロセス名を入力します。
      特殊文字はサポートされていません。以前に別のプロセスに使用した名前を持つプロセスの作成はサポートされていません。
    5. オプション: プロセスの説明を入力します。
    6. [プロセスを作成] をクリックして、ユーザーを割り当てずにプロセスを作成します。
    7. [閉じる] をクリックしてページを閉じて [プロセス] ページに戻ります。
  • 既存のプロセスを更新し、ユーザーを追加します。
    1. ローカル マシンから Discovery Bot 管理者として Control Room にログインします。
    2. [Discovery Bot] > [プロセス] に移動します。
    3. 編集するプロセスに移動します。
    4. [オプション] アイコンから [編集] をクリックします。
    5. [プロセスを編集] ページで、[次へ] をクリックしてユーザーをプロセスに割り当てます。
    6. [ユーザー] タブで、[利用可能なユーザー] のリストから Discovery Bot ビジネスユーザーまたはアナリストを選択します。
    7. 右矢印をクリックして、[選択済み] 列のリストにロールを移動します。
    8. [変更を保存] をクリックします。
    9. [次へ] をクリックして、プロセスの記録を開始するユーザーに送信される招待状を表示します。
    10. [閉じる] をクリックしてページを閉じて [プロセス] ページに戻ります。
      注: 割り当てられたユーザー (新規ユーザーまたは後で追加されたユーザー) に Discovery Bot プロセス記録セッションを開始するための E メール招待状が送信されます。
    新しく作成されたプロセスはタイルの [プロセス] ページに表示されます。

次のステップ

Discovery Bot ビジネスプロセスの記録

Discovery Bot ユーザーとして Control Room にログインし、自分に割り当てられたビジネスプロセスを記録します。

フィードバックを送る