Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユーザーへの Discovery Bot カスタム ロールの割り当て

  • 更新済み: 9/16/2020
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • Discovery Bot

ユーザーへの Discovery Bot カスタム ロールの割り当て

新しいユーザーを作成し、作成した Discovery Bot カスタム ロールをユーザーに割り当てます。

前提条件

ビジネスユーザーに必要なDiscovery Botライセンスが購入されていることを確認します:Discovery Bot の前提条件

Discovery Bot の機能を使用するには、ユーザーに適切なロールとライセンスを割り当てる必要があります。
注: Discovery Bot 管理者のロールと権限は、Control Room 管理者のロールとは異なります。「Discovery Bot ユーザー」をご覧ください。

カスタム ロールのユーザーには、ユーザーに与えられた権限に応じてプロセスのタイル上で利用可能なメニュー アクションの異なるセット (縦の省略記号アイコン) が表示されます。これらのアクションは、プロセスのタイルで使用可能な標準 Discovery Bot ユーザーのアクションとは異なります。

このカスタム ロールのユース ケースでは、プロセスのタイルで以下のアクションを使用できます。

管理アクション
  • プロセスの詳細を表示
  • プロセスの詳細を編集
  • プロセスを削除
ビジネスユーザーのアクション
  • 記録を開始

    [記録を開始] アイコンは、プロセスのタイル上に表示されます。縦の省略記号アイコンから [記録を開始] を選択することもできます。

  • 自分の記録を編集
アナリストのアクション
プロセスを分析

手順

  1. ローカル マシンから管理者として Control Room にログインします。
  2. [管理] > [ユーザー] に移動します。
  3. [ユーザーを作成] をクリックします。
    アイコンは [ユーザー] テーブルの右上にあります。
    [ユーザーを作成] ページが表示されます。
  4. [詳細事項] セクションで、以下のユーザー詳細を入力します。
    ユーザーを有効にする
    このチェック ボックスを選択すると、ユーザーは直ちにログインできます。
    ユーザー名
    一意のユーザー名を入力します。
    説明
    任意: ユーザーの説明を入力します。
    任意: ユーザーの名を入力します。
    任意: ユーザーの姓を入力します。
    パスワード
    任意: パスワードを入力し、同じパスワードを再入力します。
    E メール
    ユーザーの E メール アドレスを入力して、確認のために再度入力します。SMTP を有効にすると、アカウントを確認するためのメールがこのアドレス宛てに送信されます。E メールに含まれる URL をクリックして Control Room にログインし、資格情報を設定します。Control Room に関するすべての重要な通知は、このメール アドレスに送信されます。
  5. [ロールを選択] セクションの [使用可能なロール] 列から [AAE_Basic] ロールおよび作成した Discovery Bot ロールを選択します。
  6. 右矢印をクリックして [選択済み] 列にロールを移動します。
  7. [このユーザーにデバイスライセンスを割り当てますか] セクションで [Bot Creator - 開発ライセンス] ライセンスを選択します。
  8. [このユーザーのその他のタイプのライセンスを割り当てますか?] セクションで [プロセス アナライザー] および [プロセス レコーダー] のライセンスを選択します。
  9. [ユーザーを作成] をクリックします。
    新しいユーザーが [ユーザー] テーブルに表示されます。SMTP が有効な場合、ログインを招待する E メールが新しいユーザーに送信されます。

次のステップ

Discovery Bot プロセスの作成

カスタム ロールの資格情報でログインし、プロセスを作成します。Discovery Bot レコーダーを使用して、ユーザーを記録に割り当ててプロセスをキャプチャします。ビジネスプロセスのレビューと分析を行います。

フィードバックを送る