Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Human-Bot Collaboration バージョン 11.3.4.1 リリース ノート

  • 更新済み: 7/15/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Human-Bot Collaboration バージョン 11.3.4.1 リリース ノート

Human-Bot Collaboration バージョン 11.3.4.1 リリースのインストールの更新、修正された機能、既知の制限事項を確認します。

インストールの更新

バージョン 11.3.4.1 の更新では、Assistant、Designer、Launcher で個々のインストール ファイルを使用できるので、インストールする Human-Bot Collaboration クライアントを選択できます。
注: この更新は、既存の バージョン 11.3.4 インストールに バージョン 11.3.4.1 をインストールする場合にのみ適用されます。

修正された機能

Human-Bot Collaboration サーバー インターフェースで HTTPS、SSL、TLS のカスタム構成を使用できるようになりました。
Human-Bot Collaboration Designer の [アドミニストレーション] ページには、プリセット制限なしで使用できるすべての行が表示されるようになりました。
[Set Status]MetaBot コマンドがサポートされるようになりました。
証明書の検証の問題がなく TLS が有効な場合でも、Human-Bot Collaboration クライアント (Assistant、Designer、Launcher) は Human-Bot Collaboration サーバーに接続します。

既知の制限事項

Human-Bot Collaboration サーバーをアンインストールしても、関連するフォルダーは削除されません

Human-Bot Collaboration サーバー バージョン 11.3.4バージョン 11.3.4.1 に更新した後に更新をアンインストールしても関連するファイルとフォルダーは削除されません。

回避策: Human-Bot Collaboration サーバーを完全にアンインストールします (バージョン 11.3.4 を含む)。問題が解決しない場合、以下のディレクトリから kapikhubkid4koda の各ファイルのみを削除します。 %programdata%/AutomationAnywhere/Human-Bot Collaboration/Server

フィードバックを送る