Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Designer でテーブルを使用する

  • 更新済み: 7/13/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Designer でテーブルを使用する

Human-Bot Collaboration Designer にはさまざまなテーブルが備わっているので、管理者ロール、開発者ロール、配信ロールを持つユーザーが列をフィルターするときに使用できます。

各種フィルターを適用するには、[ID]、[作成日]、[名前]、[説明] などの列ヘッダーのドロップダウン メニューを使用します。

下表は、特定のロールを持つユーザーが使用できる Human-Bot Collaboration Designer のテーブルです。

ユーザー ロール アクセス可能なテーブル 使用可能なパラメーター
管理者 ユーザー 管理者はユーザー テーブルを使用して、Human-Bot Collaboration ユーザーのフィルターや検索ができます。つまり、大規模なデータベースからユーザー アカウントを探す手間が省けます。

使用可能なパラメーターは以下のとおりです。

  • ソート

    テーブルのコンテンツを昇順または降順で並べ替えます。並べ替えの設定をクリアして、変更をリセットします。

  • グループ

    列をグループ化するか、グループ パネルを表示します。

  • サイズを変更

    列のサイズを設定するか、表示する列を選択します。

  • 行のフィルター

    表示する行を選択します。

  • テーブル行の検索

    検索パネルを使用します。

チーム 管理者はチーム テーブルを使用して、Human-Bot Collaboration Designer でチームのフィルターや検索ができます。チームに関連付けられたユーザーを表示できるのは、管理者ユーザーのみです。チーム テーブルでは、管理者がチームを簡単に検索して、関連付けられたユーザーの変更や再割り当てができます。

使用可能なパラメーターは以下のとおりです。

  • ソート
  • グループ
  • サイズを変更
  • 行のフィルター
  • テーブル行の検索
開発者 タスク リスト 開発者ロールを持つユーザーは、タスク リスト テーブルを使用して、以下のパラメーターで各種タスク リストを管理できます。
  • Status:

    ステータス名と ID を表示します。これは、Human-Bot Collaboration MetaBot コマンドの実装に使用できます。

  • アクション

    アクション名、ID、構成を表示します。これは、現在のタスク リストの構成と動作を表示する際に使用できます。

  • チーム

    タスク リストと連携できる割り当て済みチームを表示します。

  • 行の数

    タスク リストのステータス名の横に行の数を表示します。

デリバリー ロールの開発者 Forms 開発者(デリバリー)ロールを持つユーザーは、フォーム テーブルを使用して、以下のパラメーターでフォームを管理できます。
  • ソート
  • グループ
  • サイズを変更
  • 行のフィルター
  • テーブル行の検索
公開項目 TaskBot開発者(デリバリー)ロールを持つユーザーは、出版物テーブルを使用して、カテゴリとチームに割り当てられている公開フォームを管理したり、詳述を提供したり、スクリプト () を関連付けたりできます。

使用可能なパラメーターは以下のとおりです。

  • ソート
  • グループ
  • サイズを変更
  • 行のフィルター
  • テーブル行の検索
管理者または開発者 カテゴリ 管理者または開発者のロールを持つユーザーは、カテゴリ テーブルを使用して、以下のパラメーターでカテゴリを管理できます。
  • ソート
  • グループ
  • サイズを変更
  • 行のフィルター
  • テーブル行の検索
フィードバックを送る