Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Human-Bot Collaboration のアンインストール

  • 更新済み: 7/15/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Human-Bot Collaboration のアンインストール

インストールで問題が発生した場合は、Human-Bot Collaboration サーバーとクライアントを手動でアンインストールするか、インストーラーを再実行してサービスを削除することができます。

前提条件

Human-Bot Collaboration サーバーをアンインストールする前に、サーバー マネージャーを使用して Human-Bot Collaboration サービスを終了する必要があります。

手順

  • Human-Bot Collaboration のサービスを手動でアンインストールします。
    1. コントロール パネル > プログラムと機能 に移動します。
    2. 必要な Human-Bot Collaboration クライアントまたはサーバー ファイルを選択します。
    3. [アンインストール] をクリックします。
      注: 必要なコンポーネントをアンインストールしたら、すべての関連するフォルダーを安全に削除できます。このプロセスではフォルダーは削除されません。例: C:\ProgramData\AutomationAnywhere\Human-Bot Collaboration

      Human-Bot Collaboration のサービスのアンインストールでは、 データベースおよび次の依存関係のいずれも削除されません。

      • Erlang/OTP
      • RabbitMQ
      • .NET Framework
      • SQL Server Native Client
        注: これらの依存関係は、サードパーティの手順を使用して手動でアンインストールできます。
  • Human-Bot Collaboration クライアント インストーラーを実行し、システムからすべてのサービスを削除します。
    1. Human-Bot Collaboration クライアント インストーラーがある場所に移動します。
    2. Human-Bot Collaboration クライアント インストーラーを実行します。
    3. [削除] オプションが表示されるまで続行します。
    4. [削除] をクリックします。
      注: アンインストールを確認するための警告は表示されません。[削除] オプションを使用して処理すると、インストールされているすべてのサービスが削除されます。

      インストーラーが完了すると、すべての Human-Bot Collaboration サービスが正常に削除されます。

フィードバックを送る