Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Human-Bot Collaboration クライアントの前提条件

  • 更新済み: 7/14/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Human-Bot Collaboration クライアントの前提条件

Human-Bot Collaboration クライアント (Designer、Launcher、Assistant) は、サポートされているオペレーティング システムを実行しているデバイス (物理または仮想) にデプロイされます。ハードウェアの最小要件には、マシン タイプ、プロセッサー、RAM、ディスク ストレージ、ネットワーク要件、オペレーティング システムが含まれます。

すべてのデバイスまたはマシンでは、インストール ウィザードがハードウェアにアクセスして、Human-Bot Collaboration クライアント インターフェースを表示できる必要があります。これらのハードウェア要件には、キーボード、マウス、またはその他のポインティング デバイス、および 1366x768 以上の解像度をサポートするモニターが必要です。

Human-Bot Collaboration クライアントのインストール要件

Human-Bot Collaboration クライアントは、リストされた要件を満たしているすべてのマシンにインストールできます。

Human-Bot Collaboration コンポーネントと同じマシン上の Automation Anywhere コンポーネントの要件を以下に示します。
  • Designer の要件は Automation Anywhere Bot Creator と同じです。
  • Launcher の要件は Automation Anywhere Bot Runner と同じです。

Enterprise ClientBot Runner は、Designer または Launcher の前にインストールする必要があります。

MetaBot が正しく実行されるように、Launcher とともに Microsoft .NET Framework 4.7.2 をインストールする必要があります。

下表に、対応する Human-Bot Collaboration クライアントの最小システム要件を示します。

Human-Bot Collaboration クライアント コンポーネント プロセッサ RAM ストレージ (ディスクの空き容量) ネットワーク
ハードウェア マシン上の Designer および Launcher 3.5 GHz クアッドコア CPU 8 GB (マシン 1 台あたり) 8 GB 1 GigE
仮想マシン上の Designer Launcher 1.2~1.5 GHz 4 vCPU または論理プロセッサー 8 GB (マシン 1 台あたり) 8 GB 1 GigE
ハードウェア マシン上の Assistant 1 つの CPU 8 GB (マシン 1 台あたり) 8 GB 1 GigE
仮想マシン上の Assistant 1 つの vCPU 8 GB (マシン 1 台あたり) 8 GB 1 GigE
注: Human-Bot Collaboration Launcher は、Citrix および 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境へのインストールをサポートしていません。回避策: Launcher には、標準の仮想マシン (VDI) を使用してアクセスできます。

Human-Bot Collaboration クライアントのオペレーティング システムの互換性

Human-Bot Collaboration のクライアントは、次の Microsoft Windows オペレーティング システムを実行しているマシンにインストールできます。
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 10
注: Microsoft オペレーティング システム (32 ビットおよび 64 ビット バージョン) がサポートされています。
フィードバックを送る