Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Human-Bot Collaboration サーバー

  • 更新済み: 7/15/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Human-Bot Collaboration サーバー

Human-Bot Collaboration サーバーでは、そのクライアント (Assistant、Designer、Launcher) を一元管理できます。

データ センターでは、Human-Bot Collaboration をサーバーにインストールして、データ センターの他のコンポーネントとやり取りするように設定します。Control Room がインストールされているサーバーに Human-Bot Collaboration サーバーをインストールすることはできません。

重要: IQ Bot がインストールされているマシン (サーバー レベル) に Human-Bot Collaboration サーバーをインストールすることはできません。

Human-Bot Collaboration サーバーには、次の機能を備えたサービスが含まれます。

  • Human-Bot Collaboration 認証と承認
  • Human-Bot Collaboration メッセージング
  • Human-Bot Collaboration キュー
  • Human-Bot Collaboration データ ストレージ
  • Human-Bot Collaboration 構成と実行

Human-Bot Collaboration サーバーの必須のデータ センター コンポーネントには、Microsoft SQL Server データベースを含む Human-Bot Collaboration が含まれます。

Human-Bot Collaboration のコンポーネント

  • Human-Bot Collaboration サーバーは、Human-Bot Collaboration 機能を実行するためのアクセスと制御を行う単一ポイントとして機能します。
  • Launcher、Assistant、Designer は、使用する前に Human-Bot Collaboration サーバーに接続する必要があります。
  • Launcher で実行できるのは、Human-Bot Collaboration サーバーおよび TaskBot (.atmx) に関連付けられている Human-Bot Collaboration フォーム (.atmf) とタスク リスト (.atmt) だけです。
  • すべてのフォームおよびタスク リストは、最初に Designer から Human-Bot Collaboration サーバーに公開されます。
  • 個々の Human-Bot Collaboration アクティビティは Human-Bot Collaboration サーバーに対して認証されます。
  • Human-Bot Collaboration サーバーは、フォームとタスク リストの公開および配信を行います。組み込みのバージョン管理機能を活用して、エンド ツー エンドのビジネスプロセス オートメーションを目的とした複数のユーザーによるシームレスなコラボレーションを促進することができます。
  • すべてのトリガーは Human-Bot Collaboration Server が管理します。
  • フォームと TaskBot は、Enterprise Client (Bot Runner) が実行する Launcher マシンにデプロイされます。
  • すべての履歴アクティビティ データは、Human-Bot Collaboration サーバーの監査ログに保存されます。

一元的なアクセス制御

  • Human-Bot Collaboration サーバー ロール ベースのアクセス制御 (RBAC) には、最低限の権限とアクセス制御のユーザー アクセスが実装されています。
  • すべてのユーザーの作成とロールの割り当ては、Human-Bot Collaboration Designer から行います。
フィードバックを送る