Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Forms MetaBot

  • 更新済み: 7/13/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Forms MetaBot

Human-Bot Collaboration Forms MetaBot を使用すると、指定したフィールドから値を取得するロジックを作成できます。

下表は、Forms MetaBot に関連付けられている各種ロジックのリストです。
ロジック 説明
Get Control Value [Generic Control] 値を取得してローカル変数に割り当てるために使用します。
注: [日付] 値を取得すると、出力が日付と時刻の値として返されます。
Get File Control Value [File Control] 値を取得してローカル変数に割り当てるために使用します。
注: 値はパス文字列です。
Get Screenshot Control Value [Screenshot Control] 値を取得してローカル変数に割り当てるために使用します。
注: 値はパス文字列です。

サンプル ユース ケース

クライアントが保険登録フォームを必要とするシナリオを考えてみます。このフォームは、Human-Bot Collaboration Designer からスクリプトを使用して Bot にリンクされます。このスクリプトは、Bot Creator ロールを持つユーザーがEnterprise Client ワークベンチ上で作成します。

ワークベンチとロジックの作成

  1. 新しいワークベンチ画面で、Human-Bot Collaboration > フォーム に移動し、[Get Control Value] をクリックします。

    コントロール値を使用すると、ファイル (フォーム) から特定の入力を取得して出力変数に割り当てることができます。これは、ユーザーがフォームに入力して画面上に表示する値を取得するのに役立ちます。

    1. 入力パラメーター > iControlPropertyName フィールドにフォームの [プロパティ名] の値を入力します。

      入力パラメーターのフォーム フィールドを選択します。

    2. 出力パラメーター > 変数 フィールドに、出力を割り当てる必要のある変数を挿入します。
      ヒント: キーボードから F2 を押して選択可能な値を表示します。出力変数として $Prompt-Assignment$ を選択できます。
  2. [保存] をクリックします。

    [ワークベンチ] でフォームの実行ロジックが作成されます。

  3. [コマンド] をクリックして [メッセージ ボックス] をドラッグします。

    これで、リンクしているフォームから選択した値を、画面のメッセージとして表示できます。

  4. [メッセージ ボックス] 画面で、ユーザーに表示するメッセージを入力します。

    たとえば、「New Applicant: $Prompt-Assignment$ と入力します。

  5. リンクするフォーム内のすべてのフィールドに、実行ロジックとメッセージ ボックスを繰り返します。
  6. [保存] をクリックします。
  7. このスクリプトを保存するフォルダーを選択します。

    このスクリプトは、Human-Bot Collaboration Designer で作成するフォームに紐づけられます。

フィードバックを送る