Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

分散アーキテクチャ

  • 更新済み: 10/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

分散アーキテクチャ

Human-Bot Collaboration プラットフォームは分散アーキテクチャを使用して導入され、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) を強化することによってユーザーと TaskBot 間のリアルタイム インタラクションを実現します。Human-Bot Collaboration サーバーは Web ベースであり、データ管理の中心的役割を果たします。

Human-Bot Collaboration サーバーは次のコンポーネントに接続されています。

Human-Bot Collaboration サーバー

Human-Bot Collaboration サーバーは、1 つ以上のサーバーからクライアントに代わってリソースを取得するリバース プロキシです。このリバース プロキシは、リモート接続要求をリッスンし、リクエストを正しいサービスに転送します。「Human-Bot Collaboration サーバー」をご覧ください。

Designer

Designer は、Automation Anywhere Enterprise の中核となるスタンドアロンの開発クライアントです。これはユーザーとロールの管理機能とともに、フォームとタスク リストのデザインに使用されます。

Launcher

Launcher は、Automation Anywhere Enterprise Bot Runner マシンにインストールされるランタイム システムです。Launcher はデスクトップ、またはデータ センター内の仮想マシンに導入できます。

Launcher は Human-Bot Collaboration サーバーに接続されていて、同じマシンにインストールされているローカルの Automation Anywhere Enterprise Bot Runner をトリガーできます。Launcher から Bot Runner をトリガーした後、専用の Human-Bot Collaboration MetaBot (.mbot) から Bot RunnerHuman-Bot Collaboration サーバー間の実行時間インタラクションを行うことができます。

Assistant

Assistant は、ユーザー インターフェースを介した Human-Bot Collaboration へのアクセスをビジネスユーザーに提供するスタンドアロン デスクトップ アプリケーションです。Assistant はユーザーのマシンに直接インストールされます。

サーバーとクライアントのインタラクション

Human-Bot Collaboration コンポーネントはサーバー/クライアント型のインタラクションです。

  • サーバー側: Human-Bot Collaboration サーバー
  • クライアント側: Human-Bot Collaboration Designer、Launcher、Assistant

下図は、開発時とランタイムの Human-Bot Collaboration コンポーネント間のインタラクションを示しています。

開発フェーズ

開発フェーズのサンプル ユーザー事例

ランタイム フェーズ

ランタイム フェーズのサンプル ユーザー事例

フィードバックを送る