Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

セキュリティで保護された資格情報ストア Credential Vault

  • 更新済み: 8/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

セキュリティで保護された資格情報ストア Credential Vault

Automation Anywhere プラットフォームは、すべての資格情報を安全に保存し、オンデマンドで Bot にプロビジョニングするために、一元化された Credential Vault を提供します。

Credential Vault を使用して、機密または機密とみなされるその他の情報を保存します。資格情報ストアには、組織のユーザー (または組織のユーザーに代わって動作するプロセス) を一意に特定して認証する NIST コントロール IA-2 が実装されています。

機密情報は、Bot または Bot Runner システムに保存する必要はありません。Credential Vault によって Bot からの資格情報の論理的分離を容易に行うことができます。

Credential Vault 変数は Control Room から作成され、各 Control Room に登録されているすべての Bot CreatorBot Runner ですぐに使用できます。Credential Vault は、Bot には資格情報自体ではなくこれの参照事項のみを提示させるため、Bot の柔軟性を高めたり、動的文字を追加させたりします。Bot を別の環境に移動する場合、Bot 上での変更は不要です。Bot は、その環境の Control Room から新しい環境に適用可能な資格情報の値をシームレスに取得できます。さらに、デフォルトで Control Room は構成関連の機密データも Credential Vault に自動的に保存します。

注: Credential Vault がロックされている場合 Control Room 管理者は Control Room にログインする必要があります。管理者が正常にログインすると、Credential Vault はロック解除されます。
フィードバックを送る