Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

マウスとキーボードを無効にする

  • 更新済み: 9/05/2019
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

マウスとキーボードを無効にする

Automation Anywhere プラットフォームを使用すると、ユーザー機能、特にキーボードやマウスなどのユーザー インターフェース サービスを分離するオプションを有効にして、Bot 実行中の不正な改ざんを防ぐことができます。

オートメーションの改ざん防止により、オートメーション データの整合性を保証します。ステルスモードと同様に、これは Bot Runner マシンが Bot と人間の間で共有されるときに、Bot を保護する追加の手段です。たとえば、この設定がオンであれば、ユーザーは不当なテキストをどこでも入力したり、アクセスできないはずの画面の場所を選択したりすることはできません。このセキュリティ機能は、安全なアプリケーション パーティショニングに関する NIST SC-2 ベスト プラクティスに対応しています。

フィードバックを送る