Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

設定可能なオートメーション タイムアウト

  • 更新済み: 9/05/2019
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

設定可能なオートメーション タイムアウト

Automation Anywhere Enterprise システムでは、Bot の実行が完了していない場合に終了させる期間を設定するオプションを有効にできます。

この機能は、一部の権限のないユーザーによって Bot が一時停止となったり、そのユーザーが改ざんされたデータを使用してオートメーションを実行しようとした場合に、Bot Runner システムを不正使用から保護します。Bot が実行を完了できない場合にはシステムメモリの保存も行います。このセキュリティ機能は、安全なアプリケーション パーティショニングの NIST SC-2 ベスト プラクティスや、監視なしでプロセスを実行する際の NIST SI-7 の時間制限に対応しています。

フィードバックを送る