Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アップグレードの考慮事項

  • 更新済み: 6/09/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

アップグレードの考慮事項

Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.x へ確実にアップグレードするために、アップグレード プロセスを開始する前に、ここに示す考慮事項を確認しておいてください。

Automation Anywhere Enterprise Client へのアップグレード

新しい Enterprise Client 11.3.x.x バージョンを既存の 10.x または 11.x バージョン (11.3 よりも前のバージョン) にインストールする場合は、次の手順に従います。
  1. 既存の Enterprise Client (11.3 より前のバージョン) をアンインストールします。
  2. 11.3 Enterprise Client のフルバージョンをインストールします。
  3. 提供されたセットアップ ファイルを使用して、新しい 11.3.x.x バージョンをインストールします。

    Enterprise Client は以前と同じリポジトリ パスをポイントするため、Bot へのアクセスが維持されます。

Automation Anywhere Control Room へのアップグレード

アップグレードする前に、バージョン別の以下の考慮事項を確認しておいてください。
バージョン 11.3.5
  • Version 11.3.5.2Control Roomバージョン 11.3.5.2 へアップグレードするとき、ダウンタイムが発生する可能性があります。このダウンタイムを回避するには、次のアクションを実行します。
    • アップグレードを開始する前に WLM キューをすべて一時停止し、進行中の 作業項目 が存在しないようにします。
    • Enterprise Client は、アップグレード中に Control Room から切断される場合があります。アップグレードが完了したら、すべてのデバイスに再度ログインします。
  • Version 11.3.5.1システムにアクティブなスケジュールが存在する場合は、バージョン 11.3.5.1 パッチをインストールする前に次の追加のステップを実行します。
    1. Control Room インストール フォルダー内の config フォルダーに移動します。

      以下に例を示します。C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config

    2. quartz.properties というファイル名でプロパティ ファイルを作成します。

      プロパティ ファイル名では大文字と小文字が区別されます。

      このプロパティ ファイルが既に存在している場合は、編集モードで開きます。

    3. 各ノードの quartz.properties ファイルに、次のプロパティを追加します。プロパティのキーと値では、大文字と小文字が区別されます。

      org.quartz.scheduler.instanceName=scheduler

    4. ファイルを保存します。
    5. 手順に従って、バージョン 11.3.5.1 パッチをインストールします。
  • Version 11.3.5バージョン 11.2.x から バージョン 11.3.5 にアップグレードすると、FQDN (完全修飾ドメイン名) フェッチ ジョブが失敗する可能性があります。これは、アップグレードによって Active Directory 接続が失敗し、LDAP 認証情報を再度設定する必要があることが原因です。LDAP 認証情報を設定した後、次の Control Room のサービスを再開します。FQDN フェッチ ジョブが自動的に再開されます。
    • Automation Anywhere Control Room メッセージング
    • Automation Anywhere Control Room リバース プロキシ
    • Automation Anywhere Control Room サービス
    • Automation Anywhere Control Room キャッシング
  • Version 11.3.5バージョン 11.3.x から、クラスター内に 3 つ以上のノードを持つ バージョン 11.3.5 にアップグレードする場合は、バージョン 11.3.5 をインストールする前に追加のステップを実行する必要があります。追加のステップについては、次の記事を参照してください: How to perform V11.3.5 Upgrade with 3+ Nodes in Cluster (A-People login required)
バージョン 11.3.4
  • Version 11.3.4.5Control Roomバージョン 11.3.4バージョン 11.3.4.1バージョン 11.3.4.2バージョン 11.3.4.3 から バージョン 11.3.4.5 にアップグレードするときに、ダウンタイムが発生する可能性があります。このダウンタイムを回避するには、次のアクションを実行します。
    • アップグレードを開始する前に WLM キューをすべて一時停止し、進行中の 作業項目 が存在しないようにします。
    • Enterprise Client は、アップグレード中に Control Room から切断される場合があります。アップグレードが完了したら、すべてのデバイスに再度ログインします。
    注: Control Roomバージョン 11.3.4.4 から バージョン 11.3.4.5 にアップグレードする場合は、ダウンタイムが発生しません。
  • Version 11.3.4.4Control Roomバージョン 11.3.4.4 へアップグレードするとき、ダウンタイムが発生する可能性があります。このダウンタイムを回避するには、次のアクションを実行します。
    • アップグレードを開始する前に WLM キューをすべて一時停止し、進行中の 作業項目 が存在しないようにします。
    • Enterprise Client は、アップグレード中に Control Room から切断される場合があります。アップグレードが完了したら、すべてのデバイスに再度ログインします。
  • Version 11.3.4.3バージョン 11.3.4.2 パッチに バージョン 11.3.4.3 パッチを上書きインストールすることはできません。現在 バージョン 11.3.4.2 パッチを使用している場合は、次の手順を実行します。
    1. 既存の バージョン 11.3.4.2 パッチをアンインストールして、バージョン 11.3.4.1 パッチに戻します。
    2. バージョン 11.3.4.3 パッチをインストールします。
      • バージョン 11.3.4.1 パッチを使用している場合は、バージョン 11.3.4.3 パッチに直接アップグレードできます。
      • 高可用性セットアップで Control Roomバージョン 11.3.4.3 にアップグレードしているときに、 Enterprise ClientControl Room から切断されることがあります。アップグレードが完了したら、すべてのデバイスに再度ログインします。
データベース データは、アップグレードの実行中に自動的に取得されます。アップグレードを実行するユーザーには、最低限必要なデータベース権限が必要です。「データベース要件」を参照してください。
バージョン 11.3.3
  • バージョン 11.3.3.2 またはそれ以降のパッチを バージョン 11.3.3.1 パッチに適用していた場合、アンインストールすることはできません。ベースの バージョン 11.3.3バージョン 11.3.3.2 またはそれ以降のパッチをインストールすることをお勧めします。現在 バージョン 11.3.3.1 パッチを使用している場合は、次の手順を実行します。
    1. 既存の バージョン 11.3.3.1 パッチをアンインストールして、ベース バージョン 11.3.3 に戻します。
    2. バージョン 11.3.3.2 またはそれ以降のパッチをインストールします。
  • Version 11.3.3バージョン 11.3.3 のアップグレード プロセスは迅速で、必要な入力が最小限に抑えられています。以前の設定が表示されるためその内容を確認して、必要に応じて更新することが可能です。「より新しい 11.x バージョンへのアップグレード」を参照してください。
バージョン 11.3.2
  • Version 11.3.2.4バージョン 11.3.2.1 および バージョン 11.3.2.2 のパッチに バージョン 11.3.2.4 パッチを上書きインストールすることはできません。このパッチを適用しようとすると、警告メッセージが表示され、バージョン 11.3.2.1 または バージョン 11.3.2.2 パッチに バージョン 11.3.2.4 パッチが上書きインストールされないようにします。

    現在 バージョン 11.3.2.1 または バージョン 11.3.2.2 パッチを使用している場合は、次の手順を実行します。

    1. 現在のパッチをアンインストールして、ベース バージョン 11.3.2 に戻します。
    2. バージョン 11.3.2.4 パッチをインストールします。

    現在ベース バージョン 11.3.2 を使用している場合は、バージョン 11.3.2.4 パッチを直接適用できます。

  • Version 11.3.2.3Control Room インストーラーは、バージョン 11.3.2.3 のリリースには利用できません。
  • Version 11.3.2.2以前の Control Room パッチがすでにインストールされている場合は、Control Room バージョン 11.3.2.2 パッチをインストールする前に、そのパッチをアンインストールする必要があります。
  • Version 11.3.2.2Control Room バージョン 11.3.2.2 パッチをアンインストールした後でサーバーを再起動して、特定のバイナリを保持しているプロセスがすべて解放されるようにします。
  • Version 11.3.2アップグレードした Control Roomバージョン 11.3.2 を使用して IQ Bot の既存のバージョンにアクセスするには、次の手順に従って認証を無効にします。
    1. Control Room インストール フォルダー内の config フォルダーに移動します。
    2. cluster.properties ファイルの各ノードに次のプロパティを追加します。

      ignite.security.disable=true

      • 分散環境では、cluster.properties ファイルを開いて、プロパティを追加します。
      • スタンドアロン環境では、cluster.properties ファイルを作成してプロパティを追加し、ファイルを config フォルダーに保存します。
    3. 各ノードのサービス コンソールから、Bot Insight および Control Room Windows サービスを再起動します。サービスのリストについては、「Automation Anywhere Windows サービスの確認」をご覧ください。

Control Roomバージョン 11.3.2 にアップグレードする場合は、マシンで実行している Java アプリケーションをすべて閉じます。

バージョン11.3.1
  • Version 11.3.1.10ベース Control Roomバージョン 11.3.1.10 バージョン11.3.1 アップデートが利用可能です。

    パッチを Control Room バージョン11.3.1 に適用するには、セットアップ ファイルを実行して、既存の Control Room データベースをポイントします。

  • Version 11.3.1.9ベース Control Roomバージョン 11.3.1.9 バージョン11.3.1 アップデートが利用可能です。

    パッチを Control Room バージョン11.3.1 に適用するには、セットアップ ファイルを実行して、既存の Control Room データベースをポイントします。

  • Version 11.3.1.7Control Room バージョン 11.3.1.7 のアップデートには 2 種類のインストーラーがあります。1 つはベース バージョン 11.3.1.2 用で、もう 1 つはベース バージョン11.3.1 用です。現在お使いのベースのバージョンに応じて適切なインストーラーをダウンロードします。

    パッチを バージョン11.3.1 および バージョン 11.3.1.2 に適用するには、セットアップ ファイルを実行して、既存の Control Room データベースをポイントします。

  • Version 11.3.1.5ベース バージョン11.3.1 には、Control Room バージョン 11.3.1.5 のアップデートを利用できます。

    パッチを Control Room バージョン11.3.1 に適用するには、セットアップ ファイルを実行して、既存の Control Room データベースをポイントします。

  • Version 11.3.1.4Control Room バージョン 11.3.1.4 のアップデートには 2 種類のインストーラーがあります。1 つはベース 11.3.1 および 11.3.1.1 用で、11.3.1.4 (ベース 11.3.1) と呼ばれ、もう 1 つはベース 11.3.1.2 用で、11.3.1.4 (ベース 11.3.1.2) と呼ばれます。現在お使いのベースのバージョンに応じて適切なインストーラーをダウンロードします。

    パッチを Control Room バージョン11.3.1バージョン 11.3.1.1、および バージョン 11.3.1.2 に適用するには、セットアップ ファイルを実行して、既存の Control Room データベースをポイントします。

  • Version 11.3.1.3Control Room インストーラーは、バージョン 11.3.1.3 のリリースには利用できません。
  • Version 11.3.1.2完全なセットアップを使用して Control Room バージョン 11.3.1.2 にアップグレードするには、セットアップ ファイルを実行して、既存の Control Room データベースをポイントします。
  • Version 11.3.1.1パッチを Control Room バージョン11.3.1 に適用するには、既存のバージョンをアンインストールしないでください。Control Room バージョン 11.3.1.x のセットアップファイルを実行し、既存の Control Room データベースを指定します。バージョン11.3.1 より前のバージョンがインストールされている場合は、バージョン11.3.1 11.3.1.x パッチ リリースのベース バージョンである Control Room を最初にインストールします。

アップグレード後のデータの移行については、「移行の概要」をご覧ください。

フィードバックを送る