Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン11.3 リリース ノート

  • 更新済み: 5/31/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • リリース ノート

バージョン11.3 リリース ノート

新機能、変更された機能、修正された機能、セキュリティ上の修正、廃止予定の機能、既知の制限事項が、バージョン11.3Automation Anywhere コンポーネントである Control RoomEnterprise ClientBot Insight に導入されています。

新機能

Control Room の新機能
機能 説明
日本語 RPA のサポート (Zendesk #89692、76395) バージョン11.3 は、日本語のオペレーティング システム、言語、ロケール、地域設定で機能することをテスト済みであり、認定されています。11.3 では、RPA ユーザーは以下の操作を行うことができます。
  • 日本語のオペレーティングシステム、言語、ロケールおよび地域設定で稼働するマシンへのAutomation Anywhere Control Roomおよびクライアントのインストール
  • 日本語の UI、テキスト、コントロール値 (日本語名のプッシュ ボタンや日本語のテキストで項目が表示されるコンボボックスなど) を備えたアプリケーション (Web およびデスクトップ) の自動化
  • Bot での Enterprise Client、ワークフロー、レポートに対する日本語名の使用
  • Bot のスケジュール、オートメーションの名前と説明、ロールの名前と説明、ユーザーの姓名、ワークロード プール、キューに対する日本語名の使用
  • Bot Runner への日本語名を持つ Bot のデプロイ

    Control Room のすべてのページにおける日本語エンティティの表示 (名前、説明など)

拡張されたスケジューラー API AAE 11.3 では、スケジュール管理用の API が多数追加されています。このような API を使用すると、顧客は独自のカスタム ダッシュボードを作成して、スケジュールを作成し、管理することができます。このダッシュボードは、顧客の好み (言語、フィールドの表示など) に合わせてローカライズとカスタマイズを行うことができます。これにより Control Room に対する依存性を排除し、サードパーティ アプリケーションとダッシュボードで RPA スケジュールにアクセスできるようになります。
Attended オートメーションおよび Unattended オートメーションのサポート

11.3 では、製品内で Attended RPA と Unattended RPA を明確に分離しています。顧客は、Attended オートメーションのユーザー数 X と Unattended オートメーションのユーザー数 Y を設定できます。

  • Attended ユーザー: 本製品で導入された、新しいカテゴリのAutomation Anywhereユーザーです。Attended ユーザーとしてタグ付けされたユーザーは、Enterprise Clientを使用して自分自身のワークステーションでのみ Bot を実行できます。また、時間やイベントに基づくオートメーションをローカルなスケジュールやトリガーで使用できます。Attended ユーザーの主な用途は、フロント オフィス オートメーションであり、Bot でユーザー入力が必要になる場合があります。Control Room から Attendef ユーザーのマシンに Bot をデプロイすることはできません。
  • Unattended ユーザー: Unattended ユーザーは、Bot の手動実行など、Attended ユーザーが実行できるすべてのオートメーション タスクを実行できます。それに加えて、Unattended ユーザーは Control Room のデプロイ、スケジュール設定の集中化、および API に基づいたデプロイにも使用できます。主に Unattended オートメーションはユーザーに入力を求めない Bot で使用され、無人のマシンや VM、VDI、クラウドインフラストラクチャでも動作できます。
注: この機能を使用するには、新しいライセンスファイルが必要です。
マルチフォレストのサポート (Zendesk #47892、66487、101239)

11.3 以降、Automation Anywhereは Active Directory のマルチドメイン デプロイおよびマルチ フォレスト デプロイをサポートします。これにより、複数の Active Directory (AD) フォレストを横断する RPA インフラストラクチャを構築できます。たとえば、Bot Creator および Bot Runner はすべて、企業内のどの AD フォレストに属していても、いずれかのフォレストで設定されている単一の Control Room に接続できます。そのため、複数の AD フォレストに個別の RPA インスタンスをデプロイして管理する作業が大幅に減ります。これにより、IT インフラストラクチャにそれほど多くの変更を加えなくても迅速な RPA スケーリングも可能になります。

注: Active Directory フォレストには双方向の信頼関係を設定する必要があります。
チャット Bot 統合

AAE 11.3 で提供されている拡張されたワークロード API を使用すると、ユーザーは RPA システムを利用して、チャット Bot を Automation AnywhereTaskBot に接続できます。データは、チャット Bot から送信されてワークロード キューに入力され、カスタマイズ可能な定期的な間隔で TaskBot によって処理されます。TaskBot による結果の出力は、リアルタイムでの使用やエンドユーザーに対する表示のためにチャット Bot に返されます。

これにより、(チャット中の) エンドユーザーがサービスに対する要求をリアルタイムで表示してその進行状況を把握できるため、極めて速い処理を要求する SLA も順守できます。

監査ログ時間フィルター

Control Roomユーザーは、時間に基づいた事前構築済みフィルターを使用して、監査ログレコードを調整できます。ユーザーは、最後の日、最後の週、最後の月、最後の四半期など、事前に設定された期間の監査ログレコードを確認できます。ユーザーは、カスタムの検索条件を使用して、任意の日付と時刻の範囲にある監査ログ レコードを検索することもできます。ユーザーは、時間フィルターを [監査ログ] ページにあるテーブル レベルのフィルターと組み合わせることができます。すべての時間フィルターで、レコードの数も表示されます。

Elasticsearch のサポート

11.3 のControl Roomでは、Elasticsearch を使用して、監査ログデータの保存と取得が行われます。これにより、ユーザーはすべてのテーブルの列に対して目的の監査ログ レコードをすばやく検索したり、フリーテキスト検索を実行したりできます。また、ワイルドカードの使用、検索フレーズの追加や除外などもできます。監査ログには何百万ものレコードが保存されていますが、Elasticsearch によって極めて高速に結果を取得できます。さらに、災害復旧 (DR) 環境への Elasticsearch データのバックアップを設定することもできます。

注: Automation Anywhere Enterprise の以前のバージョン (10 SP2、11.2 など) からバージョン 11.3.x に移行すると、監査ログは SQL データベースから Elasticsearch に移行されます。SQL データベースは監査ログの保存には使用されなくなります。
行レベルでの「マウスカーソルを重ねる」アクションの追加による UX の改善 ユーザーは、より柔軟に Control Room テーブルの個々の項目を操作できるようになりました。Control Room テーブルで、行レベルのアクションを静的に維持するのか、それとも動的 (マウス カーソルを重ねることで表示) にするのかを設定できます。アクションが静的に維持される場合は、テーブルの左側または右側にこれらのアクションが表示されるよう設定することもできます。
Enterprise Client の新機能
機能 説明
端末エミュレーター用の TLS 1.2 および SSL 接続のサポート (Zendesk #72468、75968、77578、79052、82382、84628、86684、88362、92034、97962、101094) Enterprise Client バージョン11.3では、SSL 接続または TLS 1.2 接続でのみ動作するメインフレーム端末を自動化できます。11.3 の端末エミュレーターコマンドには、日本語コードページをサポートする目的で端末接続用の Advanced Technology オプションも採用されています。
端末エミュレーターでのメインフレーム オートメーションの日本語サポート (Zendesk #74276) [端末エミュレーター] コマンドで 3270 および 5250 メインフレーム オートメーションの日本語サポートが導入されました。
ターミナルサーバーでの複数ユーザーに対する Chrome の「記録と再生」のサポート (Zendesk #53067、77888、79720、96238、103135) Enterprise Client バージョン11.3では、Chrome での複数ユーザーによるアプリケーションの "記録と再生" が可能になりました。これによって、同じ端末サーバーに接続した複数のユーザーが Chrome インスタンスを利用して同時にアプリケーションを記録できます。また、ユーザーは Automation Anywhere から、同じ端末サーバーを共有する Control Room に "Chrome Bot Runner" Bot をデプロイすることもできます。
Abbyy OCR による拡張性の強化 Enterprise Client では、Abbyy OCR エンジンによる画像処理を詳細に設定できるようになりました。Abbyy は一連の同じデフォルトパラメーターを使用して、さまざまなアプリケーションの画面から画像を抽出します。最適な OCR 結果を得るには、アプリケーションの画像ごとに異なるパラメーターの設定が必要になる場合があります。ユーザーは、テーブル検出の有効化/無効化や、解像度のモードの設定など、Abbyy によって使用およびサポートされるパラメーターのデフォルト値を変更できます。この機能強化は、OCR コマンド、MetaBot カスタム オブジェクト、AISense など、OCR サポートが利用可能なすべての場所で利用できます。
Azure、Horizon VDI、Citrix XenApp の認定 (Zendesk #52223、54421) Enterprise Client バージョン11.3 は、Azure インフラストラクチャ、VMware Horizon VDI、Citrix XenApp で詳細にテストされています。Citrix XenApp は Enterprise Client バージョン11.3 とともに提供されています。
Bot Insight の新機能
機能 説明
センター オブ エクセレンス (CoE) ダッシュボード CoE ダッシュボードでは、カスタマイズ可能なメタデータ列と追加ビジネス情報が使用可能となり、リアルタイムの ROI 情報を取得できます。
Elasticsearch アドホック分析 監査証跡ダッシュボードは、検索を容易にし、Google 検索のような検索エンジンとして機能します。テキスト検索を使用して、容易にアドホック分析とドリルダウンを行うことができます。
タイムスタンプのデータ形式 入力データ用に新しい 7 つのタイムスタンプ形式のサポートを強化しました。このリリースでは、エンジンの精度が向上したため、Bot Creator 側で事前に情報の形式を整える作業は軽減されます。
ルック アンド フィール Automation Anywhere バージョン 11 の Control Room インターフェースに匹敵するよう、ユーザー インターフェースのルック アンド フィールを強化しました。

変更された機能

このバージョンでは Bot Insight に関して変更された機能はありません。

Control Room の変更された機能
機能 説明
Active Directoryユーザーの名前にスペースをサポート (Zendesk # 98355) Active Directory 認証用に構成された Control Room のユーザー名にスペースを含められるようになりました。
Enterprise Client の変更された機能
機能 説明
$Excel Cell Row$ 変数は、Excelコマンドで最後に影響を受けたセルの行番号を常に返します。 ループ内の [Excel] コマンドの [セルを設定] オプションまたは [セルに移動] オプションで $Excel Cell Row$ 変数を使用している場合、$Excel Cell Row$ 変数は常に最後に影響を受けたセルの行番号を返し、コマンドを繰り返すたびにインクリメントすることはありません。この動作は、[Excel] コマンドの[スプレッドシートを開く] オプションで、[ヘッダーを含む] がオンになっていてもオフになっていても変わりません。
注: 行をインクリメントする目的で $Excel Cell Row$ 変数を使用している既存のお客様は、Bot を変更して、代わりにカウンターを使用しなければならない場合があります。

修正された機能

このバージョンでは Bot Insight に関して修正された機能はありません。

Control Room の修正された機能
Zendesk チケット番号 説明
82601、82615 HTTPS 接続で 認証 API からエラー "アクセスが拒否されました" が返される
96586、97793、101607 Control Room ではタスク スケジュールを表示しません。
99491 Control Room のインストール時に、デフォルトでライセンスサービスがローカルシステムアカウントで開始されるため、Bot ファイル (atmx ファイル) の移行に影響を及ぼします。
98940 Bot 移行時の Hibernate 制約エラー
98940 Bot の移行で [上書き] オプションが選択されている場合でも、エラー「A bot with the same name already exists」が発生します。
98556 移行中、シナリオによっては所要時間に 00:00:00 が表示されます。
98279 場合によっては、パスワードがログファイルに表示されます。
95079 エラーページにおけるサーバーのタイプなど、Control Roomから漏れてしまう情報があります。
94287 最初のタスクが失敗すると、Control Roomにはキューに置かれたタスクの進行状況が表示されません。
90879 PostGreSQL が別のサーバーにインストールされている場合でも、Control Roomの修復インストールでは、ローカルサーバーにも PostGre サービスがインストールされます。
93363 Control Roomのインストーラーは、カスタムデータベースポートで SQL と通信できません。
81824、91668、93128 Control Room のインストール後に、パスワードがテキストで保存されます。
94091 [マイ Bot] ページの [Bot ファイルのインポート] と [Bot ファイルのエクスポート] を使用するときに、監査項目が正常に記録されるようになりました。
99409 アクティビティ > スケジュール設定済みページから チェックしたアイテムを CSV にエクスポート を使用してスケジュールの詳細をエクスポートすると、データが CSV ファイルの [スケジュール] 列にキャプチャされるようになりました。[スケジュール] 列に "--" は表示されません。
Enterprise Client の修正された機能
Zendesk チケット番号 説明
95339、99894、100820、101826、102024、103266、103589 [メールを送信] コマンドを使用して E メールを送信するときの断続的なエラー
93225 Unzip コマンドによって、日本語環境で正しく表示されない名前のフォルダーが生成されます。
89518 Microsoft Edge – Edge を起動すると、Automation Anywhereプラグインが無効化されます。
90009、90014 2 つの機能で共有されるショートカット キー
83917、86334、98554、102710、82052、83917、96857 端末エミュレーターは、メインタスクとサブタスクでセッションを共有しません。
62053 配列変数で 100 行を超える値を初期化できません。
95952 MetaBot-Run Logic が呼び出されたときに、端末エミュレーター (TE) セッションが閉じなくなりました。接続解除 コマンドが呼び出されるまで、TE セッションはアクティブのままです。
104154

組織のグループ ポリシーを有効にしたときに、システム管理者が Enterprise Client のセットアップを正常に実行できるようになりました。

103394 上位バージョンにアップグレードした後で [オブジェクト クローニング] コマンドで使用したときに、Java アプリケーションのオートメーションが機能するようになりました。

セキュリティ上の修正

このバージョンでセキュリティ修正はありません。

廃止予定の機能

このバージョンでは廃止予定の機能はありません。

既知の制限事項

Control Room の既知の制限事項

  • デバイスのリストをフェッチするために使用される Control Room API では、フィールド [ステータス] および [タイプ] でのフィルター処理が正しく動作しません。「Bot 実行オーケストレータ API」をご覧ください
  • Control Room の既存のインスタンスの修復は、[コントロールパネル]、[プログラムと機能]、[プログラムのアンインストールまたは変更] オプションからのみ実行できます。インストーラーの実行可能ファイルで提供されている Repair オプションを使用して修復することはできません。
  • インストーラーでは、安全性の高いデータベース接続が選択されている場合を除き、認証局証明書 (トラスト アンカー) のインストールはサポートされていません。LDAPS や安全性の高い SMTP などの TLS を利用して、Control Roomを安全に他のサービスに接続するためには、Windows インストーラーの実行後、Web ベースの設定を終える前に、Control Room に認証局証明書を手動でインポートする必要があります。
  • Automation Anywhere Control Room キャッシュサービスを再起動する場合は、Automation Anywhere Control Room サービスも再起動する必要があります。
  • Automation Anywhere Control Roomサービスを再起動した場合、または Control Room の初回インストール時には、Control Room の UI がブラウザに表示されるまで約 5 分かかります。
  • Bot ライフサイクル管理のユーザー インターフェース経由でエクスポートされたパッケージは、API で使用することはできません (その逆も同様です)。
  • 場合によっては、複数の監査項目 (ロッカー作成や、キュー作成のシナリオの場合) のインスタンスがあります。
  • 暗号化されないセキュリティ上の機密情報が含まれるため、Control Room サーバー間の通信は保護を万全にすることが不可欠です。Control Room サーバー以外のネットワーク ホストはすべてブロックし、アーキテクチャおよび実装ガイドにリストアップされているクラスターの通信ポートにはアクセスできないようにする必要があります。
  • フィルタリングと並べ替えは、Control Roomテーブルのすべての列ではなく、一部の列のみで可能です。
  • Bot のスケジュール設定では、以下のタイムゾーンはサポートされていません。
    • EST
    • GMT+0
    • GMT-0
    • HST
    • MST
    • ROC
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition に Control Room をインストールしているときに、「Microsoft Visual C++ 2013 のインストールに失敗したと考えられます。Do you want to continue the installation?"というエラーが発生する場合があります。このダイアログで [はい] をクリックすると、Control Room のインストールを続行できます。
  • Control Room のインストール時、PostGre SQL の手順で [安全な接続を使用] が使用されており、PostGre サーバーに安全な接続が設定されていない場合、Control Room のダッシュボードの読み込みが失敗する可能性があります。
  • Control Room を複数のノードにインストールするときに、その中にダウンしているノードがある場合、「Elasticsearch サーバーへの接続に失敗しました。」というエラーが発生する場合があります。ユーザーが Control Room にログインできるようになるまで約 20 ~ 30 秒かかります。
  • 複数のノードに Control Room をインストールしていて、かつクラスターの IP が null の場合、「Elasticsearch backup cluster IPs are null」という監査項目が重複して発生する可能性があります。
  • 監査証跡に 100 万件以上のレコードがあり、フィルターが設定されている場合は、最終ページへの移動に時間がかかることがあります。
  • 監査証跡内のフレーズを完全一致で検索するには、そのフレーズを二重引用符で囲みます("Mike-Finance-564" など)。
  • Automation Anywhere によって、クラスター IP を含む Control Room の Elasticsearch のバックアップが保管されている場合は、監査証跡で、「アクションのタイプ」と「詳細を表示」に「N/A」と表示される場合があります。
  • Control Room のインストール時に PostGre データベースを設定する際、PostGre データベースの名前にスペースを含めることはできません。
  • バージョン 11.x から 11.3 にアップグレードする場合は、11.3 の Control Room をアクティブにする前に、ブラウザのキャッシュを消去しておく必要があります。
  • 監査項目にタスクのデプロイの失敗が反映されるまでには、最大で 3 分ほど時間がかかる場合があります。
  • 関連付けられているデバイスが切断されており、プレーヤーが実行されていると、[進行中のアクティビティ] ページの [不明] ステータスが解消されるまでに多少時間がかかる場合があります。

Enterprise Client の既知の制限事項

  • Enterprise Client をアンインストールする際に、[使用中のファイル] ページが表示され、開いている Automation Anywhere アプリケーションではなく、プロセス ID の数字が表示される場合があります。
  • 厳格なセキュリティポリシーが定められている一部のオペレーティングシステムでは、Automation Anywhere 11 LTS Client をアンインストールする際に、System32 フォルダー内の "Automation.CredentialProvider.dll" がアンインストーラーによって削除されません。その場合は、この dll を手動で削除するか、バッチスクリプトを使用して削除する必要があります。
  • Enterprise Client バージョン11.3のオフライン状態 (Control Roomから切断されている状態) が 8 時間以上続いた場合は、Enterprise Client バージョン11.3に再度ログインし、ユーザーセッションを更新する必要があります。これはトークンの有効期限に関する業界標準ポリシーに合わせたものです。
  • Adobe Flex と Microsoft Silverlight は、Windows 10 と MetaBot ではサポートされていません。
  • Adobe Flex は、Windows Server 2012 および Windows Server 2016 ではサポートされていません。
  • 状況によっては、Java プラグインがインストールされていても、そのインストール状態が正しく反映されない場合があります。
  • Windows Server 2016 で、ログアウト状態での自動ログインが正常に行われない場合があります。[Bot RunnerControl Room を実行] (RDP ベースのデプロイ) の使用をお勧めします。
  • Oracle Forms のオブジェクト複製はサポートされていません。
  • MetaBot で Firefox はサポートされていません。
  • MetaBot の記録で Web アプリケーションを記録するには、そのアプリケーションを Internet Explorer 8 以降のドキュメント モードで開く必要があります。
  • Microsoft Edge のオートメーションは、MetaBot ではサポートされていません。
  • バージョン 10.x および 11.x の Enterprise Client が同一のマシンにインストールされていると、端末エミュレーターの [Advanced Technology] オプションが機能しません。また、Automation Anywhere をアンインストールしても、対応する DLL はマシンから削除されません。
  • Office ファイル (docx、xlsm など) が修正されたときに Bot をトリガーするには、トリガーの [ファイル名が変更されるとき] オプションを使用します。これは、Microsoft Office 固有の動作です。
  • 端末エミュレーターコマンドの Advanced Technology オプションについては、TLS_RSA_WITH_DES_CBC_SHA (0x09) などの SSL 用の安全性の低い暗号スイートがサポートされません。

    サポートされている一般的な SSL 暗号の例は次のとおりです。

    TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_CBC_SHA (0xc00a) TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA (0xc009) TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA (0xc014) TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA (0xc013) TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA (0x0035) TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA (0x002f) TLS_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA (0x000a)

Bot Insight の既知の制限事項

  • Automation Anywhere 10 LTS から Automation Anywhere 11.3 への移行後、ブックマークに登録されていたダッシュボードが Bot Insight のブックマーク セクションに表示されなくなります。お客様には、お気に入りのダッシュボードを手動でブックマークに登録していただく必要があります。
  • Internet Explorer ブラウザーで、KPI ウィジェットにデータが表示されないことがあります。この問題を解決するには、[インターネット オプション] > [詳細] タブに移動し、[Internet Explorer の設定をリセット] をクリックします。
フィードバックを送る