Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン 11.3.5 リリース ノート

  • 更新済み: 5/31/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • リリース ノート

バージョン 11.3.5 リリース ノート

Automation AnywhereControl RoomEnterprise ClientBot Insightバージョン 11.3.5 で導入された新機能、変更された機能、修正された機能、セキュリティ上の修正、既知の制限事項について説明します。

新機能

Control Room
ロールとユーザーをエクスポートまたはインポート

Service Cloud ケース ID00353413

ロール管理では、ロールに関連付けられたカスタムのロールとユーザーをエクスポートまたはインポートできます。Control Room で既に作成されているロールとユーザーを、手動で作成することなく使用できます。

ロールとユーザーをエクスポートまたはインポート

デバイスとデバイス プールの詳細の新しい列

Zendesk ID: 223185

これらの列を使用して、次のアクションを実行します。

  • [マイ デバイス] ページの [デバイス] 表から、デバイスで現在処理されている作業項目 ID とキュー名を表示します。
  • [デバイス プールを表示] ページの [Bot Runner] 表から、デバイスで現在処理されている作業項目 ID 、キュー名、オートメーション名、Bot名を表示します。
Active Directory のロールマッピングを編集

管理者ユーザーは、Control Room でロール マッピングを編集できます。マッピング名とロールのみ編集できます (ロールの追加または削除)。

Active Directory ロール マッピングを編集

削除履歴の表示Bot

Bot を含む Bot やフォルダーが削除されても、[履歴アクティビティ] ページで Bot の履歴を表示できます。ただし、[履歴アクティビティ] ランディングページと [履歴アクティビティを表示] ページからは、削除した Bot を実行できません。また、削除された Bot の履歴データが CSV ファイルにエクスポートされます。

Bot Insight
Bot Insight APIから情報を取得し、Microsoft Power BI でデータ分析を生成して可視化

Automation Anywhere カスタムコネクタを使用すると、Microsoft Power BI への安全な接続を確立し、データ分析を生成して可視化できます。Microsoft Power BI で Bot Insight API を選択し、各 API に特定のパラメーターを適用できます。カスタム コネクターは Bot Insight API 応答を Microsoft Power BI のデータモデル可視化に変換します。

Power BI 用データコネクタ

強化された deletetasklogdata API

deletetasklogdata API では、BotRunId に基づいて Bot データを削除することができます。

Bot Insight API の詳細

Bot 運用パラメーターの分析とカスタマイズ

カスタマイズ可能な [オペレーション] ダッシュボードは、デジタルワークフォースのパフォーマンスに関する分析情報を提供します。Bot のパフォーマンス、タスクのステータス、タスクの過去および今後のスケジュール、監査情報、さまざまなリソースの使用量、ワークロードのステータス、および自動タスクが実行されているマシンの健全性について分析することができます。さまざまなデータソースおよび可視化ウィジェットを使用して、ダッシュボードをカスタマイズできます。

オペレーション ダッシュボード

Bot 使用率情報を可視化して分析

[デバイス] ダッシュボードの [Bot 使用率ヒート マップ] ウィジェットには、さまざまな Bot Runner マシンにデプロイされている Bot の使用量分析に関する情報が表示されます。

デバイス ダッシュボード

変更された機能

Control Room
構成設定でセッション タイムアウトを構成する

Zendesk ID: 189400

これで、非アクティビティ時間を Control Room 構成設定で 10~60 分の範囲で構成できるようになりました。デフォルトは 20 分です。設定した時間によっては、指定した非アクティブ時間 (分) が経過すると、ユーザーはタイムアウトになります。

構成設定

cron ジョブとして自動検出を実行する

Zendesk ID: 194840

Control Room で cron ジョブとして自動検出を実行して、ライブドメイン コントローラを検出し、それに応じて LDAP URL を更新できるようになりました。

cron ジョブとして自動検出を実行する

重複する GUID を持つ Bot 用に作成された新しい GUID

Zendesk ID: 159359

重複する GUID インスタンスは、Bot Insight ダッシュボードでデータの競合を引き起こします。このような競合を避けるために、Control Room は、Control Room にアップロードしたときに、コピーされた Bot の新しい GUID を作成します。Windows Explorer を使用して Bot をコピーして貼り付けると、重複する GUID が生成されます。

Elasticsearch 用の Control Room インストーラーの新しい資格情報画面

[エクスプレス] モードまたは [カスタム] モードで Control Room をインストールすると、Elasticsearch 認証用の資格情報画面が表示されます。これは、Control RoomElasticsearch データストアへのアクセスを保護するためのものです。

Elasticsearch 資格情報を構成 | エクスプレス モードを使用する Control Room インストール |スクリプトを使用して Control Room をインストール

高可用性の向上

このリリースから、高可用性デプロイには、1 つの Control Room データセンター クラスターに少なくともノードを 3 台構成します。

高可用性デプロイ モデル

Enterprise Client
[ブラウザを閉じる] コマンドの AA.Settings.xml ファイルで closebrowserbyhandle 値を定義

Service Cloud ケース ID00480927

[ブラウザを閉じる] コマンドをサポートする AA.Settings.xml ファイルで、closebrowserbyhandle 値を True/true に定義します。この設定は、[ブラウザを開く] コマンドが子タスクで使用され、キーストロークMWC などのコマンドの後に親タスクの[ブラウザを閉じる] が続くシナリオで必要です。

Web レコーダー コマンド

OAuth 認証で EWS サーバーに接続

Service Cloud ケース ID: 00350930

Microsoft は、OAuth を使用した Exchange Web サービス (EWS) プロトコルの新しい認証を導入しました。EWS プロトコルは、OAuth 認証とともに次の目的で使用できます。

自動ログイン が適切に機能するように、再試行回数、または enableadvancedlegaldisclaimerbypass 値を構成する

Zendesk ID: 205572

自動ログイン プロセスをサポートするために、次のいずれかのアクションを実行します。

  • AA.Settings.xml ファイルで再試行回数値を 3 として定義する
  • Automation.Autologin.Settings.xml ファイルで enableadvancedlegaldisclaimerbypass 値を True として定義する

自動ログイン

Bot Insight

Bot Insight [オペレーション] ダッシュボードのデータ ソースの行制限が「100000」に拡大されます。データ ビューアー アプリケーションの行制限が、エクスポートされた記録の行数をサポートできることを確認します。

修正された機能

注: 通常、修正済みの機能にはユーザーのアクションは必要ありません。アクションが必要な場合は、説明に含まれています。
Control Room
Zendesk チケット ID / Service Cloud ケース ID 説明
00453518 任意のスケジュールから割り当て解除されたデバイスは、[デバイス プールを作成] ページのデバイス リストで使用できるようになりました。これで、ユーザーはデバイス プールを作成するための適切なデバイス リストを持つようになりました。
00354649 [キューを使用して Bot を実行] オプションを使用して、選択したプロダクト バージョンの Bot を正常に実行できます。

00469758

スケジューラーは、自動的に Quartz テーブルの状態を修正 (自動修正) し、スケジューラーが作業を停止できないようにします。その結果、スケジュールが消えなくなり、スケジューラーは次の発生に基づいてスケジュールを適切にトリガーします。
00447964、00481888 アンパサンド (&) の特殊文字が Windows および SQL Server 認証パスワードでサポートされるようになりました。以前は、パスワードにアンパサンドが使用されている場合、Control Room インストール中にデータベース画面にインストール失敗のメッセージが表示されていました。
必要な署名オプションが有効で、Control Room ユーザーの LDAP パスワードが期限切れになると、ユーザーは FQDN を追加せずにパスワードをリセットできるようになりました。以前は、ユーザーはユーザー名とともにドメイン名と FQDN を一度だけ入力し、LDAP パスワードをリセットする必要がありました。
00634620 Automation Anywhere Control Room キャッシング サービスを再起動し、キューに新しい 作業項目 を追加すると、新しく追加された 作業項目 が適切に実行されます。以前は、実行は機能していませんでした。
Enterprise Client
Zendesk チケット ID / Service Cloud ケース ID 説明
00493296 AAPlayer が閉じても、AAProxyServer.exe がクラッシュしなくなりました。AAProxyServer アプリケーションが実行されていない場合、AAPlayer は AAProxyServer サービスを起動し、Bot 実行には影響しません。
00473373 OCR コマンドの ABBYY FineReader エンジンで、任意の画像ファイルからテキスト全体をキャプチャできるようになりました。以前は、最後に特定されたテキストのみが保存され、ABBYY FineReader エンジン は画像ファイルからテキストのごく一部のみをキャプチャしていました。
-- XML ファイル形式でタスクを保存すると、タスクが行ごとにエクスポートされ、未処理の例外エラーは表示されません。
00388097 [Wait till screen contains text] を使用して ターミナル エミュレータ コマンドを実行すると、コマンドはすべての端末環境で適切に動作し、テキストが画面上に存在する場合はタイムアウトしません。
00473752 BotEnterprise Client でエクスポートされると、XML ファイル形式でも特殊文字がエラーなしでエクスポートされます。
-- エラー処理MetaBot ロジックに E メールを送信 コマンドを使用する場合、このコマンドは、AA.Setting.xml ファイルから件名を削除しても、Automation Anywhere が MetaBot ロジックの実行を終了したというデフォルトの件名を E メールに表示するようになりました。以前は、MetaBot ロジックのデフォルトの件名は正しく表示されませんでした。
-- Automation Anywhere Control Room サービス が停止し、ユーザーが挿入 作業項目 コマンド操作を実行すると、リモート サーバーに接続できないというエラー メッセージが表示されるようになりました。
-- ターミナル エミュレータ では、DBCS B01 モデルおよび C01 モデルをサポートする TN5250 の場合、Get Text > Lines With Column Range オプションが正しく機能するようになりました。入力テキストに DBCS 文字が含まれている場合、このオプションは適切に動作し、以下を実行します。
  • 定義された列範囲の行ごとに出力行を表示します。
  • 半角文字と全角文字の適切な列範囲を取得します。
-- OCR エンジンを使用する場合、[ウィンドウをキャプチャ] オプションを含む OCR コマンドが正しく機能するようになりました。ウィンドウまたは領域のスクリーンショットがキャプチャされると、[プレーヤー ランタイム] ウィンドウ データはキャプチャされません。
--

エラー処理 および E メールを送信 コマンドを使用して受信した E メールについて、エラー ログ メッセージが [エラー メッセージ] フィールドに、タスクの説明が [説明] フィールドに正しく表示されるようになりました。以前は、エラー ログ メッセージが誤って [説明] フィールドに表示されていました。

-- [E メールの送信] コマンドの [送信者 E メール ID] が、ツール > オプション > E メールの設定でユーザーが構成した E メールと異なる場合、次のエラー メッセージが表示されます。E メールの設定オプションの [ユーザー名 <値>] と [E メール送信] コマンド内の [送信者 E メール<値>] は同じである必要があります。両方の E メールが同じであることを確認し、再試行してください。
-- 画像認識 コマンドが正常に機能するようになりました。ユーザーが Image Occurrence と入力して画像のサムネイルをクリックすると、背景画像が表示されます。
-- Java ツリーコントロールの GetSelectedIndex は、スクロールアップまたはダウンアクションで選択したテキストが非表示になっている場合、正しいインデックス値を返すようになりました。以前は、選択したオブジェクトが非表示の位置にある場合、またはスクロールが中央にあり、スクロールの上部にツリー ノードが隠れている場合、GetSelectedIndex は空の値または間違ったインデックス値を返していました。
-- [Excel マクロの実行] コマンドを使用して間違ったデータ型の引数を構成すると、間違ったデータ型と値を持つ引数を示すエラー メッセージが表示されます。どの引数のデータ型と値が間違っているかを検証するためにマクロを開く必要がなくなりました。
-- ユーザーが空の CSV ファイル名でシステムログをエクスポートできないように制限するために、検証メッセージが表示されます。
-- 説明/メモを含むレポートについて、通知 E メールにて説明が送信されるようになりました。以前は、レポートで説明/メモが追加され、[E メール通知を送信] が有効であった場合、その説明は通知 E メールには送信されませんでした。
-- [リポジトリ] ウィンドウでは、[比較]オプションのクリック数に関係なく、[比較] ウィンドウが 1 つだけ開きます。以前は、[比較] オプションを複数回クリックすると、同じ数の [比較] ウィンドウが開かれていました。
-- MetaBot ロジック では、ユーザーがインターフェースでロジックを編集し、[オブジェクト プロパティの表示] オプションを有効にすると、オブジェクト検索条件の [IsVisible] オプションが表示されます。
00376589 フィルターが [アクションのタイプ] に設定されている場合、Control Roomの監査ログ エントリが正しく表示されるようになりました。[アクションのタイプ] ドロップダウン リストに [一般構成設定] の値が表示されなくなりました。以前は、一般的な構成設定の重複するエントリがドロップダウン リストに表示されていました。
-- システムをフォーマットして OS と Enterprise Client を再インストールすると、E メール トリガーを含むすべてのトリガーをトリガー マネージャーで表示できますが、E メール トリガーはトリガーされません。
00356190 日本語設定の Enterprise Client では、日付が日本語標準型式 (YYYY/MM/DD) で表示されるようになりました。以前は、日付形式が一致していませんでした。
Bot Insight
Zendesk チケット ID 説明
Bot Insight CoE ダッシュボードの [インポート] 機能と [エクスポート] 機能が Microsoft Internet Explorer でサポートされるようになりました。
Automation Anywhere Control RoomOracle Database をインストールすると、[Bot デバイス使用率ピボットテーブル] に、実行中のすべての Bot の付随データが表示されます。[Bot デバイス使用率ピボットテーブル]の列を再配置して、Bot 使用率情報を表示できます。
SQL Server を使用して Control Room をインストールすると、次の追加データベースは作成されません。
  • BIVisualization-keyset
  • BIVisualization-upload

セキュリティ上の修正

Control Room
Zendesk チケット ID 説明
160764 Control Room クラスター 内のノード間の Elasticsearch 通信用に認証と TLS 暗号化を実装しました。
00460759 失敗したログイン メッセージを変更しても、ユーザー名は返されません。

既知の制限事項

Control Room
バージョン 11.3.x からクラスター内に 3 つ以上のノードを含む バージョン 11.3.5 にアップグレードする場合、「OpenDistro Security の実行中にエラーが発生しました」というエラー メッセージが表示されます。バージョン 11.3.5 をインストールする前に、追加の手順を実行する必要 があります。11.3.5 「Control Room のアップグレード」セクションを参照してください。
編集モードでロールを開いて、そのロールに割り当てられた Bot フォルダーのいずれかにサブフォルダーを追加すると、新しく追加されたサブフォルダーのすべての権限が取り消されます。ロールを再度編集し、新しく追加されたサブフォルダーに必要な権限を与える必要があります。
  • Control Roomは、ユーザーが重複する GUID で保護された Bot を含むパッケージをアップロード、インポート、またはダウンロードできないように制限し、パッケージは失敗します。

    回避策: この制限を無効にするには、次のいずれかのアクションを実行します。

    • Control Room インストール パスの repository.properties ファイルで repository.restrict.uploading.protected.bot フラグの値を false に設定します。
    • Control Room リポジトリから影響を受けた既存の Bot をすべて削除します。
  • Bot Store からダウンロードした Bot の GUID が「null」である可能性があります。

    回避策: GUID は、次の手順を実行して生成できます。

    1. BotEnterprise Client リポジトリにダウンロードします。
    2. BotControl Room にアップロードします。
Enterprise Client
OAuth を使用して Exchange Web サービス (EWS) から E メールが送信されると、レポートで [E メール通知を送信]が機能しません。
  • パスワードで保護された Bot11.x にアップロードできません。

    回避策: 11.x でパスワード保護された Bot をアップロードする場合は、次の手順でパスワードを削除することができます。

    1. [ワークベンチ] で Bot を編集します。
    2. パスワードを削除します。
    3. Bot を保存し、アップロードします。
  • Botの GUID が Control Room で変更されると、Control Roomバージョン 11.3.5Enterprise Clientバージョン 11.3.4 以前である場合、変更された GUID と最後に変更されたタイムスタンプは Enterprise Client に反映されません。

    回避策: 同期を有効にするには、Bot をダウンロードしてください。

Bot Insight
[ホーム] ダッシュボードの Control Room [Bot Velocity] ウィジェットに、データベースがフランス語で構成されているときに誤った情報が表示されます。これは、Zoomdata によって生成された日付形式が正しくないために発生します。
Bot Insight は協定世界時 (UTC) -12 タイムゾーンをサポートしていません。Control Room をインストールするときは、タイムゾーンが UTC −12:00 に設定されておらず、設定された時刻が現在の UTC より先になっていないことを確認してください。タイムゾーンがそれに応じて構成されていない場合、Bot Insight は内部サーバーエラーを表示します。

Control Room のインストール中に Bot Insight 管理者によってロールに割り当てられた [監査] ダッシュボードのアクセス権限は、後で変更できます。ただし、この変更は [監査] ダッシュボードへのアクセスには影響しません。

フィードバックを送る