Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン 11.3.5.1 リリース ノート

  • 更新済み: 10/23/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • リリース ノート

バージョン 11.3.5.1 リリース ノート

Automation AnywhereControl RoomEnterprise ClientBot Insightバージョン 11.3.5.1 で導入された新機能、変更された機能、修正された機能、セキュリティ上の修正、既知の制限事項について説明します。

重要: システムにアクティブなスケジュールが存在していて、バージョン 11.3.5.1 のパッチをインストールすると、インストール後に既存のスケジュールがすべて消えます。この問題を回避するには、 バージョン 11.3.5.1 をインストールする前に追加の手順を実行する必要があります。11.3.5.1「Control Room のアップグレード」セクションを参照してください。

バージョン 11.3.5.1 をすでにインストールしていて、アクティブなスケジュールが存在しなくなった場合は、次の資料を参照して、スケジュールを取り戻す方法を確認してください。Scheduled bots disappear after upgrading Control Room to 11.3.5.1 (A-People login required)

新機能

Control Room
ログイン ページのバナー テキストの設定

Service Cloud ケース ID00453389

安全な環境で法的保護を提供することを目的として、管理者ユーザーは、Control Room および Enterprise Client のログイン画面に表示されるバナーテキストを設定できます。ユーザーは、Control Room からこの設定を有効または無効にできます。

ログイン バナーの設定

LDAP チャネル バインドのサポート

Control Room は、Microsoft のセキュリティ リリースに準拠するため、LDAP チャネル バインドをサポートしています。LDAP チャネル バインドは、Active Directory とそのクライアントとのネットワーク通信のセキュリティを強化します。SSL および TLS でより安全な LDAP 認証を提供します。

LDAP チャネル バインドの構成

WLM キューのエクスポートまたはインポート

Zendesk チケット ID: 109568

AAE_Queue_Admin ロールを持つユーザーは、Control Room の一般設定、所有者、参加者、コンシューマー、作業項目 構造、作業項目 などのエンティティとともに、ワークロード キューをエクスポートまたはインポートできるようになりました。作成済みのキューは、Control Room で手動で作成しなくても、環境間で再利用できます。

キューのエクスポートまたはインポート

Bot Insight
Microsoft の Power BI デスクトップの Power BI コネクター部分

Bot InsightAutomation Anywhere コネクターは、Microsoft Power BI Desktop August リリースの認定を受け、正式にその一部となりました。

Power BI 用データコネクタ

スケジュールされたデバイス情報を取得するための API
/v2/botinsight/data/api/getdevicescheduleinfo API が利用可能になり、デバイス固有のメトリックを取得できるようになりました。この API は、次の情報を提供します。
  • デバイスがスケジュールされた回数
  • デバイスで実行されている Bot の詳細

Bot Insight API の詳細

変更された機能

Control Room
クライアントアプリケーション設定での除算の小数点以下桁数の設定

Control Room で除算の小数点以下の桁数を設定できるようになりました。0~16 の範囲で小数点以下の桁数を設定できます。デフォルト値は 4 です。

Enterprise ClientControl Room でのアプリケーションの設定

RDP での Bot のデプロイ時の画面解像度の設定

Service Cloud ケース ID00452025

RDP でのすべての Bot のデプロイまたはスケジュールについて、Bot Runner の画面解像度を設定できるようになりました。[Control Roomで Bot Runner セッションを実行] オプションを選択すると、[Bot Runner 画面解像度を設定] チェック ボックスが有効になります。ドロップダウン リストから値を選択するか、フィールドに値を入力することで解像度を設定できます。

画面解像度は、RDP セッションに対してのみ設定されます。Bot Runner マシンの実際の解像度は変更されません。

RDP ベースの Bot デプロイに関するガイドライン

Enterprise Client
Excel コマンドの [セル値を取得] を使用した Excel セル内のすべての文字の取得

Service Cloud ケース ID00390855

Excel コマンドでは、[セルを取得]、[特定のセル] オプションが [セル値を取得] チェック ボックスで使用可能になりました。このチェック ボックスを使用して、次の操作を実行できます。

  • [特定のセル] オプションを選択して [セル値を取得] チェック ボックスを選択すると、そのセルのすべての文字が取得されます。ただし、特定のセルに入力されたデータの書式は保持されません。
  • [特定のセル] オプションを選択し、[セル値を取得] チェック ボックスを選択しないと、最大 8221 字が取得されます。特定のセルに入力されているデータの形式は、Excel シートに指定された形式がそのまま保持されます。

Excel コマンド

E メール オートメーション コマンドでの E メールの受信日時のローカルタイムゾーン表示

Zendesk チケット ID: 94592、00458979

E メール オートメーション コマンドでサーバー タイプとして IMAP または POP3 を選択したときに、[ローカル タイムゾーンを使用] チェック ボックスが使用可能になりました。このチェック ボックスをオンにすると、E メールの受信日時がローカル タイム ゾーンで表示されます。

[ローカル タイムゾーンを使用] チェック ボックス オプションが選択されていない場合、E メールの受信日時はサーバーのタイム ゾーンで表示されます。

メール サーバーからの E メールの受信

MSI を使用したプラグインのインストールとアンインストール

Microsoft Windows インストーラー (MSI) を使用して、次の操作を実行できるようになりました。

  • Google ChromeJavaSilverlight、および Adobe Flex プラグインをオンラインおよびオフライン モードでインストールする。
  • Google Chrome および Java プラグインをアンインストールする。

これらの操作は、インストール ウィザードまたはサイレント インストールを使用して実行できます。

MSI を使用してプラグインをインストールまたはアンインストールする

新しく利用可能な E メールシステム変数: E メールの送信日と送信時刻

以下に対して [メール送信日] と [メール送信時刻] 変数を使用できるようになりました。

  • これらの変数は Variable Operation コマンドで表示されます。これらの変数値はリセットできます。
  • E メール オートメーション コマンドでは、これらの変数をタスク内で使用して、E メール自動化ループを管理できます。
  • E メールを送信 コマンドで、すべての変数に値を指定すると、受信した E メールには、変数がメール送信日時としてリストに表示されます。
  • エラー処理E メールを送信 コマンドを使用すると、E メールの添付ファイルとして送信された変数ファイルには、E メールの送信日時が表示されます。

E メール自動化コマンド

オブジェクト クローニング コマンドがエクスポートする XML ファイルで新しく使用可能になったタグ

新しい CaptureTechnology タグが、オブジェクト クローニング コマンドがエクスポートする XML ファイルで導入されています。LegacyTechnology タグは使用できなくなりました。

  • バージョン 11.3.3 で作成されたタスクは、後で [キャプチャテクノロジーの選択] フィールドの値を CaptureTechnology タグに保存します。
  • バージョン 11.3.3 以前のバージョンで作成されたタスクは、[レガシー テクノロジー] チェック ボックスの値を CaptureTechnology タグに保存します。

オブジェクト クローニング コマンドにおける [テクノロジーを選択] の動作

オブジェクト クローニング コマンドによる Oracle アプリケーションの自動化

Zendesk チケット ID: 60016、67078、67711、69542、88071、97982、115481、154529、00039874、00375189

オブジェクト クローニング コマンドが拡張されて、Oracle EBS アプリケーションでオブジェクトをキャプチャできるようになりました。

算術演算での小数位の設定

Zendesk チケット ID: 67958、76861、92825、109625、154606、156532

Variable Operation コマンドで、すべての算術演算について小数を設定できるようになりました。[小数設定] チェック ボックスを選択して、小数位の値を 0 ~ 16 の範囲で設定することができます。デフォルト値は 4 です。

Variable Operation コマンド

Java ベースのすべてのアプリケーションに対する検索の最適化

Service Cloud ケース ID00463762

Java ベースのすべてのアプリケーションで位置検索機能が有効になり、検索と再生のメカニズムが最適化されています。

Bot Insight
管理者以外のユーザーの監査ダッシュボード アクセス

管理者以外のユーザーが監査ダッシュボードにアクセスし、ダッシュボードで特定のタスクを実行できるようになりました。

ロール

インストール ファイルに含まれた Power BI コネクター

Power BI コネクターが Automation Anywhere Enterprise インストールファイルの一部として利用できるようになりました。Power BI コネクターを Power BI Desktop または Power BI Service に接続できます。

Power BI コネクターの導入

修正された機能

Control Room
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
00534562 キューに挿入された 作業項目 はすぐにデプロイされ、大きなサイズの Bot がデプロイされたときでもキューに残ることがなくなりました。
00440536 Bot Insight のライセンスは、Bot Insight ロールがユーザーに割り当てられている場合にのみ使用されるようになりました。Bot Insight のロールがユーザーに割り当てられていて、ライセンスの消費が超過したために操作に失敗すると、正しいライセンス数がライセンス ページに表示されます。
00368160 Control Room がデータベースからスケジュール自動化データを取得しようと試み、データベース接続が使用できない場合、情報が監査ログに記録されるようになりました。以前は、この情報は監査ログに記録されませんでした。
-- スケジュールの 1 つのインスタンスがデータベース接続またはデータベースのダウンタイムに関連する問題の影響を受けた場合は、そのスケジュールの以降のすべてのインスタンスが AUTOMATION_MISFIRE 監査の対象でななくなります。
00502268 作業項目 が複数の Bot に同時に割り当てらた場合、作業項目 は 1 回だけ処理されます。このため、Bot が出力を繰り返すことはありません。
00528697 切断された Bot Runner マシンに 作業項目 がデプロイされることはなく、接続されたマシンにのみデプロイされます。このため、作業項目 の消費が遅れることがなくなりました。
00523775 削除処理中にエラーのあるファイルが削除されないときでも、中断することなく一時フォルダ内のファイルが削除されるようになりました。これにより、Control Room の NAS リポジトリにファイルが溜まらなくなり、他の操作が正常に機能できるようになりました。
221378、00585611 API ベースの設定を行うことで、ユーザー権限や Bot のデプロイなどの問題を解決し、そうすることで Enterprise ClientControl Room との通信を再試行できるようになります。

API 設定の詳細については、Automation Anywhere サポートにお問い合わせください。

Enterprise Client
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
-- レポートで [E メール通知を送信] が正しく機能するようになりました。以前は、OAuth を使用して Exchange Web Services (EWS) から E メールが送信されると、レポートで通知が機能しませんでした。
-- 高度なテクノロジーを搭載した端末タイプ 3270 に対する端末エミュレーター コマンド > テキストの取得 > 指定範囲の行アクションが修正されました。アクションの出力では、TN3270 画面にすべての行が表示されるようになりました。以前は、最後の行のテキストが表示されませんでした。
00541416 [Excel コマンド] で使用される Excel セル変数が、Excel ファイルにさまざまなシートがあり、各シートに異なるヘッダー名がある場合でも出力を正しく表示するようになりました。
00534743 [画像認識] 条件を持つ [If] コマンドに変数があるタスク ファイルが、XML ファイル形式で正しくエクスポートできるようになりました。
00493708 [If Windows Control exist] コマンドを使用して実行されたタスクは正しく機能するようになりました。以前は、このコマンドが使用されるとタスクが失敗していました。
00489459 [すべてのメッセージを取得] オプションを有効にした [E メール自動化] コマンドが、すべての E メールの添付ファイルをダウンロードできるようになりました。以前は、E メールは読み込まれていましたが、一部添付ファイルがダウンロードされませんでした。
00379817 [E メール自動化] コマンドの [メッセージを削除] でループを使用して、メールボックスから E メールを削除できるようになりました。以前は、E メールの本文の先頭行に画像が含まれている場合、タスクが応答しなくなりました。
-- [メール設定] および [トリガー マネージャー] 画面でサーバー タイプとして [EWS] オプションを選択すると、[クライアント ID] フィールドと [テナント ID] フィールド、[EWS OAuth の初回接続のみ] ラベルにツールチップが表示されるようになりました。
00526996 配列変数に正しい値が含まれるようになりました。その結果、Excel または CSV ファイルから値が配列変数に割り当てられ、その範囲が列 A から開始されずに 50 行を超えていても、変数に正しい値が含まれるようになりました。以前は、配列変数に値が正しく設定されていませんでした。
-- オブジェクト クローニング コマンドによってこのテクノロジーを適切に更新されるようになりました。その結果、[レガシー] が true の設定で バージョン 11.3.2 に作成され、他のテクノロジーを持つ バージョン 11.3.5.1 で更新された TaskBot にも、更新されたテクノロジー値が反映されます。以前は、テクノロジー値は同じままで、更新されませんでした。
-- 法的免責条項の設定がある 自動ログイン自動ログイン のタイムアウト後に有効にした場合、ユーザーにパスワードの入力が求められるようになりました。ユーザーが直接システムにログインすることはできなくなりました。以前は、ユーザーはパスワードの入力を求められることなく直接ログインできていました。
00488549 画面が部分的に表示されている場合でも、オブジェクト クローニング コマンドが [ワークベンチ] で画像を正しくキャプチャできるようになりました。以前は、このコマンドを使用してキャプチャした画像は、[ワークベンチ] で位置がずれて表示されていました。
00474695 [比較] 機能が、[SAP GUI Automation] のコマンド ラインを表示できるようになりました。以前は、コマンド ラインは表示されず、空白になっていました。
00505793 XML コマンドで、XML ファイルにノードを挿入すると、DefaultNSPrefix が追加されなくなりました。また、バージョン 11.3.5.1 以降、[ノードを挿入] コマンドの [詳細ビュー] タブでは、xmlns (デフォルトの XML ネームスペース) はプレフィックスとしても、属性としても使用できません。
00573310、00593806、00593676、00600139、00621361 [送信元] アドレスと E メール設定で設定したアドレスが異なることが SMTP サーバーで 許可されていない場合、E メール設定で認証を有効にして [E メールの送信] コマンドから E メールを送信すると、E メールの送信操作が失敗します。E メールアドレスが異なることは許されず、更新する必要があることを示すエラー メッセージが表示されます。
00514523 [システム変数] を使用して作成およびデプロイされたタスクが、$AATaskExecutor(Executor_Email)$ の正しい値を表示するようになりました。以前は、空の値が表示されていました。
00500566 Enterprise Client で、AANotification.exe の冗長例外が適切に管理されるようになりました。これらの例外が原因で Control Room からのデプロイで AANotification エラーが表示されなくなりました。
184138 AA.setting.xml ファイルで enabletaskqueue 設定が有効にされている場合でも、実行待ちのタスクをエラーなしに正常に実行できるようになりました。以前、プレイヤーがエラーにより断続的に停止したため、実行待ちのタスクの実行に失敗していました。
Bot Insight
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
00474012 表示言語が日本語に設定されていて、Google Chrome ブラウザで Control Room を開くと、Bot Insight ダッシュボードのコンテンツが日本語で表示されるようになりました。以前は、ダッシュボードの内容は英語で表示されていました。
00567278 次のシナリオで、運用分析ダッシュボードにエラー メッセージが表示されるようになりました。
  • Bot Insight ダッシュボードの dashboard_operations テーブルにエントリがない場合。
  • Bot Insight と BIVisualization テーブルのダッシュボード ID に不一致があります。
  • 電子データコネクター (EDC) サービスが開始されましたが、問題があります。
  • Hadoop フォルダーが見つからないため、クエリ エンジンが正常に開始しません。

このエラー メッセージは、X-Authorization ヘッダーにアクセストークンが必要であることを示します。以前は、データが利用できないときでも、運用分析ダッシュボードが 2 回表示されていました。

00552711

大量のデータがある場合でも、Bot デバイス使用率データソースのダッシュボード ウィジェットが正しくロードされるようになりました。

セキュリティ上の修正

Control Room
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
-- Control Room で最後にログインした日時の表示を追加。
229851、231912、232498 Control Room のすべての応答に HTTP セキュリティ ヘッダーを追加:
  • X-Frame-Options
  • X-XSS-Protection
  • X-Content-Type-Options
  • Strict-Transport-Security
  • Content-Security-Policy
00393541 Control Room でデータベース パスワードを更新する機能を追加。
00453389 Control Room でアクセス警告を表示するログイン バナーを追加。
00576055、00608138 管理者以外のユーザーに対して「アクセスが拒否されています」というメッセージを表示する制限を Control Room の管理設定ページで追加。
00524226 Bot Insight から [ヘッダー HTTP を許可] ヘッダーを削除。

既知の制限事項

Control Room
ベース バージョン 11.3.5 に戻すために バージョン 11.3.5.1 のパッチをアンインストールすると、問題が発生します。

回避策: バージョン 11.3.5.1 をアンインストールするには、バージョン 11.3.5 の MSI ファイルを指定する必要があります。

バージョン 11.3.5.1 パッチのアンインストール

フィードバックを送る