Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン 11.3.4.4 リリース ノート

  • 更新済み: 6/09/2021
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

バージョン 11.3.4.4 リリース ノート

Control RoomBot Insightバージョン 11.3.4.4 で導入された新機能、修正された機能、既知の制限事項について説明します。このリリースではセキュリティ上の修正はありません。

新機能

Bot Insight
タイム ゾーンの設定

今後は、デフォルトのタイム ゾーンの設定を、お好みのタイム ゾーンに変更できるようになりました。新しいタイム ゾーンを設定するには、zoomdata.properties ファイルで設定を変更します。新しいタイム ゾーンが設定されると、[操作]、[ビジネス]、[COE] の各ダッシュボードに変更が反映されます。

タイム ゾーンの設定

修正された機能

Control Room
Service Cloud ケース ID 説明
00604613、00638852、00650506、00664805、00664060 Bot Runner デバイスが適切なステータスとともに、Control Room に接続されるようになりました。その際、ノード上でのサービスの再起動は不要です。これまで、WLM をロードする際に所要時間が長くなると、ノードが応答しなくなり、デバイスが切断されました。
00619638 今後は、複数の作業項目を連続してキューに挿入しても、一度に 1 つのデバイスでトリガーされるのは、1 つのデプロイメントのみとなります。これまで、複数のデプロイメントが一度にトリガーされたため、Enterprise Clientのマシンでディスク スペースの使用量が増大しました。
00640664 Bot Runnerが 1 つのキューで 作業項目 の展開に失敗しても、今後は、他のキューの 作業項目 デプロイメントに影響が及ばなくなります。これまで、1 つのキューの展開が失敗すると遅延が生じ、他のキューの 作業項目 のデプロイメントが停止していました。
00502268 作業項目が複数の Bot に同時に割り当てらた場合、作業項目は今後、1 回だけ処理されます。このため、Bot が出力を繰り返すことはありません。
00534562 キューに挿入された 作業項目 は、今後すぐに展開されるようになります。サイズの大きい Bot が展開された場合でも、キューにそれらが残ることはなくなります。

既知の制限事項

Control Room
Control Roomバージョン 11.3.4.4 へアップグレードするとき、ダウンタイムが発生する可能性があります。このダウンタイムを回避するには、アップグレードを開始する前に WLM キューを一時停止して、進行中の 作業項目 が存在しないようにします。

アップグレードの考慮事項

フィードバックを送る