Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン 11.3.4.1 リリースノート

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • リリース ノート

バージョン 11.3.4.1 リリースノート

これらのリリース ノートでは、バージョン 11.3.4.1 Automation AnywhereControl Room、および Enterprise ClientBot Insight で変更および修正された機能について説明します。

新機能

このバージョンで導入された新機能はありません。

変更された機能

Control Room の変更された機能
機能 説明
作業項目の詳細を CSV ファイルにエクスポート (Zendesk #206571) 次のオプションを使用して、作業項目 の詳細を CSV ファイルにエクスポートできるようになりました。
  • チェック済み項目のエクスポート
  • フィルター済み項目のエクスポート
  • すべての項目のエクスポート
[キューを参照] ページで許可されるアクション」をご覧ください。
ワークロード管理に開始時刻および ID 検索条件を導入 (Zendesk #221269) 大量のワークロードのオートメーションに適した簡単な検索機能を有効にするため、ワークロード モジュールに新しい検索条件 開始時刻ID を導入しました。検索条件を組み合わせて、検索パラメーターを絞り込むことができます。

[キューを参照] ページで許可されるアクション」をご覧ください。

ワークロード管理の [キューの表示] ページと [作業項目の表示] ページでの作業項目の結果の表示 (Service Cloud ケース ID #00393853) 作業項目が失敗すると、その作業項目の結果が次のページに表示されます。
  • キューを表示 > 作業項目 テーブル: 作業項目の結果の列。
  • 作業項目を表示 ページ: 作業項目の結果 セクションと エラー セクション。

Enterprise Client の変更された機能
機能 説明
Variable Operation コマンドでのカンマの従来の動作の変更 (Zendesk #210891) Variable Operation のカンマに特定の動作を手動で定義できるようになりました。 コマンドの AA.Settings.xml ファイルで legacybehaviorforcommaVariable Operation 値を変更します。

Variable Operation コマンドでカンマ動作を設定」をご覧ください。

修正された機能

Control Room の修正された機能
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
00372950 すべてのスケジュール設定済みアクティビティを表示・管理 以外のすべての権限を持つロールがある場合、非アクティブ化されたスケジュールを削除できるようになりました。
- - Elasticsearch 監査ログの 100 万件を超えるレコードのバックアップを作成したときに、システムでエラーが発生しなくなりました。
Enterprise Client の修正された機能
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
00319621 Excel 操作のパフォーマンスが Enterprise Client 11.x で最適化されました。タスクの実行時間をさらに最適化するには、ツール > オプション > 詳細設定 からデバッグ ログの有効化 チェックボックスをオフにします。
00356200 PDF 統合 コマンドのローカライズ機能が向上し、Enterprise Client の UI が日本語で一貫して翻訳されるようになりました。
137924 E メールを送信 コマンドを使用して、オープン モードまたは編集モードの添付ファイルを送信できるようになりました。
00376150, 00376152 DBCS モデルをサポートする TN5250 の場合、テキストを取得 コマンドで 非表示のテキストを含めるターミナル エミュレータ オプションを選択すると、シフトイン シフトアウト (SISO) 文字が表示されるようになりました。このサポートにより、結果が正しく機能し、データが日本語版 AS400 システムの正しい行と列から取得されます。
229815 コマンドの ドキュメントを分割PDF 統合 オプションは、元のファイル形式に従ってファイルを分割するようになりました。ランドスケープ モードとポートレート モードでページ全体を表示できるようになりました。
169971 マッピング済みネットワーク ドライブにインストールされた Enterprise Client は、同じ VM で複数のユーザーをサポートするようになりました。マルチユーザー ログイン セッションを正常にサポートするには、ネットワーク ドライブのパスがユーザーごとに一意でなければなりません。
Bot Insight の修正された機能
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
233940、00356199、352844 Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.2.2 以降から バージョン 11.3.4 にアップグレードすると、アップグレード後に Automation Anywhere Bot Insight EDC サービスが正常に再開するようになりました。Control Room ダッシュボードにデータが入力され、最新の情報が表示されます。

セキュリティ上の修正

このバージョンではセキュリティ上の修正はありません。

廃止予定の機能

このバージョンには廃止予定の機能はありません。

既知の制限事項

このバージョンの既知の制限事項はありません。

フィードバックを送る