Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン 11.3.3.3 リリースノート

  • 更新済み: 9/18/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • リリース ノート

バージョン 11.3.3.3 リリースノート

Automation Anywhere Control Room および Enterprise Clientバージョン 11.3.3.3 で変更および修正された機能について説明します。このリリースでは、新機能、セキュリティ修正、既知の制限はありません。

変更された機能

Enterprise Client
Excel コマンドの [セル値を取得] を使用した Excel セル内のすべての文字の取得

Service Cloud ケース ID 00390855

Excel コマンドでは、[セルを取得 ]、[特定のセル] オプションが [セル値を取得] チェック ボックスで使用可能になりました。このチェック ボックスを使用して、次の操作を実行できます。

  • [特定のセル] オプションを選択して [セル値を取得] チェック ボックスを選択すると、そのセルのすべての文字が取得されます。ただし、特定のセルに入力されたデータの書式は保持されません。
  • [特定のセル] オプションを選択し、 [セル値を取得] チェック ボックスを選択しないと、最大 8,221 字が取得されます。特定のセルに入力されたデータの書式は、Excel シート上の書式が保持されます。

Excel コマンド

E メール オートメーション コマンドでの E メールの受信日時のローカルタイムゾーン表示

Zendesk チケット ID 94592、00458979

E メール オートメーション コマンドで、サーバー タイプとして IMAP または POP3 を選択すると、[ローカル タイムゾーンを使用] チェック ボックスが使用できるようになりました。このチェック ボックスをオンにすると、E メールの受信日時がローカル タイム ゾーンで表示されます。

[ローカル タイムゾーンを使用] チェック ボックス オプションが選択されていない場合、メールの受信日時はサーバーのタイム ゾーンで表示されます。

メール サーバーからの E メールの受信

自動ログイン でのマシンのロック解除のタイムアウトの構成

Service Cloud ケース ID 00452226

自動ログイン がマシンをロック解除するまでこのマシンを待機する AA.Settings.xml 構成ファイルでタイムアウト期間を設定できるようになりました。デフォルト値は 60 秒です。マシンがロックを解除して正常に Bot を展開するのにかかる時間に応じて、タイムアウト値を増減できます。

自動ログイン のタイムアウトの設定

修正された機能

Control Room
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
00469758 スケジューラーが Quartz テーブルの状態を自動的に修正 (自動修正) し、スケジューラーが作業を停止できないようになりました。その結果、スケジュールは消えなくなり、スケジューラーは、次の発生に基づいてスケジュールを適切にトリガーします。
00362547 Attended BotBot Runner マシンで実行され、その BotControl Room にアップロードされていない場合、その Bot のタスク実行データは履歴に含められません。その結果、例外は表示されません。
00437121 ログインしたユーザーに Control Room ロール (所有者、マネージャー、参加者) または Queue (所有者または参加者) が割り当てられている場合、ロッカー へのログインが遅延しなくなりました。システムのパフォーマンスは低下しなくなりました。
00363307 SQL データベースと Control Room ノード間の接続が失われたため、キャッシング サービスが再起動していました。ネットワークの接続の問題、ルーティングの問題、または SQL サーバーの可用性が原因で、接続が失われる場合があります 接続が失われると、セグメンテーション プロセッサ ロジックはノードをセグメント化済みとしてマークします。これにより、Ignite サービスの再起動がトリガーされます。この問題は、データベースへの再接続を試みることで修正されています。約 7 秒以内に接続を再確立できる場合、キャッシング サービスは再起動しません。つまり、この修正はデータベース接続が短時間失われる問題に適用されます。
00376702 キャッシング サービスの 2 つのスレッド (1 つは Ignite クラスターのステータスを読み取り、もう 1 つは Ignite クラスターのステータスを更新) は、同じ JDBC ステートメントを使用していました。2 つのスレッドが同じステートメント オブジェクトを同時に使用する場合、Ignite セグメンテーション プロセッサで null ポインタ例外が発生することがありました。この例外が発生すると、セグメンテーション プロセッサ ロジックが機能しなくなりました。この問題は、スレッドごとに独自の JDBC ステートメントを使用することで修正されています。
00378563、00373297、00470918、00462701 クラスター環境における Apache Ignite の無効なパーティションの問題が修正されました。クラスター化されたセットアップでの Control Room 内の Apache Ignite キャッシュ ノード間の通信が解決されます。任意の数のノードがインストールされた Control Room が正しく機能するようになりました。
234083、237875、244110 ユーザーは、cluster.properties ファイルで、データベース接続の再試行時間間隔値を手動で設定できます。cluster.properties ファイルで指定された時間内にデータベースが再接続される場合、クラスタ セットアップの Apache Ignite キャッシュ ノードが Apache Ignite サーバーを再起動することはないため、デバイスと Control Room ユーザーの接続は維持されます。時間プロパティ (cluster.properties ファイルの ignite.max.duration.db.connection.retries) のデフォルト値は 10,000 です。
注: 手動で設定した時間プロパティの値を有効にするには、すべてのノードで Control Room サービスを再開します。また、時間をミリ秒単位で設定します。
フィードバックを送る