Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン 11.3.2.4 リリースノート

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • リリース ノート

バージョン 11.3.2.4 リリースノート

Automation Anywhere Control Roomバージョン 11.3.2.4 で修正された機能、既知の制限事項について説明します。このリリースでは、新機能、変更された機能、セキュリティ修正はありません。

修正された機能

Control Room
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
00497796 親および子のタスクにスケジュール管理を使用して同じスケジュールを設定しても、指定された時刻に 2 回ではなく 1 回だけ実行されるようになりました。
00376702 キャッシング サービスの 2 つのスレッド (1 つは Ignite クラスターのステータスを読み取り、もう 1 つは Ignite クラスターのステータスを更新) は、同じ JDBC ステートメントを使用していました。2 つのスレッドが同じステートメント オブジェクトを同時に使用する場合、Ignite セグメンテーション プロセッサで null ポインタ例外が発生することがありました。この問題が発生すると、セグメンテーション プロセッサ ロジックが機能しなくなりました。この問題は、スレッドごとに独自の JDBC ステートメントを使用することで修正されています。
00363307 SQL データベースと Control Room ノード間の接続が失われたため、キャッシング サービスが再起動していました。ネットワークの接続の問題、ルーティングの問題、または SQL Server の可用性が原因で接続が失われる可能性があります。接続が失われると、セグメンテーション プロセッサ ロジックはノードをセグメント化済みとしてマークしていました。これにより、Ignite サービスの再起動がトリガーされていました。この問題は、データベースへの再接続を試みることで修正されています。約 7 秒以内に接続を再確立できる場合、キャッシング サービスは再起動しません。つまり、この修正はデータベース接続が短時間失われる問題に適用されます。
-- Bot が再起動したときでも、例外を発生させずに Automation Anywhere Control Room キャッシング を正常にアップロードできるようになりました。
00378563、00373297、00470918、00462701 クラスター環境における Apache Ignite の無効なパーティションの問題が修正されました。クラスター化されたセットアップでの Control Room 内の Apache Ignite キャッシュ ノード間の通信が解決されます。任意の数のノードにインストールされた Control Room が正しく機能するようになりました。
00437121 ログインしたユーザーにロッカー ロール (所有者、マネージャー、参加者) またはキュー (所有者または参加者) が割り当てられている場合、Control Room へのログインに遅延が生じなくなりました。システムのパフォーマンスは低下しなくなりました。

既知の制限事項

Control Room
バージョン 11.3.2.1 および バージョン 11.3.2.2 のパッチに バージョン 11.3.2.4 パッチを上書きインストールすることはできません。このパッチを適用しようとすると、警告メッセージが表示され、バージョン 11.3.2.1 または バージョン 11.3.2.2 パッチに バージョン 11.3.2.4 パッチが上書きインストールされないようにします。先に現在のパッチをアンインストールしてから、バージョン 11.3.2.4 パッチをインストールする必要があります。

バージョン 11.3.2 のベースバージョンを使用している場合は、バージョン 11.3.2.4 パッチを直接適用できます。

アップグレードの考慮事項

フィードバックを送る