Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン 11.3.2.2 リリースノート

  • 更新済み: 7/02/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • リリース ノート

バージョン 11.3.2.2 リリースノート

このリリース ノートでは、バージョン 11.3.2.2 Automation AnywhereControl Room、および Enterprise ClientBot Insight で修正された機能、セキュリティの修正パッチ、および既知の制限事項について説明します。

新機能

このバージョンで導入された新機能はありません。

変更された機能

このバージョンで変更された機能はありません。

修正された機能

このバージョンで Bot Insight に関して修正された機能はありません。

Control Room の修正された機能
Zendesk チケット ID 説明
225358 LDAP の認証中、自動検出機能は、アクセスできないドメインをスキップして次のドメインに進むため失敗しません。これにより、他のすべてのドメインが確実に検出されます。ドメインの検出機能は以下の項目によっても向上します。
  • 次の層の信頼済みドメインと直接の信頼済みドメインのサポート。
  • すべてのフォレスト内のすべてのドメインの検出を可能にする遷移的信頼のサポート。
195634 Automation Anywhere Control Room キャッシング サービスの再起動時でも、信頼済みリストのファイル名拡張子を使用して Enterprise Client から Bot をアップロードできるようになりました。
Enterprise Client の修正された機能
Zendesk チケット ID 説明
194092 データベース コマンドでは、ストアド プロシージャ オプションをパラメーターなしで使用すると、オブジェクト参照エラーを表示させずにタスクを正しく実行できます。

セキュリティ上の修正

このバージョンの Control Room および Enterprise Client ではセキュリティ上の修正はありません。

Bot Insight のセキュリティ上の修正
Zendesk チケット ID 説明
-- Zoomdata バージョン 3.7.8 には、次のコンポーネントに関連したセキュリティの脆弱性が含まれています。
  • Apache ActiveMQ
  • Jackson Databind
  • Apache Xerces2
  • Apache Common Collections
Resolution: Zoomdata バージョン 3.7.15 にアップデートします。

廃止予定の機能

このバージョンには廃止予定の機能はありません。

Enterprise Client の既知の制限事項

バージョン11.3 から バージョン 11.3.1.2 にアップグレードする場合、Google Chrome プラグインは使用できません。Google Chrome プラグインが正しく有効になるようにするには、Google Chrome にアップグレードする前に バージョン11.3バージョン 11.3.1.2 から開きます。

フィードバックを送る