Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バージョン 11.3.1.8 リリースノート

  • 更新済み: 9/18/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

バージョン 11.3.1.8 リリースノート

Automation Anywhere Enterprise Clientバージョン 11.3.1.8 で修正された機能について説明します。このリリースでは、新機能、変更された機能、セキュリティ修正、既知の制限はありません。このリリースでは、Enterprise Client パッチ インストーラーのみが使用可能です。

修正された機能

Enterprise Client
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
235147 XML ファイルとして保存 オプションは、任意の条件を持つ If-Else If-Else コマンドを含むタスクをエクスポートするようになりました。エクスポート 関数は、Else If コマンドがタスク内で使用可能な場合に他のコマンドをスキップしなくなりました。
208710 エラー処理ループ、またはIf/Else の各条件付きコマンドが削除または無効化されると、XML ファイルが TaskBot 用に正しくエクスポートされるようになっています。
00534743 [画像認識] 条件を持つ If コマンドに変数があるタスク ファイルを XML ファイル形式に正しくエクスポートできるようになりました。
00563132 オブジェクト クローニング コマンドで、[XML ファイルとして保存] オプションが無効な XML 文字をサポートするようになりました。以前は、エラーが表示されて、XML ファイルが生成されませんでした。
00524226 Bot の導入中、次の理由により Bot RunnerBot のダウンロードに失敗すると、AAClientService.exe.config ファイルで指定された回数、再試行が試行されるようになりました。
  • TLS の不一致
  • ネットワークの問題
  • Bot のダウンロード要求のタイムアウト
  • ディスクの容量不足

再試行にもかかわらず、Bot RunnerBot のダウンロードに失敗した場合は、Enterprise Client のマシンの AAClientService.logs に適切なエラー メッセージが記録されます。

00616537 MSI ファイルを再パッケージ化した後、4 つのプラグイン (Google ChromeJavaMicrosoft Silverlight、および Adobe Flex) のすべてを同じマシンに正常にインストールできるようになりました。
フィードバックを送る