Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ワークロードの概要

  • 更新済み: 9/28/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • プロセス フロー

ワークロードの概要

[ワークロード管理] ページを使用して、オートメーションを論理的な作業項目に細分します。作業項目を同時に処理することによって、時間ベースのサービス水準合意 (SLA) が最適なリソース使用率で満たされるようにします。またチャット アプリケーションと統合させ、ワークロード オートメーションの結果を企業の顧客と共有します。

ワークロード管理を使用することで、ワークロードをワークロード プロセッサ (Bot Runner または人) に効果的に自動分散し、リソース、パフォーマンス、生産性の各レベルを最適化して、企業の SLA を満たすよう Automation Anywhere Enterprise を構成することができます。

前提条件:

開始する前に、ワークロード キューの作成と管理、ワークロード SLA の管理、ワークロード API の操作、組織のチャット アプリケーションを使用したワークロード結果の取得に必要な AAE_Admin、AAE_Queue_Admin、AAE_Pool_Admin の各権限があることを確認します。

詳細については、 「分割・制圧: 動力的な作業者に対する自動化の優先方向」コース(Automation Anywhere University: RPA Certification Courses (A-People login required))を検索してください。

ワークロード オートメーションでは、次の手順に従います。

ステップ 1: ワークロード キューを作成して管理します
キューは、ワークロード管理 (WLM) の主要構成要素の 1 つです。キューは作業項目からなる 1 つの論理的なグループであり、それら作業項目は、デバイス プールで選択された優先度とキューに設定されている並べ替え基準に基づいて、プールにある個々の Bot Runner によって自動化対象として処理されます。
ステップ 2: ワークロード SLA を管理します
[ワークロード サービス水準合意 (SLA)] ページから特定のキュー サイズを処理するのに要するデバイス プールのサイズまたは時間を推定します。
ステップ 3: API を使用して作業項目を追加します (任意)
Control Room の既存のキューに作業項目のデータを追加したり、挿入したりするには、ワークロード管理 (WLM) API を使用します。
ステップ 4: キューに含まれるすべての作業項目のリスト (任意)
Automation Anywhere は、キューの作業項目のリストを取得できる REST API を提供しています。
フィードバックを送る