Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ワークロード管理プロパティ構成に関する説明

  • 更新済み: 5/04/2020
    • 11.3.x
    • 管理
    • Enterprise

ワークロード管理プロパティ構成に関する説明

Version 11.3.1.2wlm.properties ファイルの構成を表示する場合は、ワークロード管理プロパティのリストを参照します。

設定の説明とデフォルト値

構成 デフォルト値 説明: コメント

wlm.db.staging.size

100 メッセージング キュー キャッシュへのステージングのために単一インスタンスで新規から下書きに状態を移動できる 作業項目 の数を決定します。状態は内部でマークされます。ステージングは順番に行われます。

たとえば、5 台のデバイスを使用する場合、ステージングは 500 (100 x 5) 個の作業項目から開始されます。

作業項目は処理中の CSV ファイル内の行を指します。

これは内部パラメーターであるため、変更できません。

wlm.db.staging.low.water.mark

70 メッセージング キュー キャッシュにプッシュできるステージング済み作業項目の最小数を決定します。ステージング済み作業項目の数がこの値を下回っている場合は、次のバッチの作業項目がステージングに移動されます。

たとえば、5 台のデバイスを使用する場合、キューには 350 (70 x 5) 個の作業項目が下限値として含められます。

これは内部パラメーターであるため、変更できません。

wlm.staging.upper.water.mark

50 Apache Ignite キュー キャッシュにプッシュできるステージング済み作業項目の最大数を決定します。たとえば、5 台のデバイスを使用する場合は、250 (50 x 5) 個の作業項目をキューイングできます。 これは内部パラメーターであるため、変更できません。

wlm.staging.low.water.mark

35 作業項目 がこのプロパティで指定された数よりも少ない場合にステージングから Apache Ignite キュー キャッシュにプッシュできる 作業項目 の数を決定します。

キューの処理は継続的であり、この数は減少し続けます。このプロパティは、ステージングからキューイング ステージにプッシュできる作業項目のレベルを維持するために使用します。

たとえば、5 台のデバイスを使用する場合は、この値が 175 (35 x 5) を下回ると、作業項目がキューイングされます。

これは内部パラメーターであるため、変更できません。

wlm.ignite.low.water.mark

5 バージョン 11.3.3 以降は適用されません。 11.3.3 より前のバージョンのユーザーでは、これは内部パラメーターであるため、変更できません。

wlm.file.upload.encrypt.lines.count

100 暗号化できる作業項目の数を決定します。 これは内部パラメーターであるため、変更できません。

wlm.file.upload.batch.size

100 バージョン 11.3.3 以降は適用されません 11.3.3 より前のバージョンのユーザーでは、これは内部パラメーターであるため、変更できません。

workOrder.concurrent.execution.count

5 同時に処理可能な作業指示の最大数を決定します。

たとえば、このプロパティの値が 5 に設定されている場合は、最大 5 個の作業指示を同時に処理できます。

作業指示は、処理する作業項目のセットを取り込むバックグラウンド ジョブです。たとえば、1 つの作業指示に 100 個の作業項目が含まれている場合があります。

これは内部パラメーターであるため、変更できません。
workOrder.max.execute.lines 1000 同時に処理可能な作業指示内の作業項目の最大数を決定します。これは、大量データのアップロード時に便利です。 これは内部パラメーターであるため、変更できません。
workOrder.execution.job.interval.seconds 30 保留中の作業指示の処理で、デフォルトの時間間隔を決定します。 これは内部パラメーターであるため、変更できません。

allowed.workItem.processing.deviation

2 該当なし 該当なし
wlm.minimum.seconds.between.deploy 10 2 つの同時に展開する作業項目の間の最小時間を決定します。

バージョン 11.3.3 以降は適用されません

11.3.3 より前のバージョンのユーザーについては、キューで 2 つの 作業項目 をアップロードし、2 つの デバイス がある場合、最初のものは 30 秒以内に処理され、2 番目はそれから 10 秒後に処理されます。
wlm.priority.pool.redeploy.minutes 30 優先モードで指定される時間間隔を決定します。作業項目はこの時間が経過した後、すべての Bot Runner に再展開されます。 このパラメーターは、バージョン 11.3.3 から廃止されます

バージョンが 11.3.3 より前のバージョンのユーザーについては、デバイスが何らかの 作業項目 で停止している場合、WLM は 30 分待ってから、次の 作業項目 を他のすべてのデバイスに再展開します。

wlm.automation.trigger.interval.millis 900000 ステージング/キューイング済み 作業項目 を処理する時間間隔 (ミリ秒単位) を決定します。たとえば、10:00 に新しいオートメーションを作成すると、10:10 にキューイング用の作業項目が処理されます。 このパラメーターはバックエンドで使用され、デバイスを更新します。1 番目の WLM オートメーションが失敗した場合は、再展開するには 15 分間かかります。これは、もっと低い値、たとえば 60000 などに変更できます。これは 1 分間に相当します。この値を設定したら、Automation Anywhere Control Room サービス を再起動します。
Version 11.3.3wlm.workitems.columns.subcrub False 作業項目を処理するときに列内のデータの文字を切り詰めるかどうかを決定します。このプロパティは各フィールドで実行され、データの取り込みに影響するため、オフにしておくことをお勧めします。 これは内部パラメーターであるため、変更できません。
フィードバックを送る