Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

作業項目を表示

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

作業項目を表示

[作業項目を表示] ページにステータスが 完了失敗保留中、アクティブ、または データ エラー の作業項目を表示します。

前提条件

必要な権限:
  1. AAE_Queue 管理者 ロール
  2. マイキューを表示・管理 機能権限
  3. キュー所有者キュー コンシューマーキュー参加者

手順

  1. [ワークロード] > [キュー] に移動します。
  2. キューを選択して表示モードまたは編集モードで開きます。
  3. 作業項目にカーソルを合わせて表示します。
  4. 縦の楕円ボタンをクリックします
  5. 表示 をクリックします。
    [作業項目を表示] ページが表示されます。このページには、作業項目の詳細が [作業項目の詳細]、[作業項目]、[オートメーション]、[作業項目の結果] という 4 つのセクションに表示されます。
  6. 作業項目の詳細 セクションには、以下の情報が表示されます。
    1. ステータス
      1. 成功 または 失敗: 作業項目が失敗したか、不明な状態か、停止している。
      2. 保留中: 作業項目が保留されているか、新規であるか、一時停止している。
      3. アクティブ: 作業項目がすでにキューで処理され、実行されている。
      4. データ エラー: 作業項目がファイルからアップロードされている。
      5. Version 11.3.3実行準備完了: 作業項目がキューで処理されている。
    2. ステータスの詳細
      1. 成功: 作業項目のステータスが NA である。
      2. 失敗: 作業項目が 1 つまたは複数のエラーを含んでいるか、不明 な状態か、停止している。
      3. アクティブ: 作業項目のステータスが NA である。
      4. 保留中: 作業項目が新規であるか、保留されているか、一時停止している。
      5. データ エラー: 作業項目が 1 つまたは複数のエラーを含んでいる。
    3. 開始時間 および 終了時間: 作業項目の処理中に表示されます。
    4. キュー名: この作業項目のキューの名前が表示されます。
  7. 作業項目 セクションには、以下の情報が表示されます。
    1. 選択された作業項目の属性。
    2. 作業項目の編集時に追加された監査ログ コメント (ある場合)。
  8. [オートメーション] セクションには、この作業項目の処理に使用されたオートメーションの名前、Bot の名前、およびデバイス プールが表示されます。
  9. 作業項目の結果 セクションには、Control Room で処理された作業項目の出力ステータスが表示されます
    ヒント: チャット Bot が Control Room と統合されている場合、REST API を使用して結果を取得することで、作業項目のステータスを顧客に表示できます。「キューに含まれるすべての作業項目のリスト」をご覧ください。
  10. 一般的な詳細 セクションには、最終更新日時変更者、および オブジェクト タイプ が表示されます。

次のステップ

  1. 作業項目を編集する
  2. 作業項目を削除する
フィードバックを送る