Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

キュー付きの Bot の実行

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

キュー付きの Bot の実行

1 つ以上のデバイス プール内にあるすべての Bot Runner にまたがってキューのすべての作業項目を集合的に処理します。

キュー付きの Bot を実行するには、以下の機能権限が必要です。
  • マイ Bot を実行
  • マイ Bot の実行をスケジュール設定
次の場所からキュー付きの Bot を実行を実行します。
  1. アクティビティ > スケジュール設定済みBot > マイ Bot ページ
  2. ワークロード > キュー ページ
キュー付きの Bot を実行する手順は、これらすべてのページで同じです。

Bot Runner を使用して作業項目を処理するには、実行する Bot を選択して、キューとデバイス プールを選択し、名前と適切な説明を指定します。

キュー付きの Bot を実行するには、以下の操作を実行します。
ステップ 1: Bot と依存ファイルを追加する
キュー付きの Bot を実行を使用して、Bot と依存関係ファイルをオートメーションに追加します。
ステップ 2: キューとデバイス プールを選択する
キュー付きの Bot を実行 を使用して、キューとデバイス プールをオートメーションに追加します。
ステップ 3: 名前と説明を追加する (任意)
キュー付きの Bot を実行を使用して、オートメーションの名前と説明を追加します。
フィードバックを送る