Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

キューのエクスポートまたはインポート

  • 更新済み: 8/24/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

キューのエクスポートまたはインポート

バージョン 11.3.5.1 からは、Control Room 内のエンティティとともにキューをエクスポートまたはインポートできます。作成済みのキューは、Control Room で手動で作成しなくても、環境間で再利用できます。

前提条件

  • キューをエクスポートまたはインポートするには、AAE_Queue_Admin ロールが必要です。
  • キューに関連付けられたユーザーとロールはインポートされ、ユーザーに割り当てられたライセンスもインポートされますから、ターゲットの Control Room ユーザーに、ユーザーの作成とロールの作成、ライセンスのインストール権限があることを確認してください。
  • インポートでは、キュー名が一意であることを確認します。同じ名前のキューはスキップされ、ターゲットにインポートされません。Control Room
  • ソースとターゲットの Control Room は同じバージョンを実行している必要があります。
  • ソースとターゲットの Control Room は、次のように同じセットアップ タイプである必要があります。SSO と SSO、AD と AD、および 非 AD と非AD。

キューをエクスポートまたはインポートするときには、次の点に注意してください。

  • エクスポートできるキューは、不使用新規下書き 状態のキュー、またはキューの自動化が停止されているキューだけです。

    使用中 または 一時停止中 状態のキューはエクスポートできません。それらをエクスポートするには、キューの自動化を停止する必要があります。

  • キューに関連付けられたユーザーとロールがインポートされます。キューに関連づけられたユーザーに割り当てられたライセンス (例: Bot Creator および Bot Runner) もインポートされます。
  • 一般設定、所有者、参加者、コンシューマー、作業項目 構造、および 作業項目 (任意) などの、キューに関連付けられているキューエンティティはすべて Control Room にエクスポートまたはインポートされます。
  • キューとともに 作業項目 をインポートした場合は、作業項目 の状態 (完了、失敗、データ エラーなど) はターゲットの Control Room でも維持されます。

手順

  • キューのエクスポート
    1. [ワークロード] > [キュー] に移動します。
    2. [キュー] ページで、[キューのエクスポート] をクリックします。
    3. [キューのエクスポート] ページで、キューのエクスポート パッケージ名を入力します。
      デフォルトでは、エクスポート パッケージ名は QueuesPackage_<Date>_<Time> の形式です。
    4. パスワードを入力して、パッケージを暗号化します。
      注: このステップで設定したパスワードは、キューパッケージのインポート時に復号化に使用されます。
    5. オプション: [作業項目を含める] チェック ボックスを選択して、キューに関連するすべての 作業項目 をエクスポートします。
    6. [使用可能なキュー] から、エクスポートするキューを選択します。
    7. [エクスポート] をクリックし、場所を参照して、エクスポートしたファイルを .aaepkg 形式で保存します。
    キューと関連付けられたエンティティがエクスポートされ、ターゲット Control Room にインポートできるようになります。
  • キューのインポート
    1. [ワークロード] > [キュー] に移動します。
    2. [キュー] ページで、[キューのインポート] をクリックします。
    3. [キューのインポート] ページで、Control Room にインポートしたい .aaepkg ファイルの場所を参照します。
    4. 同じパスワードを入力してパッケージを復号化します。
      これは、パッケージのエクスポート時に暗号化に使用されたパスワードです。
    5. [インポート] をクリックします。
    目的のキューおよび関連するエンティティが Control Room にインポートされます。
フィードバックを送る