Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

作業項目を編集する

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

作業項目を編集する

キューの作業項目のステータスが 失敗保留中、または データ エラー の場合に作業項目を編集するには、[キュー] ページまたは [作業項目] ページを使用します。

前提条件

必要な権限:
  1. AAE_Queue 管理者 ロール
  2. マイキューを表示・管理 機能権限
  3. キュー所有者キュー コンシューマーキュー参加者

手順

  1. 作業項目の編集は、[ワークロード] ページ内の現在の場所に基づいて次のいずれかの方法で行います。
    • キュー ページ:
      1. 編集する作業項目にカーソルを合わせます。
      2. 縦長の楕円ボタンをクリックします
      3. [編集] をクリックします。
    • [作業項目] ページ [ > 編集] ボタン >
    [作業項目] ページが編集モードで表示されます。
  2. [作業項目属性とオートメーションの詳細] セクションでは、作業項目のステータスを 完了としてマーク保留、または 再処理 に変更できます。
    データに問題がある場合は、データのロード中にステータスが データ エラー に設定されます。たとえば、ユーザーが数値フィールドでテキスト値を入力したり、日付タイプの属性で無効な日付の文字列を入力した場合、ステータスは データ エラー として表示されます。
  3. [変更を保存] をクリックします。

次のステップ

作業項目を削除する
フィードバックを送る