Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

キューとデバイス プールを追加する

  • 更新済み: 5/04/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

キューとデバイス プールを追加する

キュー付きの Bot を実行 を使用して、キューとデバイス プールをオートメーションに追加します。

前提条件

キューを選択できるのは、そのキューが使用されておらず、そのキューに対するコンシューマー アクセス権限を持っている場合だけです。使用中 のキューは 利用可能なキュー リストに無効化されて表示されます。つまり、複数のキューを使用して Bot Runner を追加することはできません。

手順

  1. 利用可能なキュー リストからキューを選択します。
    ヒント: 検索 を使用すると、必要なキューとデバイスプールを素早く見つけられます。
  2. 追加 をクリックします。
  3. 利用可能なデバイス プール リストからデバイス プールを選択します。
  4. 追加 をクリックします。
    キューとデバイス プールが [キュー付きの Bot を実行] リストに追加されます。
  5. オプション: ロックされたデバイスの場合は、Control Room で Bot Runner セッションを実行する を選択します。
  6. オプション: キューまたはデバイスを置き換える場合は、[削除] をクリックします。
  7. [保存 (実行?)] をクリックします。
フィードバックを送る