Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot と依存関係を追加する

  • 更新済み: 3/31/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

Bot と依存関係を追加する

キュー付きの Bot を実行を使用して、Bot と依存関係ファイルをオートメーションに追加します。

前提条件

実行できるのは Unattended Bot だけです。 から Attended Bot を実行することはできません。

手順

  1. [アクティビティ] > [スケジュール済み][Bot] > [マイ Bot]、または [ワークロード] > [キュー] ページに移動します。
    [Bot] > [マイ Bot] ページが表示されます。
  2. キューを使用した Bot の実行をクリックします。
    注: バージョン管理が有効になっている場合は、Bot の最新バージョンと実稼働バージョンのどちらかを選択できます。
  3. キュー内の処理する TaskBot を フォルダー リストから選択します。
    デフォルトでは、マイ タスク フォルダーが選択されています。
    ヒント: 検索 を使用すると、ファイルをすばやく見つけられます。
  4. 必要な TaskBot が含まれているフォルダーに移動します。
  5. 追加 をクリックします。
    TaskBot に依存ファイルがある場合、それらのファイルは Bot + 依存関係 タブのファイル選択内容の上に表示されます。
  6. オプション: 依存ファイルのリストがある場合はそれを確認します。
  7. オプション: 選択済みのものではなく別の Bot を選択するには、置換 をクリックします。
  8. [次へ] をクリックして「キューとデバイス プールを追加する」に進みます。
フィードバックを送る