Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

保護された Bot の実行

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

保護された Bot の実行

Version 11.3.3Control Room から Bot を実行する場合は、そのステータス、進行状況、実行中のアクティビティなどの情報を [進行中のアクティビティ] ページで確認できます。

Bot Creator の知的財産を保護するため、Bot Store からダウンロードされた Bot のコマンドとロジックに関する情報は公開されません。保護された Bot を実行する場合、実行中のコマンドに関する情報は 進行中のアクティビティ ページに表示されません。同様に、保護された Bot については、最後に実行されたコマンドに関する情報が 過去のアクティビティ ページに表示されません。「Bot を実行」をご覧ください。

保護された Bot は、Bot ページの 保護タイプ 列に表示される値に基づいて特定できます。保護タイプ 列の Bot の値が 保護 の場合、その Bot は保護されています。
注: この列はデフォルトで非表示になっており、列をページに表示するには再表示する必要があります。

ダウンロードした Bot または デジタルワーカー には、保護された依存 Bot が含まれている場合があります。依存 Bot に関する情報とそれが保護されているかどうかを表示するには、[Bot] ページの [Bot を表示] アイコンをクリックします。ただし、実行中のコマンドに関する情報は、保護された依存 Bot については表示されません。

フィードバックを送る