Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ワークロード管理ガイドライン

  • 更新済み: 1/08/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

ワークロード管理ガイドライン

Control Room ワークロード モジュールを最適に使用するためには、Automation Anywhere で提供されているガイドラインに従うことができます。

実行

  1. 1 人の所有者が削除または無効になっている場合にキューにデッドロックが生じないように、少なくとも 2 人の所有者がいることを確認します。
  2. 作業項目 がキューに頻繁に追加される場合は、再アクティベーションしきい値を 1 に設定することにより、作業項目 が追加されたときにすぐに再開されます。
  3. Control Room には最大 10 作業項目 列が表示されます。作業項目 の可視性を最大限に高めるため、多めに使用してください。
  4. また、特に 作業項目 結果値に対して最大 1000 文字を受け入れることができる 作業項目 値を、ゆとりをもって使用することもできます。
  5. 特定の 作業項目 を優先させるには、キューを作成するときに 作業項目 データをソートするようにします。
  6. キューに作業項目を追加する場合は、CSV 形式を使用してください。XLS 形式は現時点で完全にはサポートされていません (たとえば日時形式など)。
  7. ループに 作業項目 を挿入するには、v2/wlm/workitems API を使用してください。この API では JSON 形式の作業項目のリストが使用できます。
  8. クラスター内のすべてのマシンの時刻/クロックが同期されていることを確認します。これは、Apache Ignite キャッシュ サーバーの適切な機能のために重要です。
  9. 持続的で継続的なデータベース接続は、ワークロード管理の機能に欠かせません。したがって、定期的なネットワーク スキャンを行うか、ネットワーク異常を検出/回避できるツールを使用してください。
  10. 作業項目 の API ページを使用して、200 以上の 作業項目 を取得する際は、改ページ フィルターを適用してください。
    "page":
    { 
    "offset":0,
    "length":1000
    }

以下は避けてください。

  1. システムが詰まらないようにするため、作業項目 を大量に挿入する際にはループで v2/WLM/作業項目 API を使用しないでください。
  2. Bot Runner がデバイス プールの一部である場合は、その Bot Runner にローカル スケジュールを作成しないでください。それによって Bot Runner が WLM 作業項目 のみを実行します。
  3. ユーザーに使用中のキューがある場合は、そのユーザー (ロール) からBot を実行権限を削除しないでください。
  4. 作業項目 が進行中の場合は、Bot Runner をシャットダウンしないでください。メンテナンスのために Bot Runner をシャットダウンするには、キューを一時停止し、Bot Runner で進行中の 作業項目 がないことを確認します。
  5. 作業項目 キューが処理されている場合は、Automation Anywhere Control Room サービス停止または再起動しないでください。代わりに、キューのオートメーションを一時停止し、サービスを再起動します。
フィードバックを送る