Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アップグレード後のチェックリスト

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

アップグレード後のチェックリスト

Version 11.3.1.1Control Room をアップグレード後、想定どおりにインストールされたことを確認して、確実に業務が継続されるようにします。Enterprise Control Room と Enterprise Client にログインします。設定、監査ログ、ダッシュボード、ユーザー、Bot リポジトリを比較します。Bot をアップロード/ダウンロードし、Enterprise Control Room または Enterprise クライアントから TaskBot をスケジュール/実行します。

Automation Anywhere Control Room のシナリオを検証する

  1. Control Room に管理者ユーザーとしてログインします。
  2. [監査ログ] に移動し、[資格情報コンテナーが正常に接続されました] という監査エントリがあることを確認します。
  3. [管理] > [設定] のアップグレード後の設定すべてがアップグレード前の設定と同じであることを確認します。
  4. 必要なすべての Automation Anywhere Enterprise Client に個別にログインします。
  5. 同じ Enterprise Client が、Control Room の管理タブの [ユーザー] ページにオンラインで表示されていることを確認します。
  6. Bot とデバイスのアップグレード前のダッシュボードが同じであることを確認します。

Control Roomクラスター モードでインストールされている場合は、ロード バランサー URL を確認します。

  1. ロード バランサー (LB) でスティッキー セッションが推奨されていることから、アプリケーション サーバーはアップグレードのためにオフラインになっているので、現在の Control Room セッションが実行中のブラウザを閉じ、再起動します。
  2. Control Room に管理者ユーザーとしてログインし、登録済み Client、アクティブ ユーザー、フォルダー数、Control Room リポジトリ内のファイルなど、アップグレード前に撮ったスクリーンショットと Control Room ダッシュボードを比較します。これらすべてが、パッチのアップグレード後に同一である必要があります。
  3. [Enterprise Client] タブに移動し、現在オンラインの Enterprise Client を確認します。

Automation Anywhere Enterprise Client のシナリオを検証する

  1. サンプルの TaskBot とその依存関係をアップロードします。
    1. Bot Creator (開発) ライセンスを使用して、Automation Anywhere Enterprise Client にログインします。
    2. 別のフォルダーで、依存関係と一緒にサンプルの TaskBot を選択します。
    3. Enterprise Client から Control Room へサンプルをアップロードします。

      正常にアップロードが完了したメッセージが Enterprise Client に表示されます。

    4. Control Room にログインし、アップロードされた TaskBot とその依存関係が Bot ページのマイ TaskBot フォルダー内の正しいフォルダーにあることを確認します。
    5. [タスク <taskname.atmx> が正常にアップロードされました] という監査ログ メッセージが返されることを確認します。
  2. サンプルの TaskBot とその依存関係をダウンロードします。
    1. Bot Creator (開発) ライセンスを使用して、Enterprise Client にログインします。
    2. Enterprise Client でリポジトリに移動します。
    3. サーバーから別のフォルダー依存関係と一緒にサンプルの TaskBot を選択します。
    4. サーバーから Enterprise Client にサンプルをダウンロードします。

      正常にダウンロードされたことを示すメッセージが Enterprise Client に表示されます。

    5. TaskBot とその依存関係をダウンロードした Enterprise Client リポジトリが、正しいフォルダーにあることを確認します。
    6. Control Room にログインして、[タスク <taskname.atmx> が正常にダウンロードされました] という監査ログ メッセージが返されることを確認します。
  3. ロック モードで Enterprise Client の自動ログインを使用してローカル スケジュールを確認します。
    1. Bot Runner (ランタイム) ライセンスを使用して、Enterprise Client にログインします。
    2. Enterprise Client で [ツール] > [オプション] から自動ログイン資格情報を設定して、[コンピューターに自動ログイン] チェックボックスをオンにします。
    3. Enterprise Client でサンプル タスクを使用しながらローカル スケジュールを作成します。
    4. マシンをロックします。
    5. スケジュールが実行されるまで待ちます。
      • スケジュールはローカルの Enterprise Client で実行する必要があります。
      • タスクを実行するには、自動ログインが正常に機能し、Bot プレイヤーが起動される必要があります。
      注: この操作に対して、監査ログは Control Room で生成されません。
  4. Control Room から Enterprise Client に実行 (展開) します。
    1. Bot Runner (ランタイム) ライセンスを使用して、Enterprise Client にログインします。
    2. Enterprise Client[ツール] > [オプション]で自動ログイン資格情報を設定し、[コンピューターに自動ログイン] チェックボックスをオンにします。
    3. マシンをロックします。
    4. Control Room に管理者ユーザーとしてログインします。
    5. サンプル タスクを選択して、[実行] オプションを選択します。
    6. タスクを実行する Bot Runner を選択し、実行 をクリックします。
      • [タスク <taskname.atmx> が選択した Client に正常に展開されました] というメッセージが Control Room に表示されます。
      • 同じメッセージがログに記録され、Control Room の監査ログで利用可能になっている必要があります。
      • Bot Runner マシンは自動ログイン資格情報を使用してロック解除し、Bot プレイヤーが起動され、タスクが実行される必要があります。
    7. Control Room の [アクティビティ] > [進行中] ページでタスクが進行中であることを確認します。
      • Enterprise Client マシンでタスクが正常に完了したら、Bot プレイヤーが終了し、ロック モードに戻る必要があります。
      • 進行中のタスクのエントリは、Control Room の [アクティビティ] > [進行中] ページに表示されていない状態である必要があります。
    8. Control Room の [アクティビティ] > [履歴] ページで、利用可能なタスクの履歴があることを確認してください。
    9. 監査ログに次のタスク実行完了エントリが存在することを確認します: Task <taskname.atmx> completed. Run duration xx:xx:xx.
  5. Enterprise Client で、自動ログインを使用して Control Room から以下に従ってスケジュールして実行します。
    1. Bot Runner (ランタイム) ライセンスを使用して、Enterprise Client にログインします。
    2. Enterprise Client で [ツール] > [オプション] から自動ログイン資格情報を設定して、[コンピューターに自動ログイン] チェックボックスをオンにします。
    3. マシンをロックします。
    4. Control Room に管理者ユーザーとしてログインします。
    5. サンプル タスクを選択して、スケジュール オプションを選択します。
    6. 次のために、必要なオプションを選択します。
      • スケジュール名: TestSchedule
      • 繰り返し: なし/毎日/毎週/毎月
      • 開始日: 今日の日付
      • スケジュール時間: 現在時刻から 10 分。
    7. タスクをスケジュールする Bot Runner を選択し、[保存] をクリックします。
    8. Control Room から Bot Runner でスケジュールが実行されるのを待ちます。
      • [スケジュール <Schedule name> が正常に作成されました] というメッセージが [監査ログ] ページに表示されます。
      • 正しい開始日時と次の発生日時で、同じスケジュールが [スケジュール設定済みアクティビティ] ページに表示されている必要があります。
      • Bot Runner でスケジュールを実行すると、監査ログには [スケジュール <Schedule name> のタスク <taskname.atmx> が正常に <Host name> で展開されました] というメッセージが表示されます。
      • Bot Runner マシンは、自動ログイン資格情報を使用してロック解除される必要があります。Bot プレイヤーが起動され、タスクが実行される必要があります。
      • Control Room の [アクティビティ] > [進行中] ページで、タスクが進行中のメッセージが表示される必要があります。
      • タスクが正常に完了したら、Enterprise Client マシンで Bot プレイヤーが終了し、ロック モードに戻る必要があります。
      • Control Room の [アクティビティ] > [進行中] ページで、タスクが進行中のエントリが表示されている必要があります。
      • Control Room の [アクティビティ] > [履歴] ページで、タスクの履歴が表示される必要があります。
      • 監査ログに次のようなタスク実行完了エントリが表示されるはずです。Task <taskname.atmx> completed. Run duration xx:xx:xx.
    9. 次回のスケジュールが使用可能であることを確認します。使用可能な場合は、Control Room の [スケジュール設定済みアクティビティ] ページに表示されたままになります。
      ヒント: Control Room からのさまざまな種類のスケジュールを使用して Enterprise Client に自動ログインし、Control Room からスケジュールをテストして実行します。
フィードバックを送る