Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

シングル サインオン モードでホストされている Control Room へのログオン

  • 更新済み: 8/26/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

シングル サインオン モードでホストされている Control Room へのログオン

これで、組織の信頼できる ID プロバイダー (IdP) サーバー ページでシングル サインオン (SSO) 資格情報を提供できます。Control Room は IdP にサービス プロバイダーとして登録されています。

手順

  1. デスクトップ上にある Automation Anywhere Control Room のアイコンをダブルクリックするか、Web ブラウザに Control Room の URL を入力して Enter キーを押します。
    ログイン画面が表示されます。
  2. [ログイン] をクリックします
    ログインの試行時に、自分の組織の IdP サーバー ページで SSO 資格情報が認証されると、自分の組織の信頼できる (Okta などの) ID プロバイダー (Idp) にリダイレクトされます。このプロバイダーは、Control Room を含む複数のアプリケーションからの認証リクエストを受け入れるように事前に構成されています。
    IdP サーバーの URL が無効であるか、IdP サーバーがダウンしている場合は、適切なメッセージが表示されます。たとえば、"404" や "Bad Gateway" などが表示されます。
  3. ログイン をクリックします。
    次の場合はエラー メッセージが表示され、ログインできません。
    • 入力した資格情報または IdP サーバーの資格情報が正しくない場合。
    • ユーザー アカウントが無効である場合。
    • ログイン中に再びログインしようとした場合。

      現在ログインしているアカウントがログオフされ、再度ログインするよう求められます。

    • E メール アドレスが未検証である場合。
IdP サーバーでの認証が成功すると、Control Room にログインします。初めてログインするユーザーの場合、Control Room ホームページに初回ログインメッセージが表示されます。それ以外の場合は、最後にログインに成功した日時がユーザー プロファイル セクションに表示されます。
  • 同じブラウザで Control Room を開いた場合、または IdP サーバーですでに認証されているときにページを更新した場合は、自動的に Control Room にログインします。
  • Control Room からログアウト (プロフィールで <username> をクリックすると表示される) しても、同じ IdP サーバーで実行中のその他のアプリケーションからはログアウトしません。
フィードバックを送る