Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

非 Active Directory モードでホストされている Control Room へのログイン

  • 更新済み: 8/26/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise

非 Active Directory モードでホストされている Control Room へのログイン

ログイン画面に資格情報を入力して、非 Active Directory モードでホストされている Control Room にログインします。

手順

  1. デスクトップ上にある Automation Anywhere Control Room のアイコンをダブルクリックするか、Web ブラウザに Control Room の URL を入力して Enter キーを押します。
    ログイン画面が表示されます。
  2. Automation Anywhere Enterprise ユーザー名を入力します。
  3. オプション: Control Room にすばやくログインするには、ユーザー名を記憶する を選択します。
  4. オプション: パスワードをリセットするには、パスワードを忘れましたか? をクリックします。
    • 管理者ユーザーは、ユーザーの作成時に設定した秘密の質問に対する答えを入力する必要があります。正しい答えを入力すると、ナビゲーション ページが表示されます。
    • 管理者ユーザー以外のユーザーは、パスワード変更用のページに直接移動します。ログイン時に誤った資格情報を入力すると、エラーメッセージが表示されます。
    Version 11.3.2Automation Anywhere Control Room バージョン 11.3.2 以降を使用している場合は、すべてのユーザー (管理者と非管理者) が秘密の質問に対する答えを入力する必要があります。ログイン試行に 3 回失敗すると、次のようになります。
    1. E メール通知 が有効になっている場合は、登録したメール ID に送信されたリンクをクリックします。「E メール通知設定を構成する」をご覧ください。
    2. CAPTCHA テキストを入力して資格情報を確認します。
  5. Automation Anywhere Enterprise パスワードを入力し、[ログイン] をクリックします。
    資格情報が CR データベースと直接照合されて認証されます。初めてログインするユーザーの場合、Control Room ホームページに初回ログインメッセージが表示されます。それ以外の場合は、最後にログインに成功した日時がユーザー プロファイル セクションに表示されます。
    注:
    • 管理者が設定したパスワード ポリシーによっては、間違ったパスワードを一定回数入力するとアカウントがロックされます。
    • セキュリティ上の理由から、ログインの失敗は監査の対象となります。管理者はこの情報を分析し、適切な対応をとることができます。
フィードバックを送る