Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

スクリプトを使用して Control Room をインストール

  • 更新済み: 6/07/2021
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

スクリプトを使用して Control Room をインストール

サイレント モードで Control Room をインストールします。これは、Unattended 型のインストールとも呼ばれます。完全なセットアップの場合は、カスタマイズされた PowerShell スクリプトを使用し、ホット フィックス パッチの場合はコマンド ラインを使用します。サイレント インストールでは、すべてのインストール プロセスがバックグラウンドで実行され、ユーザーによる操作が不要で、メッセージも表示されません。

前提条件

  • Powershell スクリプトを作成します。

    インストール パラメーターとサンプル スクリプトをご覧ください。

  • Powershell スクリプトを実行します。

手順

  1. パラメーターを確認し、必要な設定を特定します。
    Control Room インストール パラメーター
    変数名 説明
    INSTALLDIR インストール ディレクトリ
    AA_SETUPTYPE セットアップ タイプを [カスタム] または [エクスプレス] に設定
    AA_SETCLUSTERMODE クラスターの場合は 1、それ以外の場合は 0
    AA_CRCLUSTERCONFIG AA_SETCLUSTERMODE=1 の場合、クラスターの IP はカンマ区切り
    AA_CRLISTENPORT

    Web サーバー ポート。デフォルト値は 80

    AA_CRFORCETOHTTPS="1" HTTP からの HTTPS への traefik を強制する
    AA_CRFORCEHTTPSCONFIG=" " --
    AA_CRSETLOCALSERVICECRED サービスがシステムとしてログオンする場合は 1

    サービスが特定のユーザーとしてログオンする場合は 0

    AA_CRSERVICEUSERNAME AA_CRSETLOCALSERVICECRED= 0 の場合は domain\user name
    AA_CRSERVICEPASSWD AA_CRSETLOCALSERVICECRED= 0 の場合はパスワード
    AA_CRSERVICECONFIRMPASSWD AA_CRSETLOCALSERVICECRED= 0 の場合はパスワードを確認
    AA_CRDBPORT Control Room データベース ポート、デフォルト値は 1433
    AA_SQLSERVERAUTHTYPE Bot Insight メタデータの場合、SQL Server では 1 PostgreSQL Server では 0 です。
    AA_CRWCCERTPATH 証明書パス
    AA_CRWCCERTPASSWD 証明書のパスワード
    AA_CRSELFSIGNCERT 自己署名証明書の場合は 1
    IS_SQLSERVER_SERVER SQL Server 名 (ホスト名)
    IS_SQLSERVER_AUTHENTICATION Windows 認証の場合は 0
    AA_SQLSERVERAUTHMODE Windows 認証の場合は 0
    IS_SQLSERVER_DATABASE SQL データベース名
    IS_SQLSERVER_DATABASE1 Bot Insight データベース名
    AA_BIPGINSTALL PostgreSQL をインストールする場合は 1、それ以外の場合は 0
    AA_INSTALLPOSTGRES PostgreSQL Server をインストール
    AA_BIPGDATABASE PostgreSQL データベース名
    AA_BIPGHOSTNAME PostgreSQL ホスト名 (サーバー名)
    AA_BIPGUSERNAME PostgreSQL ユーザー名
    AA_BIPGPASSWORD PostgreSQL のパスワード
    AA_BIPGCONFIRMPASSWORD PostgreSQL の確認パスワード
    AA_CRHTTPPORT CR HTTP ポート、デフォルトは 5432
    AA_CRHTTPSPORT CR HTTPS ポート
    Oracle 関連のパラメーター
    AA_ENTERPRISEDBTYPE Oracle の場合は 1
    AA_ORCLDATABASESERVER Oracle Database サーバー
    AA_ORCLJDBCDRIVERLIB Oracle jdbc ドライバー ライブラリへの完全なパス
    AA_ORCLDATABASEPORT Oracle のポート番号 (デフォルトは 1521)
    AA_ORCLSID 各 Oracle データベース インスタンスを識別するシステム ID
    AA_ORCLEINSTANCETYPE Oracle Database インスタンスの特定に使用するフォームを選択します。以下は選択できるオプションです。
    • 0 = SID
    • 1 = サービス
    AA_ORCLINSTANCEVALUE と併用
    AA_ORCLEINSTANCETYPE Oracle Database インスタンスの SID またはサービス名を指定します。

    AA_ORCLINSTANCEVALUE と併用

    AA_ORCLCRUSERNAME Oracle Control Room のユーザー名
    AA_ORCLCRPASSWORD Oracle Control Room のパスワード
    AA_ORCLBIUSERNAME Oracle Bot Insight のユーザー名
    AA_ORCLBIPASSWORD Oracle Bot Insight のパスワード
    Elasticsearch 関連のパラメーター
    AA_ELASTICSEARCHSYSIP 有効な IP
    AA_ESPASSWD Elasticsearch 認証用パスワード

    パスワードを確認するための追加パラメータは使用できません。パスワードは 6 文字以上でなければなりません。

    AA_ELASTICSEARCH_BACKUP 1
    AA_ELASTICSEARCH_BACKUP_FILE Elasticsearch 証明書の zip ファイル cert.zip ファイルのパス

    証明書の zip ファイルを指定する場合、zip ファイル名は任意の有効なファイル名にすることができます。メイン Control Room Elasticsearch 証明書を含む圧縮ファイルには、フォルダを含めないでください。プライマリ Control Room ノードからの証明書のみを証明書の zip ファイルに含める必要があります。

    BotInsight のメタデータタイプ パラメーター
    AA_BIMETADATADBTYPE <0 または 1> 0 は SQL Server 用、1 は PostgreSQL Server 用です。Metadatadbype が 1 の場合、Postgres 関連の詳細を指定。デフォルトでは SQL Server メタデータが選択されています。
    • AA_ELASTICSEARCH_BACKUP および AA_ELASTICSEARCH_BACKUP_FILE パラメータは、Control Room をバックアップ サーバーとしてインストールするときに使用されます。
    • データベースの ES_SETTINGS テーブルに Elasticsearch パスワードが存在しない場合 インストーラーパラメーター AA_ESPASSWD に Elasticsearch 認証パスワードを入力する必要があります。
  2. オプション: Microsoft SQL Server データベースを使用するためにサンプル スクリプトを編集します。
    インストーラーで設定オプションを使用し、スクリプトを使用して、Control Room をインストールします。
    1. 次のような変数の値を修正します。$service_username$service_pwd$db_server$cr_port
    2. 新しいデータベースで Microsoft SQL Server 認証を使用し、サービス ログオンと安全でない接続で、資格情報を使用してスクリプトを実行します。
    サンプル Microsoft SQL Server スクリプト。
    $cr_port=80
    $service_username= ".\Administrator" 
    
    #e.g."mydomain\john.smith"
    $service_pwd="astrongpassword"
    
    #$certpath = "C:\SilentInstall\certificate.pfx"
    
    #$certpass = "changeit"
    $db_server="localhost\sqlexpress"
    $cr_db_name="CRDB-NEW"
    $bi_db_name="BotInsight"
    $db_user="sa"
    $db_pwd="Admin@123"
    $AA_BIMETADATADBTYPE=0
    $bi_pg_server="localhost"
    $bi_pg_username="automation"
    $bi_pg_pwd="Automation123"
    $elastic_password="Test@123"
    $installation_path="C:\Program Files\Automation Anywhere"
    
    #Install latest setup
    $static_installation_path="\Enterprise\"""""
    $silent_details=" /s ","v""" -join "/"
    $installpath_details= "/qn INSTALLDIR=\"""
    $custom_details=" /vAA_SETUPTYPE=Custom /vAA_CUSTOMMODETYPE=1"
    $port_cluster_details=" /vAA_SETCLUSTERMODE=0 /vAA_CRLISTENPORT=$cr_port"
    $service_details=" /vAA_CRSETLOCALSERVICECRED=0 /vAA_CRSERVICEUSERNAME=$service_username 
        /vAA_CRSERVICEPASSWD=$service_pwd /vAA_CRSERVICECONFIRMPASSWD=$service_pwd"
    $db_details=" /vAA_BIMETADATADBTYPE=$AA_BIMETADATADBTYPE /vAA_SQLSERVERAUTHTYPE=true 
        /vIS_SQLSERVER_SERVER=$db_server /vIS_SQLSERVER_USERNAME=$db_user 
        /vIS_SQLSERVER_PASSWORD=$db_pwd /vIS_SQLSERVER_DATABASE1=$bi_db_name 
        /vIS_SQLSERVER_DATABASE=$cr_db_name /vIS_SQLSERVER_AUTHENTICATION=1 
        /vAA_SQLSERVERAUTHMODE=1"
    $pg_details=" /vAA_BIPGINSTALL=1 /vAA_INSTALLPOSTGRES=0 /vAA_BIPGHOSTNAME=$bi_pg_server 
        /vAA_BIPGUSERNAME=$bi_pg_username /vAA_BIPGPASSWORD=$bi_pg_pwd 
        /vAA_BIPGCONFIRMPASSWORD=$bi_pg_pwd"
    $other="/vAA_ESPASSWD=$elastic_password /vAA_CRWCHTTPPORT=80 /vAA_CRWCHTTPSPORT=443 /vAA_CRSELFSIGNCERT=1 
        /vAA_CRWCCERTPATH=$certpath /vAA_CRWCCERTPASSWD=$certpass /vLAUNCHPROGRAM=1 
        /v""/LIweamoruc! log.txt"""
    $final_commandline = -join($silent_details,$installpath_details,$installation_path,
        $static_installation_path,$custom_details,$port_cluster_details,$service_details,
        $db_details,$pg_details,$other)
    Write-Host $final_commandline
    $a=Get-ChildItem $PSScriptRoot\* -Include *.exe
    
    #$a = "C:\Silent\AutomationAnywhereEnterprise_v11_2_0-07272018-10234948.exe"
    
    Write-Host $a
    Write-Host "Starting the installation. This could take some time..."
    $processdetail=(Start-Process -FilePath $a -ArgumentList $final_commandline 
        -Wait -PassThru).ExitCode
    Write-Host $a.Name execution is done. If installation is not proper please
        check msi logs in the temp folder.
    pause
  3. オプション: Oracle Database データベースを使用するためにサンプル スクリプトを編集します。
    インストーラーで設定オプションを使用し、スクリプトを使用して、Control Room をインストールします。

    $AA_ORCLINSTANCETYPE="1" と $AA_ORCLINSTANCEVALUE="ORCL" で $ORCLSID="ORCL" を置き換えます。

    $cr_port=80
    
    $service_username= ".\Administrator" 
    #e.g."mydomain\john.smith"
    $service_pwd="astrongpassword"
    
    $cr_db_name="CRDB-NEW"
    $bi_db_name="BotInsight"
    
    $OracleServer = "oracledb"
    $OraclLib="..\Oracle\ojdbc7-12.1.0.2.0.jar"
    $ORCLDATABASEPORT=1521
    $ORCLSID="ORCL"
    $ORCLCRUSERNAME="CR"
    $ORCLBIUSERNAME="BI"
    $ORCLPASSWORD="Abcd1234"
    $AA_ENTERPRISEDBTYPE=1
    $AA_BIMETADATADBTYPE=1
    
    $bi_pg_server="localhost"
    $bi_pg_username="automation"
    $bi_pg_pwd="Automation@123"
    
    $installation_path="C:\Program Files\Automation Anywhere"
    $static_installation_path="\Enterprise\"""""
    $silent_details=" /s ","v""" -join "/"
    $installpath_details= "/qn INSTALLDIR=\"""
    $custom_details=" /vAA_SETUPTYPE=Custom /vAA_CUSTOMMODETYPE=1" /vDONOTABORT=1
    $port_cluster_details=" /vAA_SETCLUSTERMODE=0 /vAA_CRLISTENPORT=$cr_port"
    
    $elastic_password="Test@123"
    
    $service_details=" /vAA_CRSETLOCALSERVICECRED=1"
    #$service_details=" /vAA_CRSETLOCALSERVICECRED=0
       /vAA_CRSERVICEUSERNAME=$service_username /vAA_CRSERVICEPASSWD=$service_pwd   
       /vAA_CRSERVICECONFIRMPASSWD=$service_pwd"
    
    #$db_details=" /vAA_SQLSERVERAUTHTYPE=true /vIS_SQLSERVER_SERVER=$db_server /vIS_SQLSERVER_DATABASE=$cr_db_name /vIS_SQLSERVER_DATABASE1=$bi_db_name /vIS_SQLSERVER_AUTHENTICATION=1 /vAA_SQLSERVERAUTHMODE=1"
    $db_details=" /vAA_ENTERPRISEDBTYPE=$AA_ENTERPRISEDBTYPE 
        /vAA_BIMETADATADBTYPE=$AA_BIMETADATADBTYPE /vAA_ORCLDATABASESERVER=$OracleServer 
        /vAA_ORCLJDBCDRIVERLIB=$OraclLib /vAA_ORCLDATABASEPORT=$ORCLDATABASEPORT 
        /vAA_ORCLSID=$ORCLSID /vAA_ORCLCRUSERNAME=$ORCLCRUSERNAME 
        /vAA_ORCLCRPASSWORD=$ORCLPASSWORD /vAA_ORCLBIUSERNAME=$ORCLBIUSERNAME 
        /vAA_ORCLBIPASSWORD=$ORCLPASSWORD"
    
    $pg_details=" /vAA_BIPGINSTALL=1 /vAA_INSTALLPOSTGRES=0 
        /vAA_BIPGHOSTNAME=$bi_pg_server /vAA_BIPGUSERNAME=$bi_pg_username 
        /vAA_BIPGPASSWORD=$bi_pg_pwd /vAA_BIPGCONFIRMPASSWORD=$bi_pg_pwd" 
    
    $other=" /vAA_ESPASSWD=$elastic_password /vAA_CRWCHTTPPORT=$cr_port /vAA_CRWCHTTPSPORT=443 /vLAUNCHPROGRAM=1 
        /v""/LIweamoruc! log.txt"""
    $final_commandline = -join($silent_details,$installpath_details,$installation_path,
        $static_installation_path,$custom_details,$port_cluster_details,$service_details,
        $db_details,$pg_details,$other)
    
    Write-Host "$final_commandline"
    #$a=Get-ChildItem $PSScriptRoot\* -Include *.exe
    $a = "C:\Silent\AutomationAnywhereEnterprise_v11_3_1-11142018-06274507.exe"
    
    Write-Host $a
    Write-Host "Starting the installation please wait for sometime..." 
    
    $processdetail=(Start-Process -FilePath $a -ArgumentList $final_commandline -Wait -PassThru).ExitCode
    Write-host $final_commandline"
    Write-host $processdetail"
    Write-Host "$a.Name execution is done. If installation is not proper please check msi logs in the temp folder"
    
    pause
  4. インストールのために、編集するスクリプトをサーバーに保存します。
  5. インストール サーバーで、管理者としてログオンし、管理者モードで PowerShell を開き、次のコマンドを実行します。
    Set-ExecutionPolicy Unrestricted -Scope CurrentUser -Force
  6. PowerShell を管理者モードで開始して、次のコマンドを実行します。
    .\install.ps1
    注: サイレント インストールのログはインストール スクリプトの実行元のフォルダーに保存されます。たとえば、スクリプトが C:\Silent Install から実行された場合、ログは C:\Silent Install フォルダーに保存されます。
  7. オプション: Control Room のホット フィックス パッチをサイレント モードでインストールします。
    1. PowerShell スクリプトが Control Room インストーラーと同じディレクトリにあることを確認します。
    2. Windows コマンド ウィンドウを管理者モードで起動します。
    3. インストール ファイルの保存されたディレクトリに変更します。
    4. Control Room インストーラーを実行します。
      C:\Setup>./"Automation Anywhere Enterprise_Update_11.3.x.x.exe" /s /v/qn
    5. インストールの進行状況を表示します。Control Room から、タスク マネージャー > > バックグラウンド プロセス の順に選択します。
      インストールが完了すると、マシンが再起動します。

次のステップ

Control Room 設定と検証を完了します。

Control Room インストール後の設定
Control Room をインストールした後で、タイムリーな Automation Anywhere コミュケーションが指定されるように構成設定を完了し、Automation Anywhere サービスが実行され、Access Manager リバース プロキシと Control Room 認証オプションが設定されていることを確認して、ライセンスをインストールします。
Control Room インストール後の検証
Enterprise Client をインストールし、インストール後のタスクを完了した後で、Control Room にログインしてライセンスをインストールすることで Enterprise Client を検証します。Control Room に初めてアクセスすると、認証方法の設定手順が表示されます。

ユーザーの準備

ユーザー管理の概要
Control Room 管理者として、ユーザー アカウントを作成、表示、編集、削除、有効化または無効化することができます。ユーザー アカウントの作成は、非 Active Directory か、Active Directory か、それとも IdP サーバーからのシングル サインオン (SSO) 資格情報かによって異なります。
Enterprise Client をインストール
サポートされたオペレーティング システムで実行するマシンで Enterprise Client をインストールするための、インストールの主要なタスクとトピックを確認します。
フィードバックを送る