Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デュアル IP サーバーの構成

  • 更新済み: 6/07/2021
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

デュアル IP サーバーの構成

Control Room サーバーに複数の IP アドレスまたはネットワーク インターフェース カード (NIC) がある場合、cluster.properties ファイルを手動で更新してプライマリ IP アドレスを含めることができます。

前提条件

Control Room のインストールを完了します。

注:

Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.4 のように、この設定はインストール時に完了します。このインストール後のタスクをスキップします。

注: cluster.properties ファイルを更新するには、完全なダウンタイムが必要となるため、Automation Anywhere Enterprise のすべての Client は接続解除されていて、スケジュールのトリガーは発生しません。

cluster.properties ファイルを更新して、Control Room のプライマリ NIC の単一の IP アドレスを定義するためのキャッシング サービスの要件を確認します。

高可用性クラスター内のすべての Control Room ノードで、このタスクを実行します。

手順

  1. cluster.properties ファイルを Enterprise Control Room ディレクトリで見つけます。

    たとえば、デフォルトの場所は次のとおりです。

    C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config\

    このファイルが Control Room ディレクトリに存在しない場合は、ファイルを作成します。

  2. 次のプロパティ オプションを cluster.properties ファイルに追加します。

    ignite.local.static.ip=<primary_ip_address> を追加します。以下に例を示します。

    ignite.local.static.ip=172.16.20.168

    注: ignite.local.static.ip プロパティは、Enterprise Control Room ノードのプライマリ NIC 上の単一の IP アドレスで構成されます。
  3. cluster.properties ファイルを保存します。
  4. リスト内のサービスを次の順序で再起動します。
    1. Automation Anywhere Control Room キャッシング
    2. Automation Anywhere Control Room メッセージング
    3. Automation Anywhere Control Room サービス
  5. すべてのキャッシュが同期されるよう、残りの Automation Anywhere Enterprise Windows サービスを再起動します。
    サービスのリスト一式については、「Automation Anywhere Windows サービスの確認」をご覧ください。
フィードバックを送る