Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot バージョンの設定

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

IQ Bot バージョンの設定

IQ Botの一部のバージョンでは、cluster.properties ファイルで構成を調整する必要があります。ignite.security.disable または ignite.tls.disable、あるいはその両方のパラメーターを必要に応じて追加します。

手順

  1. Control Room ディレクトリで cluster.properties ファイルを見つけます。

    たとえば、デフォルトの場所は次のとおりです。

    C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config\

    このファイルが Control Room ディレクトリに存在しない場合は、ファイルを作成します。

  2. 次のプロパティ オプションを cluster.properties ファイルに追加します。
    • IQ Bot バージョン 6.5 では、ignite.security.disable=true および ignite.tls.disable=true を追加します。
    • IQ Bot バージョン 6.5.2 では、ignite.tls.disable=true を追加します。
  3. cluster.properties ファイルを保存します。
  4. リスト内のサービスを次の順序で再起動します。
    1. Automation Anywhere Control Room キャッシング
    2. Automation Anywhere Control Room メッセージング
    3. Automation Anywhere Control Room サービス
  5. すべてのキャッシュが同期されるよう、残りの Automation Anywhere Enterprise Windows サービスを再起動して、IQ Bot Windows サービスを再起動します。
    サービスの完全なリストについては、「Automation Anywhere Windows サービスの確認」と IQ Bot ドキュメントのトピック 「IQ Bot Windows サービス」をご覧ください。
フィードバックを送る