Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

パッチ修正

  • 更新済み: 5/14/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise

パッチ修正

現在のバージョンの Automation Anywhere に対するアップデートにアクセスするには、パッチ修正インストールを実行します。

前提条件

パッチ修正の最新のベース バージョンがインストールされていることを確認します。たとえば、バージョン 11.3.1.4 のパッチを実行してアップグレードする前に、バージョン11.3.1 をインストールする必要があります。

インストール フォルダー内のバイナリを更新した場合は、新しいパッチにアップグレードする前に元のバイナリで置換しておきます。

パッチのアップグレード中に以下を確認してください。

スタンドアロン モード クラスター モード
Enterprise Client の接続が解除され、いずれのローカル スケジュールも Enterprise Client 上でも Control Room からも実行されません。 Enterprise Client接続解除されず、両方のタイプのスケジュールが実行されます。
Enterprise ClientControl Room のダウンタイムがパッチ アップグレードの前に必要となります。

ダウンタイムは必要ありませんが、パッチ アップグレード時に Control Room サーバーの負荷が最小になります。つまり、以下を意味します。

  • すべての Enterprise Client が接続されています。
  • Enterprise Client から Control Room へのアップロードまたはダウンロード アクティビティは発生しません。
  • Control Room から実行されるスケジュールの数が最小限またはゼロです。
通常どおりに実行を継続するには、パッチ アップグレードの後で Enterprise Client に再ログインする必要があります。 Enterprise Client はパッチ アップグレード中に接続されているため、再ログインは必要となりません

手順

  1. バックアップを実行します。
  2. 「管理者として実行」モードで 11.x パッチ セットアップを実行します。
  3. [ようこそ] 画面で [更新] をクリックします。
  4. [完了] をクリックします。
  5. アップグレード後のチェックリスト」を使用して、Control Room が正しくインストールされていることを確認します。

次のステップ

フィードバックを送る