Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room インストール

  • 更新済み: 5/08/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • Enterprise
    • プロセス フロー

Control Room インストール

オンプレミス サーバー上またはクラウド サービス プロバイダーのサーバー インスタンス上のデータセンターに Enterprise Control Room をインストールするためのインストールの主要なタスクとトピックを確認します。

Control Room は、デジタルワークフォースの一元的な管理を提供します。Bot Insight のインターフェース データ センター内のサーバーに導入されます。インストーラーの実行可能ファイル、Automation_Anywhere_Enterprise_<version_build>.exe は、ダウンロードする Automation_Anywhere_Setup.zip ファイルに含まれています。

Control Room インストールの主要タスク

ステップ 1: インストール前
Control Room をインストールする前に要件とオプションを確認します。
Control Room の前提条件
Control Room をインストールするために必要なハードウェア、ソフトウェア、および構成を検証します。データ センターが Control Room とその機能をサポートするよう構成されていることを確認します。
Control Room インストール ウィザードのチェックリスト
Control Room インストーラー ウィザードの実行時に表示されるフィールドとオプションのリストに応答を入力できるよう準備します。
ステップ 2: インストール

Control Room インストーラーでは、インストール モード (エクスプレスまたはカスタム) を選択でき、インストール処理では、依存するソフトウェアもインストールされます。

Microsoft AzureAmazon Web Services などのクラウドベースのプラットフォームでインストールするには、カスタム モードを使用します。

エクスプレス モードを使用する Control Room インストール
サーバーに管理者としてログインし、デフォルト設定を使用して、エクスプレス モードで Automation Anywhere Control Room をインストールします。
カスタム モードを使用して Control Room をインストール
管理者としてサーバーにログインし、Automation Anywhere Control Room をカスタム モードでインストールして、デフォルトでない要件のインストールを含むインストールと設定オプションを選択します。データ センター導入にはこのモードを選択します。
Microsoft Azure で Control Room をインストール
Microsoft Azure から、サーバー インスタンスに管理者としてログインします。次に、Control Room インストーラーを起動して、カスタム モードを選択します。
Amazon Web Services 上での Control Room のインストール
Amazon Web Services (AWS) サーバー インスタンスに管理者としてログインします。次に、Control Room インストーラーをダウンロードして開始し、カスタム モードを選択します。
Google Cloud Platform での Control Room のインストール
Google Cloud Platform (GCP) サーバー インスタンスに管理者としてログインします。次に、Control Room インストーラーをダウンロードして開始し、カスタム モードを選択します。
スクリプトを使用して Control Room をインストール
サイレント モードで Control Room をインストールします。これは、Unattended 型のインストールとも呼ばれます。完全なセットアップの場合は、カスタマイズされた PowerShell スクリプトを使用し、ホット フィックス パッチの場合はコマンド ラインを使用します。サイレント インストールでは、すべてのインストール プロセスがバックグラウンドで実行され、ユーザーによる操作が不要で、メッセージも表示されません。
ステップ 3: インストール後
インストール後の設定を構成
Control RoomEnterprise Client のインストール後、以下の項目が設定されていることを確認してください。これらの構成設定は、タイムリーな Automation Anywhere コミュニケーションを実現します。
Automation Anywhere Windows サービスの確認
Control Room がデプロイされる場合に Automation Anywhere 特定の Windows サービスがインストールされます。
HTTPS 自己署名証明書用の Control Room の構成
カスタム Control Room 構成の実行前または実行後に、自己署名証明書を使用した HTTPS モード用に Enterprise Control Room を構成します。
Control Room 認証オプションを構成
Control Room の初回起動時のオプションは、インストール モードによって、またカスタム モードのインストールの場合は、認証方法によって異なります。
アクセス マネージャーリバース プロキシを構成
IBM WebSEAL などの アクセス マネージャー リバース プロキシ サーバーを Enterprise ClientControl Room の間の相互認証を使用して設定し、安全な通信を確立できます。
IQ Bot バージョンの設定
IQ Botの一部のバージョンでは、cluster.properties ファイルで構成を調整する必要があります。ignite.security.disable または ignite.tls.disable、あるいはその両方のパラメーターを必要に応じて追加します。
ステップ 4: 検証
ライセンスをインストール
Control Room 管理者、またはライセンス管理権限を持つユーザーは、ライセンスをインストールし、最新バージョンを評価することができます。
Enterprise Client をインストール
サポートされたオペレーティング システムで実行するマシンで Enterprise Client をインストールするための、インストールの主要なタスクとトピックを確認します。
フィードバックを送る